« 追加新加入選手情報 | トップページ | 混戦スーパー14 »

日本代表・熊谷合宿

16日は埼玉県の熊谷ラグビー場で、日本代表合宿を取材した。合宿2日目のきょうは、午前、午後ともにグラウンドに出てのトレーニング。午前中は、日差しが強くて、服の上からでも肌がジリジリした。

200904161214000

こちら、ラグマガに掲載される写真撮影でポーズをとる、菊谷崇キャプテンと、マイケル・リーチ選手。菊谷選手は膝を痛めて別メニューとなっており、カザフスタン戦には間に合わないかもしれないが、その次の試合からは大丈夫そうだ。リーチ選手は元気に走り回っていたが、かわいいシューズケースを発見。本人直筆である。高校時代から日本で暮らしているだけあって日本語も上手いけど、漢字もばっちりみたいだ。

200904161020000

前日は、フィットネステストが行われたが、FWで一番の数値を出したのが、フィリップ・オライリー選手だったらしい。16日の午前は、ラインアウトのストラクチャーや、BKのムーブなど新たな動きが採り入れられていて、午後は、ラックなどでのひとつひとつの動きの確認と改良が行われていた。写真は、ハンドオフを細かく指導するカーワンHC。きょうの練習は全体的に、ボールに対して走り込むときの角度や、ステップの足の運びなど細かいところの確認が多かった。チームの約束事を徹底していくということなのだろう。ゲーム形式の練習では小野澤選手らがキレのある動きを見せていた。

200904161644002

「今回の合宿では、新しいテクニックとフォーメーショを採り入れるため、それを選手に理解させることに重きを置いています」(カーワンHC)

今年は、世界ランキングを上げることを重視するカーワンHCは、「パシフィックネーションズカップで3勝がベストのシナリオ」と、サモア、トンガ、フィジーにターゲットを絞っている。アジア五カ国対抗で、そのためのチーム作りを進めることになる。

午前の練習後、矢富選手(京都出身)と今村選手(三重出身)と話したのだが、矢富選手から、「京都って、ばんばんっていう言葉使うでしょう? それどういう意味?って聞かれるんですけど、イマムも三重で使っていたらしいです」という話が出た。懐かしい言葉だった。ばんばん、というのは広辞苑にも載っている強調言葉だが、僕等は「あいつ、ばんばんすごい!」みたいに使っていた。そういえば最近使ってないなぁ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 追加新加入選手情報 | トップページ | 混戦スーパー14 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、京都でばんばんゆうたらまずはばんばひろふみでしょう。彼らにちゃんと教えてやってくださいよ。

    投稿: 大津OB | 2009年4月18日 23:48

    今年は関西ラグビーまつりないのでしょうか?

    投稿: ワラビーズ | 2009年4月18日 09:53

    素人考えですが、何かコツを掴めばアイランダー3国には勝てそうな気がするんですよね……。

    投稿: やまべ | 2009年4月17日 09:16

    ばんばひろふみが先やないんですか?

    投稿: ナベゾ | 2009年4月17日 05:25

    J SPORTSでの生放送はないのですか?

    投稿: 行 | 2009年4月17日 00:46

    熊谷の見慣れた光景ですね。
    土曜日行って来ます。

    投稿: はり | 2009年4月16日 23:18

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/44691160

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表・熊谷合宿:

    « 追加新加入選手情報 | トップページ | 混戦スーパー14 »