« ミーム・トークライブ | トップページ | S14クライマックス »

日韓戦結果

土曜日は花園ラグビー場だった。JSPORTSで解説をするためだ。アジア五カ国対抗、日本代表の三戦目。他チームとの勝ち点差から、この試合に勝利しさえすれば日本の連覇が決まる。

グラウンドに登場した日本代表の先頭には、この日が50キャップ目となる小野澤の姿があった。バックスタンド最前列には、「祝50cap」の横断幕。結果的に4トライをあげることになった小野澤はこの日の主役だった。

試合内容は、前半6分、SOウェブの先制トライから終始日本が攻め続ける展開。激しく前に出る韓国代表のタックルでミスを連発する時間帯もあったが、その防御背後にウェブがキックを使ってチャンスを広げ、次々にトライを重ねた。

後半のキックオフのリターンでは、菊谷キャプテンのキャッチから、SOウェブが防御背後にキックを上げ、これを追いかけたCTBニコラスが、手でボールに触れることなくキック。それを自らキャッチしてそのまま独走トライ。客席を沸かせるノーホイッスルトライで、40-3とした。

「バックスリーの選手に負傷者が出て、きょうはベストのメンバーではなく、コミュニケーションが悪かった」。韓国代表キャプテンのパク・ソングは残念そう。もちろん、日本はキックにこだわったのではなく、韓国の前に出るディフェンスに対応して、スペースの大きな背後を狙ったのだが、パス回しでは簡単なミスも出て課題も多かった。

今大会の連覇を決めた菊谷キャプテンは、嬉しさの中にやや複雑な表情を見せた。「連覇は収穫ですが内容は満足できない。若いメンバーで甘いところもある。新しい戦術も生かせていないので、次のシンガポール戦、そしてパシフィックネーションズまでの間に修正していきたい」

50キャップ目の小野澤は試合後に他の選手達から胴上げされた。報道陣にも囲まれたが、「以前とはテストマッチの数が違うので」と、キャップ数上位3人の先輩達の偉大さを語って控えめに喜んでいた。

◎試合結果
日本代表○80-9●韓国代表(前半33-3)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ミーム・トークライブ | トップページ | S14クライマックス »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    男鹿市招待ラグビー祭に招待されないのに押し掛けました
    おちびさん達や中高生の交流戦の後、シーウエーブスとノーザンブレッツが旧電電を迎撃
    男鹿に釜石が遠征してくると言う事は白河の関以北のラ式族が全て集結すると言う事で、大漁旗がグランド狭しとなびき、熱気ムンムン
    スタンドには若者に混じり大勢の爺婆が目立ちましたが、実に目が肥えていて、渋い感想がアチコチから
    まるでNZのグランドに居るような錯覚に陥りました
    試合を終えた小中高生達も、熱心に伊藤や栗原、S14上がりの外国人選手達のプレーを見つめていましたが、
    東北ではこういう機会が少な過ぎるの、大問題だと痛感します
    同日に行われていた日韓戦を観ることが出来た人など数えるほどでしょう
    ベルルスコーニみたいなメディア王が協会会長に就き24hラグビーCh.やってくれないと不味いと思います

    投稿: ナベゾ | 2009年5月17日 06:13

    テレビ放送嬉しかったです!放送観ながら喋りすぎて喉が痛いです。録画したので、次は実況&解説をじっくり聴きながら観ます。

    投稿: ユミ | 2009年5月16日 23:23

    解説ご苦労様でした。
     今日の試合、密集からボールが出ているかどうかの判断が、日本国内のジャッジとずいぶん違うように感じました。
     カザフスタン戦でもSHが何度か球出しの際に捕まっていましたので気になっていました。今日の試合では修正できていたようですけど。
     海外の試合を見ないものでよく解からないのですが、国内のジャッジがおかしいのでしょうか?

    投稿: 垂直応力 | 2009年5月16日 23:03

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/45031582

    この記事へのトラックバック一覧です: 日韓戦結果:

    » ラグビー日本代表、韓国に完勝!アジア5カ国対抗優勝おめでとう!! [IXY-nob]
    野球やサッカーだと日本代表の対韓国戦は国民的関心事となるのだが、ラグビーの場合は事情が違ってしまう。 その理由はここ数年のチーム力の差。 今年の対戦(本日)も下馬評から明らかにジャパンが上。 私のような素人が試合前の練習を見ていても、明らかに動きのレベルが違う。 すでにアジアにはジャパンの好敵手となるチームはなくなってしまった。 15:00、キックオフ。 ラグビーではファーストコンタクト(最初の体のぶつかりあい)である程度相手の技量がわかるという。 今日の試合ではそれがスクラムだった。 完全に押し切... [続きを読む]

    受信: 2009年5月16日 22:44

    « ミーム・トークライブ | トップページ | S14クライマックス »