« 日本対ジュニアAB戦結果 | トップページ | 正面、伊藤、神戸へ »

ラグマガ8月号

JWCが終わってちょっと気が抜けたようになっている。暑いこともあるかなぁ。さあ、気合い入れ直そう。日本代表、海外のテストマッチ、国内オープン戦と、試合は次々に行われていくのだから。

トップリーグの話題では、東芝ブレイブルーパスが新加入選手を発表した。

マーティン・パーキンス(LO/FL、195㎝、109㎏、24歳、2009年クインズランドA代表)
ニール・ブリュー(CTB、182㎝、94㎏、30歳、2006年NZマオリ代表)
蔡宰榮(チェ・ジェヨン、WTB、183㎝、85㎏、25歳、2009年韓国代表)
エストラ大輔(PR、188㎝、113㎏、22歳、2004年度U19アメリカ代表)

ニール・ブリューといえば、2006年までスーパー14のハイランダーズの万能BKとして活躍していた選手だ。その後、イングランドのブルストルでプレーしていた。スピードとパワーを兼ね備えた選手だ。日本にフィットしそうだなぁ。

Cover

25日はラグビーマガジン8月号発売日。付録は慶大ラグビー部協力による「わかりやすいラグビー2009」。タッチラインを選手がまたいでボールをキャッチしたとき、22mラインにどっちがボールを入れたか、などなど細かいところもよく分かる。転がってきたボールをタッチラインをまたいでキャッチした場合はどうなると思いますか? 答えは付録に。

Furoku

本誌のほうは、U20世界ラグビー選手権特集(JWC)。決勝戦レポートがぎりぎり締め切りに間に合っている。フランスチームの代表で来日していたフィリップ・セラ氏のインタビューも面白い。子供達をどう育てるか、ヒントがある。ちなみに、僕は2007年W杯のとき、パリに店舗があるセラのブランド「111」のセーターを買ってきた。いまもお気に入りである。日本協会のハイパフォーマンス・マネージャーに就任した岩渕健輔さん、そして神戸製鋼コベルコスティーラーズを引退し、家業を継ぐために出版社に務める野澤武史さんのインタビューも興味深い。怪我と戦いながらのラグビー人生を素直に語っている。

U20アイルランドの団長には、アイルランド協会のアカデミー・システムについて聞いている。13歳~14歳でセレクターが選手をピックアップし、18歳くらいから本格的に強化を始める。エリート選手に経験を積ませることを繰り返す。そうして10年後(今年)、フル代表がシックスネイションズで全勝優勝を達成したわけだ。いいシステムを作って結果が出るまでに10年だ。強化は一足飛びにはいかない。2019年にワールドカップが日本に来たとして、今からしっかり強化すれば、日本代表はめちゃくちゃく強くなっているということだ。さあ、いますぐ始めよう。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本対ジュニアAB戦結果 | トップページ | 正面、伊藤、神戸へ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    セラのインタビュー、聞き手も良かったからか、読み応えありました。あれが全てだったのでしょうか?もし紙面の関係でカットされたのがあるならば、いつか藤島さんの単行本に収録して欲しいものです。シャルベ・コドルニュー…感慨深いなぁ。決勝で岡さんが「ラグビーはこういうこともできるんだよと示してくれたのがフランス」とコメントしてたのも思い出しました。フレンチ・フレアー(あの頃はシャンパン・ラグビーといってましたっけ)やフィジアン・マジックとか想像力溢れたチームがあってワクワクしましたね。

    投稿: たすく | 2009年6月25日 23:49

    付録のお陰で、ラグビーのルールはわかり易くなりそうですが
    協会の人達の考えてる事は、依然わかり難い所が多い

    投稿: ナベゾ | 2009年6月25日 04:37

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/45439946

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ8月号:

    « 日本対ジュニアAB戦結果 | トップページ | 正面、伊藤、神戸へ »