« JWCを見に行こう5 | トップページ | あじさい »

JWCプール戦3日目結果

U20世界ラグビー選手権(JWC)プール戦3日目、秩父宮ラグビー場の観客数は、15,242人。蒸し暑さと大観衆、相手がスコットランドとくれば、20年前に日本代表がスコットランド代表を下した試合とだぶるのだが、その再現とはいかなかった。前半16分あたりに、ハベア、立川でチャンスを作り、豊島からフェアマニに渡った攻撃でトライできなかったのは残念だった。スコットランドの選手も崖っぷちに追い込まれてナーバスになっていたし、先制できればさらに精神的プレッシャーをかけることができたのだが。

ただし、日本が何度もチャンスを作った中で止めきったスコットランドのカバーディフェンス、攻め込まれたときの集中力は凄まじかった。伝統国の意地というよりも、ラグビー理解の深さを感じるシーンが多々あった。日本は立川の横に走り込んだ南橋がとったトライは素晴らしかったが、モールに時間をかけすぎた感がある。

薫田監督は「モールの選択自体は間違っていないと思う。実際にプレーしている選手にしか分からない感覚もある。ただし、ドライビングモールからのサインプレーを用意していたのだが、それは出し切れなかった」と語った。堂々たるプレーでチームを引っ張ったSO立川は、「BKに展開すればゲインできる感触はあったが、BKだけのブレイクダウンでうまくボールを出せなかった。攻めきれなかったひとつの要因」と話していた。

大半の時間攻め続けての敗戦で、有田キャプテンもショックは隠せなかったが、「試合後の円陣で、まだ試合がある、諦めずに頑張ろうと話しました」と、順位決定戦に気持ちを奮い立たせていた。

これで日本は来年のJWCには出場できなくなり、下部大会の「ジュニアワールドトロフィー」のアジア地区予選に回ることになった。9月上旬に香港で開催される予定。来年の出場資格のある選手でチームを編成しなければならず、大会後にさっそく準備に取りかからなければならない。

プール戦3日目の結果は以下の通り。こうしてみると、フル代表の世界ランキングがそのまま反映されている。プール戦の最終順位で世界ランキングとの順位が逆転しているのは、プールBのサモア(11位)、スコットランド(10位)。プールDのトンガ(14位)、カナダ(13位)だけだ。やはり、ユース世代からひとつずつ順位を上げていくしかない。

◎U20世界ラグビー選手権結果
【愛知】
アイルランド 45-0 ウルグアイ(前半19-0)
アルゼンチン 9-48 ニュージーランド(前半6-3)
【東京】
イングランド 52-7 サモア(前半39-0)
日本 7-12 スコットランド(前半0-12)
【大阪】
フィジー 20-14 イタリア(前半6-3)
フランス 27-43 南アフリカ(前半20-11)
【佐賀】
カナダ 20-36 トンガ(前半8-17)
オーストラリア 38-5 ウェールズ(前半12-0)

この結果、順位決定戦の組み合わせは以下のようになった。日本はイタリアとの戦い。4位グループでは一番の強敵だろう。順位決定戦は、実力が拮抗した者同士の戦いなので、さらに熱い試合になるはず。

・6月17日(水)
【瑞穂ラグビー場】
17:00~ ウルグアイ 対 カナダ
19:00~ 日本 対 イタリア
【秩父宮ラグビー場】
17:00~ ニュージーランド 対 オーストラリア
19:00~ 南アフリカ 対 イングランド
【近鉄花園ラグビー場】
13:00~ アルゼンチン 対 トンガ
15:00~ スコットランド 対 フィジー
【福岡レベルファイブスタジアム】
17:00~ アイルランド 対 ウェールズ
19:00~ サモア 対 フランス

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « JWCを見に行こう5 | トップページ | あじさい »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    3戦すべて観戦しました。有田キャプテン、薫田監督は、リーグ戦を戦っている意識が、希薄すぎる印象が強い。ベスト8を目指すのは結構だが、サモア戦の後半9点差がついた時点でグループ3位をめざすべきだったのではないでしょうか?
    まず、PGで勝ち点2を取りに行く選択をするべきだったと考えます。
    SCO戦で5点差の場面があったわけですから、勝ち点で上回っていれば、隅へのトライでも3位が確定したわけですから・・・・。

    もちろんキッカーがいま一つ調子が上がっていないにしろチャレンジすべきだったと思います。

    また、3列がいなっかったのでしょうか?HO有田・LO新関がFLを務めている場面がありましたが、メンバー構成にも疑問です。

    辛口になってしまいましたが、それだけ期待していたということで、許してください。

    ENG戦のFL山下のディフェスは、感動に値しました。

    投稿: アオ | 2009年6月15日 16:47

    相手も負ければ降格のガチンコでこの僅差、この支配率。勝ってほしかったけど良くやったと思います。彼らが中心となるであろう15年19年に大いに期待がもてました。「チーム」として強化してきたとのこと、年齢のカテゴリーなので難しいのでしょうが解散はもったいない!。なんとか継続強化を。

    投稿: ヨカロウモン | 2009年6月15日 08:29

    たしかにPGを狙った方がいいのにと思った場面もありましたが、体格で劣るJAPANが攻撃面で互角以上に勝負できる唯一の武器が薫田モールだったのではないでしょうか?1×8が9にも10にもなっていた。低いタックルもバチバチ決まっていましたね。あと2試合ある。めざせ13位!

