« カナダ来日予定 | トップページ | ワールドトロフィーのこと »

ちょっと気になる26「パティシエ2」

以前、フランス菓子の超人気店、「16区」のオーナーシェフ三嶋隆夫さんが6月23日に開かれたパティシエの鎧塚俊彦さんと川島なお美さんの披露宴で新郎側の主賓スピーチを務めるということをお伝えした。その中でラグビーの話をされたのだが、そのスピーチがテレビ中継で流れなかったので内容が分からなかった。博多の知人がその内容を入手して送ってくれた。

三嶋さんは流経大ラグビー部創設メンバーで流経大OB会長でもある。スピーチは、「一生懸命暗記しました」と言いつつ、原稿を取り出して爆笑をとるところから始まる。そして、二人との出会い、交流などを話したあとラグビーの話に。「私は学生時代、ラグビーをやっておりました。ラグビーは私のすべてを鍛えてくれました。もし私がラグビーをしていなければ、きょうこの場に立つこともなかったかもしれません。それほどまでにラグビーは私にいろんなことを気付かせてくれました」

そして、鎧塚さんのスペシャルである「ジャンピエール」にひっかけて、元フランス代表のジャンピエール・リーヴが話し、日本で有名になった言葉を紹介し、次のように続けた。

「『ラグビーは少年をいち早く大人にし、大人にいつまでも少年の心を持ち続けさせてくれる』。少年を早く大人にとは、早く志を立てるということでしょうし、大人に少年の心とは、いつまでもその志を忘れないということだと思います。初めて君に会ったときに感じたのはここなんです。二人でいつまでも夢を追い続けてください」

最後の言葉は熱かった。「昨今ややもすると、出来合いの仕入れ商品を並べ、メディアにおもね、パティシエの精神も魂も感じない店が目につくなか、君の存在は我々の業界に警鐘を鳴らす一服の清涼剤といえましょう」

力強いお祝いの言葉、見事でした。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « カナダ来日予定 | トップページ | ワールドトロフィーのこと »

    「ちょっと気になる」カテゴリの記事




    コメント

    ジャンピエール・リーヴ!懐かしい選手です。私の中ではBEST1フランカーでした。それほど身長は高くなくても丸太のようなぶっとい腕と体躯でスーパータックルを連発していました。
    とにかく試合の最後まで愚直なまでにひたむきにタックルする憧れの名フランカーだけに味わい深い言葉でした。ちなみにBEST1フッカーはNZのフィッツ・パトリック選手です。

    投稿: kuni | 2009年7月 9日 12:28

    ワイフ フォー オール, オール フォー ワイフ
    の逸話も紹介してくださったのでしょうね
    もちろん。

    投稿: ナベゾ | 2009年7月 9日 04:36

    この記事へのコメントは終了しました。

    « カナダ来日予定 | トップページ | ワールドトロフィーのこと »