« 大阪トークライブのお知らせ | トップページ | ホルモン焼 »

ブルソーに釘付け

土曜日の夜、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズの南アフリカ遠征最終戦が行われた。すでにテストマッチで2勝しているスプリングボクスは余裕のメンバー編成だったが、フレッシュなメンバーが思い切ったプレーを繰り出し、ライオンズはプライドに賭けて負けられない一戦だったこともあり、予想に違わぬ面白い試合になった。

前半半ばからのWTBシェーン・ウィリアムスのトライは、さすがに北半球一のトライゲッター。トライの嗅覚は図抜けている。また、2つめのトライを演出した、CTBリキ・フルーティーの個人技も見事。自ら上げたパントをタップしてウィリアムスに渡したのは、あれしかないタイミングのスーパートライだった。録画でも視聴可能の方はぜひ。

ライオンズのポイントを作らないパスプレーも素晴らしかったが、印象に残ったのは、スプリングボクスのFLハインリッヒ・ブルソーのタックルされた選手に対するボールへの働きかけだ。181㎝、100㎏と、あのチームにあっては小柄だが、低い姿勢でボールに絡みつくと、そのまま倒れずに相手のノットリリースザボールを誘発するか、あっさりボールを奪ってしまう。倒れているマーティン・ウィリアムスを笛が鳴ってから持ち上げてしまうなど、行き過ぎた面もあったが、その動きがよけいにブルソーのパワーを証明していた。地面にある重い物をひたすら持ち上げる練習をしているように思える。まだ、22歳。トライネーションズで、オールブラックスやワラビーズと戦うのが楽しみだ。でも、こういう選手は長期的に考えていけば日本でも育てられる気がする。

さて、そのオールブラックスは、トライネーションズに臨むスコッドを発表している。

ジュニア・オールブラックスの一員として、パシフィック・ネーションズカップに出場していた、WTBギア、LOイートンが入っているほか、負傷で離脱していた、FLマコウ主将、NO8ソーイアロ、WTBシヴィバトゥが戻ってきた。LOアリ・ウィリアムスやSOダン・カーター、CTBリチャード・カフイらはまだ怪我のために選ばれていない。

トライネーションズは、7月18日のNZ代表オールブラックス対オーストラリア代表ワラビーズ戦(オークランド)から始まる。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大阪トークライブのお知らせ | トップページ | ホルモン焼 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    いつも愛読させていただいております。ジャパンの試合等ではレビューのブログ記事をTBさせていただいたりもしております。本日は貴ブログの本日の記事とは関係ありませんが、正面選手の記事を書きましたので、TBさせていただきます。よろしくお願いします。記事はあと数回書ければと思っています。よろしければ村上さんのご意見もお願いいたします。

    投稿: IXY-nob | 2009年7月 6日 21:07

    正直シェーン・ウィリアムスはもう駄目なのかな・・・と
    感じていたのですが、見事に魅せてくれましたね!
    フルーティーのパントからのトライシーンや、ライン際を
    連続ループで抜き去ったライオンズBKのプレーといい、
    久々にラグビーに酔いしれました。
    南アのブルソーもとにかく凄いの一言。
    あーこんな興奮を、日本で、W杯の大舞台で、生で味わいたい!!

    投稿: ダイ | 2009年7月 6日 19:52

    ブルソー目立ってましたね。怪力をもったジョージ・スミスになるのでは? これからの成長が楽しみです。でもモルネ・ステインとか豪州のオコナーとか本当にいい選手がどんどん出てきますね。南半球のラグビーは層が厚いです。

    投稿: マルコム | 2009年7月 6日 19:04

    「ブルソー力持ちですねぇ。かわいい顔して。」という実況コメントに笑ってしまいました。 一見女の子、実は金太郎だった。 Lions勝ててよかったですが、双方のキャプテンの表情には凄みがありましたね。 お互い負けられない気持ちが前面に出ていて、目が離せない試合でした。

    投稿: れい | 2009年7月 6日 16:28

    Lionsが勝って一安心しましたhappy01。なんでだろう?世界のラグビーのバランスsign02南アもLionsもいいチームでしたね。3試合たっぷり堪能しました。

    投稿: エリス少年 | 2009年7月 6日 10:00

    春先、シャイニングアークスの試合を観に行ったら
    地面にある重い物をひたすら持ち上げる練習やってました
    ギックリ腰にも強くなりそうで参考になりました
    もう遅いけど

    投稿: ナベゾ | 2009年7月 6日 05:14

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/45550393

    この記事へのトラックバック一覧です: ブルソーに釘付け:

    » British Lions South Africa tour  [体脂肪マン的個人日記]
    ライオンズの南アフリカ遠征の第3戦を録画しておいた。 さっき見終わったんだけど、Superです。 村上さんのブログにも書かれているけれど、リキのパントからシェーン・ウィリアムスのトライは本当にSuper!! 解説でも言っていたけれど、あれを落とさないところが本当に凄い! ... [続きを読む]

    受信: 2009年7月 6日 20:11

    » 元ラグビー日本代表、正面選手を救いたい①!! [IXY-nob]
    昨年までトヨタに在籍し、トップリーグのスタープレーヤーとして活躍していた正面選手が、今期の契約交渉に伴い、神戸製鋼へ移籍しました。 トップリーグの場合、移籍した選手は元所属したチームから新チームでの出場許可(レター)を得られないと1年間は公式戦に出場できないという規定があります。 実はトヨタが正面選手(神戸製鋼)に対し、このレターを出さないことにしているようなのです。正面選手といえば、高校時代からWTBとしてランニングスキルの高さを評価され、同志社大学ではFBで天性のラグビーセンスに磨きをかけ、大学... [続きを読む]

    受信: 2009年7月 6日 21:11

    « 大阪トークライブのお知らせ | トップページ | ホルモン焼 »