    投稿: デンタルフロス | 2009年6月14日 19:01

    U-20代表の最大のウィークポイントはプレーに柔軟性が無かったことに尽きる。プロチーム相手に経験不足だったといえばそれまでだが、モールに拘り過ぎて選択肢を狭めてしまったのは頂けない。今後のU-20強化は強豪チームに揉まれるか、TLの大学版を開設して全国的にリーグ戦を展開したりしないと、世界のプロ化の流れから益々取り残されてしまうだろう。

    投稿: ローズプレステージ | 2009年6月14日 17:42

    あと2試合残して13以下が決定したが、選手たちには拍手喝采を惜しまない頑張りだった。
    問題は、協会の姿勢である。トップリーグのレベルが上がり代表の強化も間違いなく進んでいる中で、大学の水準が上がっていないのは、関東大学対抗戦に象徴される興行優先できたなりの果てである。協会の推進する表面的強化だけでは幹から太くなる各国列強との格差が広がるばかり。
    こういった声に虚心に耳を傾け協会幹部は猛省のうえ改革を断行すべきだ。

    投稿: エリス少年 | 2009年6月14日 17:03

    秩父宮行ってきました。
    サモアの応援は日本人も巻き込んでて楽しかったです。
    私たちも欧米人も(点差があったからかな?)微笑ましく見てました。

    さて試合結果ですがとにかく悔しい。あと一歩及ばずと言うところ。
    みなさんハンドリングミス、モール偏重と厳しい指摘ばかりですが、
    後半の終盤に二度?ノーミスで攻め続けたアタックにしびれました!
    あの集中力を80分できてたら勝利できたのではないかなと?
    あ~悔しい!あと2戦みんながんばれ~!

    投稿: みきてぃ | 2009年6月14日 11:14

    ノックオンは技術よりも、あのようなタイトな試合では、気持ちが行き過ぎて、焦ってるつもりは無いけれど、焦りになって落としちゃうんでしょうね。
    熱くなる気持ちを如何にコントロールできるか、良く「ゲーム楽しもう」とか言いますけど、簡単じゃないんですよね。
    幼少期からの育った周りの環境とか、指導者とか、選手だけを攻めれない部分はあると思いますよ。

    投稿: KimuSige | 2009年6月14日 08:28

    試合毎に完成度が増して来たと感じましたが、あそこまで伸し上がって来たプレーでも、集まった国の中で底辺にランクされてしまう現実からは逃れる事が出来ません
    大学ラグビーなんて言って浮かれてる場合じゃないかも
    サテライトリーグに交じってどんどん揉んじゃえば?

    投稿: ナベゾ | 2009年6月14日 04:42

    ラグビー日本代表は古くから『ジャパン』が愛称だったから、ジャパンコールで応援してるんじゃないですか。
    まぁ海外から見れば、ニッポンもジャパンもJapanなのだが^_^;国内のラグビーファンからは古くから『ジャパン』と言えばラグビー日本代表のことをさしていたので。
    最近になってサッカーとかもジャパンで呼ばれますが、昔は単独でジャパンと言えばラグビー日本代表でした。
    新しいファンはニッポンチャチャチャで応援してるんじゃないですかね☆
    コアなファンが集まるバックとメインとでは応援スタイルが違うのも面白いと思いますが。

    投稿: タロ | 2009年6月14日 04:18

    鳥栖で豪州対ウェールズの試合を見ました。豪州の選手は、低く鋭い正確なパス、ポジションに応じた体作り、一人として他に同じ選手がいないはっきりした個性。プロとアマチュアの違いを見ました。今日の豪州は技術的なミスは一切無し。高校を卒業してすぐに練習に専念できる環境がもたらすものははかり知れないものがありますね。日本はいつまでラグビーの強化をアマチュアに委ねるのでしょうか?東福岡高の布巻選手の卒業後の進路の選択肢に国内プロ球団というのが無いのが申し訳ないと思います。

    投稿: 大津OB | 2009年6月14日 01:40

    日本代表にはやっぱり何でもいいから勝って欲しかったです。


    村上さんに質問です。
    薫田さんの方針やスタイルがあるんでしょうが、5点差ならPGでつめて更にプレッシャーをかけながら戦う方が良かったんじゃないのかなあって素人目には見えてしまいます。

    攻めたら3点でも何でも取らないと、いつも結局トライ取れなくて、疲れて隙ができて、あっさり取られるみたいなことばっかりに思えます。


    そりゃトライを取るのがラグビーの醍醐味で理想的かもしれませんが
    やっぱり日本ラグビーの国際化には、とにかく勝つことの方が大事に思うんですが。

    なにか理由があるんでしょうか???
    観戦していて不思議でした。


    でもラグビーは生で観戦すると面白いです〜
    負けても面白かった!
    秩父宮は全部いきます!

