« ラグマガ5月号発売 | トップページ | 記録と記憶 »

スガダイラ

きのう、あるお店で初めて会った人と話していたら、昔、菅平高原でアルバイトをしていたという。旅館名とか聞いているうちに、すごく懐かしい話になった。日本のラグビー関係者が誰でも反応する地名としては、菅平が一番かもしれないなぁ。特に僕くらいの年代では。あの夏合宿のことは、忘れようとしても忘れられない。僕も二度と来るもんか!と思ったけど、あれから20数年、毎年行っている。まあ、練習さえなければいいところなのだ。

7人制日本代表、U20日本代表、高校日本代表、それぞれ遠征中である。高校日本代表は、2戦目を終え、2敗。厚い壁に跳ね返されている。

第1戦 
高校日本代表 14 -50 イングランドU18選抜
第2戦
高校日本代表 7-51 レスタータイガース・アカデミー XV

◎2戦を終えての高崎利明監督のコメント
「選手たちにとって初めてのナイトゲームとなりました。試合開始から、相手の非常にパワフルなプレーに押され、ミスが多くなり一方的な展開となってしまいました。ディフェンスで頑張ってしのいでいましたが、守りきれず立て続けにトライを許してしまいました。前半の終わりにトライを返しましたが、ミスから波に乗れず、後半、疲れが見え始めた相手に何度も攻め込みましたが押さえ込まれ、ノーサイドとなってしまいました。ここまでの反省を最終戦にいかし、接戦に持ち込みたいと思います」

U20日本代表は、日本協会のホームページに、選手の声も反映されたレポートがある。現地の様子が想像しやすい。ウエールズでも早朝練習などで鍛えられているようだ。

U20は第1戦を終了。結果は文末の通り。これから試合だが、高校日本代表など、このあたりの年齢でのラグビー強国のレベルは加速的に上がっている。現在、行われているスーパー14でも、18歳や19歳の選手がどんどんデビューしている。先日のトークイベントのときに、小林深緑郎さんも、プロ選手の低年齢化に触れていたが、15歳でプロ契約する選手も出始めている。日本も同じことをするのがいいとは思わないが、大学1、2年生年代の試合経験を増やすことはすぐにでもとりかかるべきことだろう。

第1戦
U20日本代表 26-43 ウェールズ学生選抜

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグマガ5月号発売 | トップページ | 記録と記憶 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    初めて投稿させて頂きます。U20の強化に関しては日本では難しい部分があるような気がします。
    そこにはどうしても学生というしがらみがあり、ニュージーなどの本場では「u20の選手同士が対戦するのではなく、u20の年齢の選手がすでにsuper14などの予備軍として1軍の選手と試合をする機会に恵まれている」という点に大きな違いがあると思います。
    個人的な意見ではu20の年齢の選手同士で試合をする事(日本国内の話しですが)にはそれほどのメリットはないような気がします。
    u20の年齢の選手がトップリーグの選手と試合をする機会を増やす事が重要ではないかな?と思います。
    それもシーズンを通して何試合も経験する事が重要ではないでしょうか?そのようなシステムって日本国内では難しいでしょうね。本当に若年層からの強化を図るのであればそういったシステムを考えるのもありではないでしょうか?

    投稿: ymeddy | 2009年3月28日 16:22

    やはり、強化には試合経験が再重要でしょう。
    薫田U20監督が提案されていた、大学U20選手権の創設が望まれます。
    また、関東大学Jr.選手権も、各カテゴリー8チーム欲しいですね。
    さらに大学選手権は、4つにプール分けし、総当たりの3試合のあと、プール1位チーム同士で準決勝。

    手遅れになる前に、改革を断行せねば!!

    投稿: 坂石町分 | 2009年3月27日 19:56

    サッカー協会は小学生の都道府県リーグなるものを発足させるそう。
    スポーツは試合することがなによりの練習、協会には例えば午前中は合同練習、昼から試合といった地域毎の交流会をどんどん取り入れてほしい

    投稿: エルモ | 2009年3月27日 18:42

    前日の日記について
    ラグマガの5月号の08シーズンのベストトライに、パシフィックネイションズカップ・サモア代表対日本代表の後半30分過ぎの小野澤選手のトライが全く紹介されていませんでした。皆さん忘れてしまったのか、見ていないのか、あのトライこそ、ゲーム劣勢、試合が崩れかけた中で試合を生き返らせたという点だけでなく、ワールドレベルの技術という点でも今季の最高水準のトライです。
    また、投票されたもののほとんどがシーズン後半に起こったものに偏っています。記憶に頼ってだけの投票や思いつきだけの投票も多いのが実態ではないでしょうか。
    前半と後半に分けて投票を受けるなどの工夫が必要だと思います。

    投稿: エリス少年 | 2009年3月27日 12:59

    U20日本代表、初戦は悔しい敗戦でした。
    残りの3試合、激しくしつこいディフェンスを最後まで続けることを期待しています。

    投稿: マスター | 2009年3月27日 07:53

    高校から大学にかけての時期に試合数が少ないのは明らかに問題だと思います
    名門校にでも入ってしまったら公式戦を経験出来ない者も多くいるはず
    年齢毎にもっと試合が組めるようにした方が良いと思うのですが、それを賄えるだけの芝は完全に不足していますね

    投稿: ナベゾ | 2009年3月27日 05:54

    U20代表スコッド、ウェールズ遠征メンバーの皆さんのお顔を見たいときは、どこのサイトに行けばいいんでしょうか?協会HPには文字が並んでいるだけで、非常にさびしいです。教えてください。

    投稿: yoji | 2009年3月27日 01:32

    私も菅平大好きです。
    数年前、仕事で菅平に滞在することが結構あって、今、早稲田大学の夏関東などに行くときに土地勘が役立っています。ナビがなくてもスイスイ。ラグビーシーズンの賑わいはすごいですね。仕事で行っていたときは、ほとんどの店が開いていない状態で、一昨年初めて8月に行って、あまりの違いにびっくりしました。そこにいるだけでワクワクしますね。

    投稿: ユミ | 2009年3月26日 22:29

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/44471805

    この記事へのトラックバック一覧です: スガダイラ:

    « ラグマガ5月号発売 | トップページ | 記録と記憶 »