« ワールドユース4日目 | トップページ | ワールドユース5日目 »

太宰府にて

3日の夜は、博多のイングリッシュパブでハイネケンカップを観戦。準決勝のカーディフブルーズ対レスター・タイガース戦(ミレニアムスタジアム)を最後のキックコンテストまで手に汗握って観戦した。最後はちょっと酔いも回って記憶が曖昧だったり…。しかし、22m中央のキックというのは、逆の意味で選手にはプレッシャーである。

来日時に、トークイベントにも出演してくれたベン・ブレアーとか、ハミルトンといった元オールブラックスも元気にプレーしていて楽しく見ていたのだが、僕としては、ベテランのFBマーフィーの活躍が一番嬉しかった。前日のマンスターとレンスターは、東京に戻ってから録画で観たい。決勝戦は、5月23日、エジンバラのマレーフィールドでレンスター対レスターの対戦となった。これも凄い雰囲気になりそう。

Cardif2

2007年9月からカーディフの大学で研究生活を続け、ウエールズ協会の公認レフリーもされている溝畑潤さんからミレニアムスタジアムでの写真を送ってもらった。スタジアムの外の雰囲気もある。

Cardif1

4日は、ワールドユース大会の試合がなかったので太宰府まで足を伸ばした。今回は一人。ラグビーが縁で知り合った方が、九州国立博物館振興財団に勤めていて、今回お誘いを受けたのだが、日本で4つしかない中で最新の国立博物館という「九州国立博物館」の規模の大きさに圧倒された。写真のようにガラス張りになっている。

Museum1

一般の方もツアーで見ることが出来る文化財の保管スペースなども見せていただいた。じっくり見たのは、特別展「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」(6月14日まで開催)。チベット密教美術の繊細さに柄にもなく真剣に見入ってしまった。自分の守り神を見つける企画があって、僕は愛と慈悲の女神「白傘蓋仏母」(びゃくさんがいぶつも)だった。愛と慈悲で災いから守ってくれるとても強い女神なのだそうだ。よろしくお願いします!

Koumyou1

その後、太宰府天満宮にお参りし、頭が良くなるようにお願いして、光明禅寺の美しい庭を見てきた。静かなたたずまいをただじっと眺めている人が多かった。これ、紅葉の頃に来るとまた綺麗だろうなぁ。ご案内いただいた伊東さん、ありがとうございました。

Koumyou2

さあ、明日はワールドユース5日目、決勝トーナメントの準決勝で東福岡がNZのデラセラカレッジにチャレンジする。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ワールドユース4日目 | トップページ | ワールドユース5日目 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    10分間の延長戦のあと、または現在のかたちの延長戦の代わりに、WBCのタイブレークのように、双方ゴール前の攻撃(たとえば5mスクラムからの攻撃とか、PKとか)を1回から3回くらい行うようなのはどうでしょうか?笛の回数を決めるとか、ワンホイッスル内とか、PKで開始してゴールを狙いに行くか、トライを取りに行くかの判断を楽しむのもありかもしれません。先攻チームがスコアできなかったら、後攻チームはゴールで決まりという流れになりそうですが。

    投稿: smowman | 2009年5月 6日 14:00

    シュートオフを初体験で見てました。

    緊張感はビンビン伝わってきてハラハラしましたが(ブルースを応援してたので^^;)このシュートオフのルール導入には違和感が・・・。

    これはもうラグビーじゃないような。
    対抗戦を元にしてラグビーが作られた歴史ですので、ラグビー自体がノックアウトトーナメントには対応してないはしょうがないのですが、これはなんか別のスポーツみたいで…。

    延長戦前後半のあとはサドンデスかなにか最後までラグビーで決めてほしいのは、自分が保守的なのかなぁ…^^;

    デュプイをブラッドピンの交代で無理やり出場させる戦略とか…、頭割って切れてても、その場で縫って出てきた時代を考えるとラグビー好きにとっては姑息に見えてしょうがなくて。
    こんなルールにならなければそんな姑息な考えもなかっただろうに。

    投稿: タロ | 2009年5月 5日 21:07

    元々、九州国立博物館は観光地、太宰府からの観光客を狙って太宰府の地に建設されました。今では太宰府観光のルートに必ず含まれています。

    それとレスターvsカーディフ戦の「PG戦」は「キックコンテスト」というのですね?珍しいですけど、たまにあることなんでしょうか?

    投稿: 壊し屋・林敏之 | 2009年5月 5日 12:09

    同点のゴールキック競争、文句も出ているみたいですが、日本のクジ引きよりははるかに正しいですよね~。

    投稿: rugbyhead | 2009年5月 5日 11:37

    名所旧跡古刹の貫禄、更にはド迫力の博物館
    トップリーグに3チームも送り出し、毎年ワールドユースを開催する九州文化に敬服します
    相撲も本場所を呼べるんだから、お金の使い方、巧いよなあ

    投稿: ナベゾ | 2009年5月 5日 05:08

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/44896016

    この記事へのトラックバック一覧です: 太宰府にて:

    » ラグビー新ルール「引き倒し」認めず…モール攻撃復権か [My suggestion(社会人野球、ラグビー、きらきらアフロetcのファン)]
    M日新聞より。 ■ラグビー:新ルール「引き倒し」認めず…モール攻撃復権か 国際ラグビー機構(IRB)が昨年8月に試験的に導入した13項... [続きを読む]

    受信: 2009年5月 5日 14:43

    « ワールドユース4日目 | トップページ | ワールドユース5日目 »