    投稿: ウロタンケ | 2009年6月14日 01:26

    今日は結婚式と二次会の合間に時間があったので前半の途中から観に行ったのですが勝てる試合でした
    しかしハンドリングエラーが多すぎです。あれでトライチャンスを何度も潰してた感じがしました
    ハーフタイムとフルタイムに他の会場の試合結果が出てましたがやはり南半球すごいですね、スコアだけしか出てませんでしたがNZとRSAは後半一気に盛り返してました

    投稿: ファイブエイス | 2009年6月14日 00:23

    何なんでしょうこの差は?体格、パワー、メンタル、?伝統、民族性?日常の生活?天狗になる?作戦ミス?プランの未熟?
    歯軋りしながら30年、地団駄踏んで30年。あれこれ考え30年、気を持ち直して30年・・いつか強くなって欲しいです

    投稿: kerikeri | 2009年6月13日 23:21

    今日の試合は残念な結果でしたが、大会はまだ終わっていません。
    後半の2試合で目指しているラグビーが出来て、勝利を手に入れることが出来るのか。注目しています。
    選手のみなさんには闘魂を再注入して戦ってほしいですね。

    投稿: マスター | 2009年6月13日 23:14

    U20応援には力があまり入らなかった素人ファンです。その分際で本当に身の程知らずの感想。特に前戦は本格的キッカーがいなかったとのこと。。。
    残念です。日本で開催、枠が16から12に減、W杯誘致直前のこの大会。怪我などにもよるのでしょうが、なぜキッカー不在などという形になってしまったのか。大いに反省してほしいです。残り試合には頑張ってほしいです。

    投稿: トンガリキッズ | 2009年6月13日 22:49

    秩父宮で日本代表観戦しましたが、正直失望しました。スコットランドの防御がさすがなのは当然ですよね。
    それなのに、ペナルティを得ても、タッチに出してモールするだけで、押し切れずFWがそのうちノッコンか、BKに回しても結局ノッコンか...
    PGを狙える場面でも狙わずトライを取りに行くだけなんて、考えが甘すぎると感じました。
    もう善戦なんて言葉は聞き飽きましたよ。終了後に拍手している人も、まばらでしたねえ。

    投稿: jaisuke | 2009年6月13日 22:34

    今日は、少しでもラグビーファンになってもらおうと、同僚を3人連れてったのですが、あれだけ攻めたのに負けたので、がっかりしてました。更に言われたのは応援スタイルがばらばらなこと。バックスタンドの私設応援団は「Japan」を強制するのですが、メインスタンドからは「ニッポン」という声が・・・。私も不思議でしたが(苦笑)

    投稿: タマモクロス | 2009年6月13日 22:20

    今日の花園は、グラウンドでの熱戦も最高でしたが、
    スタンドも国際色豊かで楽しかった~。
    一番盛り上がってたのはフィジーの応援団。
    フィジーの応援団は2試合目何故か南アを応援してて、
    近くにいたフランスサポーターと笑顔でのブーイング合戦。
    スタンドではフィジーvsフランス戦が行われていました♪
    あと印象に残ったのが、スコアボードの下のスペースで、
    フランスの選手が近くに寄って来た小学生らにパス回しを
    相手してあげているのを見かけて、微笑ましかったです!

    投稿: ダイ | 2009年6月13日 21:58

    ベアスタに観戦に行きました。まあまあの観客数だったと思います。オーストラリアvsウェールズの途中からの観戦になりましたが、それほど豪華な競技場ではありませんが、シンプルなつくりで芝も素晴らしく、トラックのない球技場なので、とてもよい雰囲気でしたよ。あのような球技場をもっと作ったらいいのにと思いました。
    鳥栖駅で気になったのは、大会のポスターや案内が全然目につかなかったことです。どこかにあったんでしょうか。

    投稿: smowman | 2009年6月13日 21:35

    日本代表戦を観戦するも、終了後は拍手する気にはなれない。試合を見に来たのにノッコンだらけ。サポーターは怒ってたよ。なんでノッコンを防ぐ指導をしないの?監督に問題あり。

    投稿: ピアノ | 2009年6月13日 20:31

    村上さん結果書いて頂いたので投稿しますが本当に勝ちたかったです。試合のほとんど押してながら…
    やっぱりさすがスコットランドはホームユニオンの意地を見せて来たなって感じました。
    埋め切れないちょこっとした差ですが彼らがジャパンになったら埋まるよう期待して応援続けます。

    投稿: 山田 | 2009年6月13日 19:09

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/45327997

    この記事へのトラックバック一覧です: JWCプール戦3日目結果:

    « JWCを見に行こう5 | トップページ | あじさい »