« ラグビーキング | トップページ | フィッツジェラルド »

ワールド休部

13日夜、ワールドファイティングブルの休部の発表があった。1984年に創部してから一気に関西Aリーグに駆け上がり、社会人大会の決勝戦まで駒を進めたこともあるチームの休部は寂しいかぎり。14日のファン感謝イベントで、慣れ親しんだグラウンドともお別れとなる。僕は大学に1983年に入ったのだが、創部間もないワールドが練習試合に来ていたのを思い出す。先輩も後輩もたくさんワールドでプレーしていたし、感慨深い。関西社会人リーグで神戸製鋼と死闘を繰り広げていた時代が懐かしいなぁ。

昨年7月、仕事とラグビーの両立を図る社員選手による運営体制に移行することが発表されたのだが、移籍を希望する選手も多く、部員減によって継続的な活動が困難になったという判断らしい。今後、株式会社ワールドは、「六甲クラブ」のメインサポーターとなり、関西クラブAリーグ所属の「六甲SEA HAWKS」の名称を、2009年度から「六甲ファイティングブル」に改める。ワールドの社員としてプレーを続ける選手は、このチームでプレーすることになるようだ。

東田哲也GMはじめ、選手達になんとかラグビーをプレーする場を残すために奔走した人たちにとって苦渋の決断だったろう。昨年8月、トップリーグのプレスカンファレンスには、東田GMと南監督の姿があった。チームの運営体制の変更を報告し、移籍希望選手など出た場合、受け入れを考えてもらえるようトップリーグ各チームの関係者にお願いするためだ。最終的には休部という結果になってしまったが、ファイティングブルの名前は残った。

14日、僕はどうしても神戸に行けないのだが、ワールドファイティングブルの最後の感謝イベントである。参加可能の方は、是非。詳細は、ワールドファイティングブルのHPにて。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグビーキング | トップページ | フィッツジェラルド »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    40名ほどの選手の半数が契約選手だったのなら、始めからチーム存続の可能性は低かったのですね。

    ワールドには、六甲クラブのメインサポーターを引き受けた以上、何が何でも降りない覚悟でお願いしたいものです。

    投稿: マスター | 2009年3月15日 08:57

    こうなる以前から移籍した選手は多々いたし、いろいろあった
    んだろうね。

    投稿: 真っ向 | 2009年3月15日 07:21

    チーム数が減っちゃうのが一番ダイレクトにレベル低下を招くように思います

    投稿: ナベゾ | 2009年3月15日 06:27

    ワールド選手の、移籍先を知りたいんですが

    投稿: 奥野 | 2009年3月15日 03:17

    ワールドの感謝イベントは一部中止があるものの、開催だそうです。
    遅れるけど参加しようと準備中です。

    投稿: みえこ | 2009年3月14日 11:25

    そうそう、神戸製鋼が相手だと燃えていたワールド。神戸ダービーは、盛り上がっていました。
    そして、神戸製鋼の公式戦の連勝記録を止めたのはワールド。よきライバルでしたね・・・。

    投稿: サファイヤ | 2009年3月14日 11:24

    ラグビー界にも不況の影響がきてますね(T_T)

    投稿: ラガーマン | 2009年3月14日 10:24

    日新高校の件、載せて貰ってありがとう。昨年からアドバイスしています。公立高校で厳しい状況ですが、まさに、「身の丈に合ったラグビー」を推奨しています。

    投稿: 横井 | 2009年3月14日 03:38

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/44336945

    この記事へのトラックバック一覧です: ワールド休部:

    « ラグビーキング | トップページ | フィッツジェラルド »