« 関東代表メンバー | トップページ | ちょっと気になる23「フラカン」 »

関東代表対NZU結果

29日は三ツ沢球技場で、関東代表とNZU(ニュージーランド学生代表)の試合を見てきた。朝、大学の後輩から電話があり、「いまどこですか?」と。サニックスのワールドユースが行われている福岡県宗像市のグローバルアリーナからだった。「きょうから来たはんのかと思ってました」。「まだ、東京やねん」。そして横浜へ来たわけだ。

200904291357000

NZは、現在、スーパー14と真っ最中。今回のNZUは5チーム分のプロ選手と若手のアカデミーの選手らがいない布陣なので、関東代表に対してもかなりの危機感を持って臨んでいた。NZ側もこの試合は互角か、劣勢だと考えていたわけだ。関東代表のほうは、トップリーグ、トップイーストの東地区の若手混成軍。試合は、立ち上がりから関東代表が優勢に試合を進めた。

4分、NO8権丈が先制トライ。15分、大きく左右にオープン攻撃を仕掛けて、WTB菅野が右隅にトライ。その後も、SO藤井が好判断で抜け出し、19−10とリードを広げたが、ダイレクトタッチなどのミスで攻め込まれ、SOトンプソンのPG、FLギビンスのトライ、そしてトンプソンのゴールで19−20と逆転を許し、前半を終了した。

後半も、関東代表はキックオフ直後のリターンキックがダイレクトタッチとなるなど、ミスが出て攻め込まれるシーンが続いた。8分、SOトンプソンにPGを決められ、19−23。関東は再三、ブレイクダウンで頭が下がる反則をとられたが、一対一の当たり負けはほとんどなく、果敢にターンオーバーを狙っており、このあたりはトップリーガーの逞しくなった部分でもあった。

10分過ぎ、関東がSH西田のハイパントで攻め込む。13分、交替出場の馬渕のジャッカルからつなぎ、最後は、この日再三力強く突進していたFL竹本が中央トライ。これで、スコアは26−23と逆転。NZUもFWの密集サイドをしつこくついてから展開し、24分、CTBカフプコロのトライとトンプソンのゴールで26−30と再逆転。ここからは、NZUのしつこいつなぎを関東が切り返す展開。そして、36分、WTB中濱のタッチライン際の快走で攻め込み、SO藤井の突破からのオフロードパスを受けたFL望月がポスト右に走り込んでトライ。ゴールは決まらなかったが、31−30と関東の1点差のリード。この時間帯は、お客さんもかなり熱くなっていた。

インジュリータイムは3分のアナウンス。ここから、ボールは行ったり来たり。互いに攻め合って、緊張感ある攻防のなか、最後にNZU・WTBデーヴ・トンプソンが抜け出して、スタンドから悲鳴があがるピンチだったのだが、藤井が追いすがり、ラストパスをよく戻っていた望月がカットして事なきを得た。「僕、ちょっと手が長いんですよ。良かった」と望月キャプテン。日本人選手のみの編成のなか、接戦をものにしたことについては、「勝ったことに意義がありますね」と笑顔を見せていた。

NZUの監督は、ニコニコドー、ホンダなどで日本ラグビーに長年関わってきたマーク・ミーツさん。「ナイスゲームですよ。最後がトライになれば我々にとってもっと良かったけれど。関東のラッシュアップディフェンスは素晴らしかった。そこがきょうの差でしょう。日本のバックスは大きく、強いプレーをするようになりましたね」と感想を語ったあと、日本ラグビーの質の変化についてこう語った。

「1970年代は、日本のチーム相手にはボールをキープして攻めることを考えていましたが、今は日本のFWもスクラム、ラインアウトでボールをキープできるようになりましたね。1970年頃のBKと合わされば非常にいいチームだと思います。昔の日本のBKは触れることができませんでしたからね」

少し話は変わるけど、この時期、NZの大学クラブでプレーしている選手達というのはアマチュアの選手達だ。そして今後、プロになっていくのは少数派。かつてはNZUにプロの予備軍がいたのだが、いまや世界のプロ予備軍は、16、17歳の選手達であり、高校生年代。そんな流れも再認識しながら試合を眺めた。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関東代表メンバー | トップページ | ちょっと気になる23「フラカン」 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    タロさんに同感です。
    やはりJKはNZ出身者なのですから、目指す方向性は日本独自のものと異なってくるのはあたりまえ。
    正直言って今回のJAPANを応援する気にはなれません。
    協会およびTLの各チーム関係者は今回の代表の選考基準についてどのように感じているのでしょう??(ジャック・タラントって…誰ですか??)

    投稿: のの | 2009年5月10日 21:57

    望月選手のトライの時間帯、熱くなっていたのはわたしです。トンプソン選手の飛び出しに悲鳴をあげたのも私です。本当におもしろい試合で、ますますラグビーが好きになりました。初めてのニッパツ三ツ沢球技場、新潟からは遠かったですが、行った甲斐がありました。

    私もマンオブザマッチは真壁選手だと思います。

    投稿: ユミ | 2009年4月30日 23:38

    1点差でのラスト7分間を想像しながら読んだら、心臓がバクバクしちゃいました。よく守りきりましたね。見たかったなぁ。
    天気もよかったし、いい観戦日和でしたね。

    投稿: サファイヤ | 2009年4月30日 09:55

    それでも大学生の選抜チームが編成される意義は何なんでしょう?
    単なる伝統?
    日本の大学ラグビーがこんなふうになったら稼ぎ頭がいなくなっちゃいますね

    投稿: ナベゾ | 2009年4月30日 04:58

    もしかしたらと思って見たら、やっぱりオープニングになっていましたね(笑)。今日の電話が・・・。
    本日のグローバルアリーナの試合で唯一の国内試合伏見工業対國学院久我山の試合。明治大学の吉田監督と一緒に思わず見入ってしまいました。

    投稿: 大津OB | 2009年4月30日 01:22

    関東代表との試合前、NUZの選手達が、ラグビースクールの試合を熱心に観戦して子供がトライするたびに拍手を送ってくれる姿に、ラグビーを愛する心を見た気がして大変感動しました。

    投稿: まんちゃん | 2009年4月30日 00:18

    マンオブザマッチannoyはLO真壁かな。常にプレッシャーをかけ続け、ボール出しに献身してた。
    ニッパツ三ッ沢には、春に国際試合を生で見られないラグビーに餓えた熱いお客さんが多かった。

    投稿: エリス少年 | 2009年4月29日 22:36

    ミーツさんの外の人からのこの言葉重いですね。
    まさに昔のJapanのバックスに今のフォワードが合わされば…。

    ラグマガに大東文化大での青木さんがパススピードのことを語っていますが、それこそ今のJapanの練習にスクリューパス禁止を用いてもらいたい。

    JKにはモダンサムライというなら、あの頃の針の穴を通すようなはやいパスを復活させることを目指してほしい。それには日本人のバックスコーチを入れてほしいのだが。
    日本らしさを求めるならそこだと思います。

    投稿: タロ | 2009年4月29日 19:31

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « 関東代表メンバー | トップページ | ちょっと気になる23「フラカン」 »