« 大泉町にて | トップページ | 日本対カザフスタン結果 »

ラグビーマガジン6月号

土曜日は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場で、日本代表対カザフスタン代表戦が行われる(午後3時キックオフ)。キャプテンの菊谷は怪我の回復が間に合ったようだ。タウファ統悦は、ホームグラウンドでの代表デビューとなる。

日本代表のメンバーは以下の通り。1平島久照、2 青木佑輔、3山下裕史、4北川俊澄、5ルーク・トンプソン、6フィリップ・オライリー、7菊谷崇、8タウファ統悦、9矢富勇毅、10ショーン・ウェブ、11小野澤宏時、12今村雄太、13ブライス・ロビンス、14吉田大樹、15五郎丸歩/16金井健雄、17仲村慎祐、18マイケル・リーチ、19大野均、20田中史朗、21大田尾竜彦、22ジャック・タラント

Cover_0906

25日はラグビーマガジン6月号と、ラグビークリニック初夏号の発売日。クリニックの特集は、「ディフェンス」。僕は東芝ブレイブルーパスの仙波選手と、三洋電機ワイルドナイツの入江選手にインタビューしたが、それぞれのチームの特徴が表れていて面白いと思う。

Rugbyclinic_17

ラグマガのほうは、引退選手、新天地での抱負を語る選手など春ならではの内容だ。東芝ブレイブルーパスの渡邉泰憲選手のインタビュー、その内容がすごくかっこいい。満身創痍で戦ったシーズン終盤の覚悟の決め方、その言葉に胸を打たれる。「申し訳ないけど、オレ全部出しきっちまったよ」。そう言えるまで頑張れるってなんだか羨ましい。

NECグリーンロケッツの現役を引退し、早稲田大学のコーチになる辻高志選手もいいこと話している。「僕は夢を叶えるためにラグビーをやった」、「僕の中の出し切るとは、練習で出し切ること」、「僕はアクセルしか踏めない」。全身全霊で戦った辻選手だから言える言葉の数々。ぜひ、全文お読み下さい。

ほかにも、多くの選手の気持ちの入った言葉が並んでいる。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大泉町にて | トップページ | 日本対カザフスタン結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    オライリーの復活は何百日振りなんでしょう?
    観たかったなあ。カムバック戦

    投稿: ナベゾ | 2009年4月25日 13:22

    辻選手は、小さいながらも相手を怖がることなく正面からタックルに入る選手でした。タウンズビルで、大きな列強相手に少しもひるむことないその姿が目に焼き付いています。息子にもこういうタックルするんだよ、といつもお手本にしてました。これからは熱いハートで若手を育ててほしいと思います。

    投稿: エリス少年 | 2009年4月25日 11:30

    明日はJスポも放送ないんですね。
    せめて国内のテストマッチぐらいは放送してほしいもの。

    投稿: ピニームー | 2009年4月24日 21:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « 大泉町にて | トップページ | 日本対カザフスタン結果 »