« ちょっと気になる25「パティシエ」 | トップページ | JWC順位決定1回戦結果 »

JWCを見に行こう6

U20世界ラグビー選手権(JWC)のプールマッチ3日間の入場者数が、66,381人となり、昨年、ウエールズで開催された第1回大会総入場者数(58,538人)を超え、最多入場者数を更新したとの発表があった。今大会は、集客については、IRBの予想をはるかに上回っている。

火曜日、秩父宮ラグビー場で1位~4位グループのキャプテンズラン(前日練習)を見た。JSPORTSでイングランド対南アフリカ戦を解説するので、こちらの2チームを取材したのだが、イングランドはキッカーのみの練習。南アフリカは全員でコンビネーションを合わせていた。今大会では、南アフリカのチームを初めて見たのだが、身体の大きさに改めて驚いた。数字には表れないが、肉の付き方が他のチームと違うのだ。見れば分かるので、ぜひ会場でご確認を。

この試合はフィジカル対決。南アフリカのエリック・サウルス監督は「イングランドはサイズも大きく、ディフェンスのシステムも戦略も素晴らしい。しかし、我々もフィジカルは負けていない。戦略をしっかり遂行できれば勝機はあるでしょう」とコメントしていた。

1試合目(午後5時キックオフ)のニュージーランド対オーストラリアも見逃せない。この4チームの戦いを日本で見られる機会は貴重なので、ぜひ多くの人にスタンドでご覧いただきたい。

瑞穂ラグビー場では、U20日本代表がU20イタリア代表と戦う。先発予定メンバーは以下の通り。瑞穂ラグビー場で、午後7時キックオフ。

1吉田康平、2有田隆平、3小野慎介、4小野寺優太、5新関世志輝、6安井龍太、7山下昴大、8高井迪郎、9滑川剛人、10立川理道、11竹下祥平、12アイセア・ハベア、13仲宗根健太、14正海智大、15豊島翔平/16稲垣啓太、17鈴木亮大郎、18坪井秀龍、19三上匠、20横山隼大、21南橋直哉、22鶴ヶ崎好昭

そして、日本代表のパシフィックネーションズカップ初戦は18日午前中になる。対サモア戦の先発予定メンバーは以下の通り。この試合は、6月18日 (木)、午前10:00から、Jsports1で放送される。

1平島久照、2青木佑輔、3山下裕史、4ルーク・トンプソン、5北川俊澄、6マイケル・リーチ、7タウファ統悦、8菊谷崇、9田中史朗、10ショーン・ウェブ、11小野澤宏時、12ライアン・ニコラス、13平浩二、14冨岡耕児、15ジャック・タラント/16金井健雄、17畠山健介、18大野均、19豊田将万、20吉田朋生、21ジェームス・アレジ、22今村雄太

また、本日、6月16日(火)23:00から、 J sports 1にて、サモア 対 ジュニア・オールブラックス戦も放送される。PNCへ向かう前、日本代表のジョン・カーワンヘッドコーチは薫田監督に「ともに戦いましょう」と言った。ここらで、両方勝利がほしいところだ。

お知らせ◎以前お伝えしたサントリーサンゴリアスの清宮監督との愛好日記トークイベント、残席が僅かとなりました。150席になり次第締め切りです。お申し込みの詳細は文鳥舎ホームページのイベント情報より。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ちょっと気になる25「パティシエ」 | トップページ | JWC順位決定1回戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    日本全体の強化で思うのが、トップチームである日本代表がどこを目指して、どういう練習をして、どういうスキルを得ようとしているのかが解りにくいっていうのも一つの原因じゃないでしょうか?日本代表の練習って、世界に通用する最先端の戦い方なんだろうから、そこをもっとオープンにしていけば今よりは自然と世界との戦い方を身につけられると思うのですが…今、サッカー、野球なんかはたくさんの指導書、サイトありますが、ラグビーって少ないですよね(*_*)ラグビークリニックも高い割には内容が無い、解りにくい…協会のホームページも練習の様子は解るけど、どうやってやるのか、どこがポイントなのかがまったく解らない…情報公開が必要なんじゃないでしょうか??

    投稿: ナガサキング | 2009年6月17日 09:35

    花園で南アフリカの試合を全部観戦しましたが、立ち上がりを慎重にするチームです。
    前半だけみると、強豪?とおもいますが、後半は別チームみたいに、色々な形でトライを取れるチームです。
    プレースキックも外したら次の選手つかったりします。
    名前は忘れましたが、左足で蹴る選手は、独特のキックスタイルなので注目してください。
    プレーヤーとしては、13番と15番が、近鉄ライナーズに欲しいなぁと思いました。

    投稿: 近鉄ファン | 2009年6月17日 07:17

    外国人も日本の相撲取りを見て、大きくてビックリすると言うけれど
    お相撲さんを走れるように可愛がりしたら、南アもナニするモノゾ!
    とはいかないでしょうかねえ....
    100人に一人ぐらいは膝が壊れない頑丈なお相撲さんいるかも

    投稿: ナベゾ | 2009年6月17日 05:36

    プロフェッショナルなラグビー選手になることを20歳になる前に目指しているラグビー先端国の選手たちは、やっぱり鍛え方が違うのですね!

    日本はどういう道を辿って世界と伍していくのか。真剣に議論しなければならない。はっきり言えば、「大学ラグビー」はどのような方向を目指す必要があるのか、ということ。
    他の国とは違う道があるはずだと思うのです。
    たとえば、どこの国より速くたくさんの距離を走ること、しかもクレバーに。あるいは低く鋭いタックルを磨くこと、とか。
    20歳前後の選手が徹底的に身につけるべきものは何なのか、ということですけど。

    投稿: マスター | 2009年6月16日 21:54

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/45359825

    この記事へのトラックバック一覧です: JWCを見に行こう6:

    » 藤島大さんのトークショー直前情報 [選手とは違う方法でプレーしよう! ヨココムブログ]
    藤島大さんをゲストに迎えるフットボール道場の開催が迫って来ました、 事前の予想を遥かに上回る観客動員を記録し各地で大変な盛り上がりを見せているU20世界ラグビー選手権について、藤島さんに大いに語っていただきます。 当日でのご参加も歓迎致します、なお懇親会からなら参加可能な方は事前にご予約のほうお願致します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第21回フットボール道場 at Disco Pants IRB・U20世... [続きを読む]

    受信: 2009年6月17日 00:52

    « ちょっと気になる25「パティシエ」 | トップページ | JWC順位決定1回戦結果 »