« 笑顔に出会う | トップページ | 男女日本代表選手に会う »

ハイネケンカップQFほか

11日、12日はJSPORTSのスタジオで、スーパー14の第9節、ハイネケンカップ準々決勝などを解説していた。

11日は、ブランビーズとストーマーズの対戦は、試合前、会場にブランビーズのLOで急逝したショーン・マッケイ選手の映像が流れ、涙のキックオフ。マッケイ選手は南アフリカで交通事故に遭い、手術後、敗血症で容体が急変し亡くなった。ブランビーズの選手の中には、同じカレッジで学んだ仲間もいた。最後に、その一人であるSHフィブスが活躍。意を決した表情に胸を打たれた。マッケイに捧げる勝利だった。スーパー14は、終盤戦に入り、順位争いも予断を許さない。ここから、さらに面白い試合が増えるだろう。

12日は、ハイネケンカップ準々決勝のレスター・タイガースとバースの試合を、7人制日本代表監督の村田亙さんと解説した。4試合の中では、唯一のイングランド同士の対戦。ともに19世紀末からチームが存在する歴史もある。プレースキックを狙うときの静寂と、贔屓チームのチャンスにおきる地鳴りのような歓声。そのコントラストも存分に楽しめるいい試合だった。

バースには、元オーストラリア代表のLOジャスティン・ハリソン、元南アフリカ代表SOブッチ・ジェームス、レスター・タイガースには、元オールブラックスのWTBスコット・ハミルトンなど、スーパー14を離れていった懐かしい顔も。フランスのバイヨンヌで2シーズンにわたってプレーした村田監督が、フランスの選手が活躍すると喜ぶのも面白い。

ハイネケンカップも、いよいよベスト4が出揃った。欧州NO1を決める激闘も見逃せない。ハイネケンカップの決勝は5月23日、スーパー14決勝は5月30日である。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 笑顔に出会う | トップページ | 男女日本代表選手に会う »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    欧州のラグビー事情をもっと知りたいと思っております
    特にドイツ
    ラグビーはマイナーなのでしょうか
    ミュンヘンでラグビーなんて最高だと思うなあ
    ホフブロイハウスでファンクション

    投稿: ナベゾ | 2009年4月13日 05:20

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/44649907

    この記事へのトラックバック一覧です: ハイネケンカップQFほか:

    « 笑顔に出会う | トップページ | 男女日本代表選手に会う »