« 苦しむクルセイダーズ | トップページ | ちょっと気になる22「牛かっ!」 »

奇跡のストーリー

Momo1

しばらく庭を気にする暇もなかったのだけど、今朝、見てみると桃の花が咲いていた。まだまだ咲きます。

Momo2

スーパー14第4節、南アフリカ勢対蹴るのブルズ対ストーマーズ戦をJSPORTSで解説した。プレトリアのロフタスヴァースフェルドは約5万人入る大きなスタジアムだが、超満員である。南アのラグビー熱はすさまじい。このスタジアムは、2010年のサッカーのワールドカップでも使用されるようだ。ブルズの青い旗を振りながら熱狂する大観衆が、ストーマーズのNO8ルーク・ワトソンに大ブーイング。親しい記者に人種差別のことで南ア・ラグビー協会を批判したことが報道されてしまい、「また蒸し返すのか」とファンからバッシングを受けているらしい。人種問題の複雑さが垣間見える。

ブルズはヴィクター・マットフィールド、ストーマーズはスカルク・バーガーという中心選手が怪我から復調してリザーブ入り。途中で出てくるのだが、マットフィールドは流れを変える選手だと再確認。こういう選手がいるチームは強い。

さて、話は変わって、元日本代表の名CTB横井章さんに、ある高校ラガーマンの話を教えてもらった。横井さんは、関西学院大学はじめ、昨季活躍した多くのチームにアドバイスを送っているのだが、そのひとつに東大阪市立日新高校ラグビー部がある。ホームページの監督のブログに、「奇跡の弱視ラガー」と題する一文が掲載されている。

その選手は、3年間、左プロップとして公式戦全試合にフル出場した。ただし、彼は、自分の前、数10センチくらいにボールが来てやっと視界に影が入るほどの視力しかなかったという。弱視のハンデを抱えてラグビーをやりぬき、奇跡的なプレーを何度も見せた選手のことが詳しく書かれている。ちなみに、現役の間は、このことはまったく公表されていなかった。監督の感謝の気持ちを込めた文章と、その選手の言葉に心を打たれる。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 苦しむクルセイダーズ | トップページ | ちょっと気になる22「牛かっ!」 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    「奇跡の弱視ラガー」をご紹介くださいましてありがとうございます。

    本校監督の坪内は、大阪体育大学出身ですので、村上さんの後輩です。

    今後も、日新高校ラグビー部をよろしくお願い申し上げます。

    投稿: 日新高校ラグビー部 | 2009年3月11日 21:07

    ブルズのバレンバーグが、80分通して何度も相手ボールにからんでいたのに魅了されました。代表でもプレーを観てみたいと思います。

    投稿: EDGE | 2009年3月11日 11:52

    「自分には出来ない理由」探しが専らで「自分にしかできないこと」見つけようとしてないなあ
    反省!

    投稿: ナベゾ | 2009年3月11日 04:34

    ルークは親父さんが有名な人種差別に反対する活動家でしたしね。

    ルークがそうコメントをしたということはまだ根深いとこにそういった問題が見え隠れしている証拠なんでしょう。
    ホワイトの時は嫌われまくったから、デェヴィリアスの元では代表になってほしい。

    ただスプリングボクスをエンブレムから外すことが現実にはなってほしくないんだけど…。

    投稿: タロ | 2009年3月11日 01:27

     セルジュ・ブランコ氏、心臓発作かなんかで手術ですって~?

     と言っても文献ばかりで、ブランコ選手の現役時代は全く知らないですが。どんな選手だったのでしょうか?

    投稿: rugbyhead | 2009年3月11日 00:25

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/44307305

    この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡のストーリー:

    « 苦しむクルセイダーズ | トップページ | ちょっと気になる22「牛かっ!」 »