« W杯開催推薦の追記 | トップページ | フィジー戦結果 »

清宮監督と会う

木曜日はサントリーサンゴリアスのクラブハウスに行ってきた。最初に山下大悟選手と会う。海外のテストマッチの様子をひとしきり話したところで、ボス登場。清宮監督のインタビューは、JSPORTSのWEBで紹介するもの(アップされる日は追ってお知らせします)。7月18日から始まるトライネーションズのみどころを聞いた。ブックメーカーの掛け率を調べてくるあたりが、さすが清宮監督である。詳細はWebにて。

怪我をしてフィジーから帰国した小野澤選手のことを聞いてみると、長引く怪我ではなさそうである。「彼は普通の人の半分の期間で治りますから」と笑っていた。トップリーグの開幕には余裕で間に合いそうな感じだった。

その後、今月発売のラグビークリニックに掲載されるインタビューをした。カウンターアタックについてである。これ、具体的で面白かった。「スクラム、ラインアウトからの攻撃と同じくらいの重要さでカウンターアタックも考えている」とのこと。もちろん、そのチームの戦力によって方法は違ってくるので正解はないのだが、そのヒントを語ってくれた。

僕がホストを務める「愛好日記トークライブ」は、番外編として清宮監督をゲストに迎え、7月22日に開催されるのだが、場所は西新宿(ハーモニックホール)なので、申し込まれたみなさんはお間違いなく。

さて、金曜日は、パシフィックネーションズカップ(PNC)の最終戦がある。ホスト国フィジーに挑む日本代表の先発メンバー、ジョン・カーワンヘッドコーチのコメントは以下の通り。

◎日本代表出場予定メンバー
1平島久照、2青木佑輔、3畠山健介、4ルーク・トンプソン、5北川俊澄、6豊田将万、7タウファ統悦、8菊谷崇、9田中史朗、10ジェームス・アレジ、11ジャック・タラント、12ライアン・ニコラス、13平浩二、14今村雄太、15ショーン・ウェブ/16金井健雄、17山下裕史、18大野均、19中山義孝、20吉田朋生、21五郎丸歩、22冨岡耕児

ジョン・カーワン日本代表ヘッドコーチ
「相変わらずケガ人の多い状況で、メンバーを最後の最後まで決めかねていた。特に第三列はだれが出てもおかしくない状況。明日の試合は、フィジーのプレースタイルとジャパンのプレースタイルのぶつかり合いでエキサイティングな試合になると思う。今シーズンは、若い選手を選出し、W杯を見据えてチーム作りをしてきたが、今はこのチームの将来が楽しみになってきたし、自信を持ってフィジー戦に臨むことができるまでに成長した。PNC最終戦は素晴らしいゲームをお見せします」

◎放送予定
7月3日(金)12:00 J sports 1
フィジー 対 日本

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « W杯開催推薦の追記 | トップページ | フィジー戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    1点おしかったですね。まだ試合のTVは見てないけど、いいじゃないすか。これを機に少しづつ強くなっていけばいいんでしょ。
    ここまで育て上げたカーワンHCの手腕にこれからも期待したいし、続けていってほしいです。選手の国籍の問題が話題に出ていますが、日本人(いわゆる外人以外)が少数でも良いとと思います。南半球だって3国間で選手がいったりきたりフィジーやサモアの選手が入っていますよね。私は日本の為に戦ってくれるならそれは助っ人でも尊重するしHCの起用を信じています。
    とにかく全国のラグビースクールくらいからレベルを上げていきましょうよ。ラグビーを国内でメジャースポーツに育てたい!それにしても最近はギラギラ(往年のW大の奥脇選手のような、大八木さんのような)した子供が少ないのは残念・・・・・・。

    投稿: kuni | 2009年7月 4日 06:34

    1点差、最後勝ちきれなかったですね。豊田最後はあせったのかな? キックの精度とか時間の使い方、そして精神的なスタミナ....力をつけたその先にある課題はまだまだありますね

    投稿: kerikeri | 2009年7月 3日 15:22

    言っても詮無いことは承知の上ですが、(とくに)バックスメンバーにときめきません。代表の試合も欠かさず見てきましたが、今回のシリーズはその意欲が湧きません。いつか、あの時期があってよかったのだ、と思える日が来ることを信じて、我慢の時期なのでしょうか。

    投稿: さるぞう | 2009年7月 3日 11:36

    トンガ戦での菊谷選手、狂ったように前に出てましたね。今村選手もいいプレイをしていたので、ぜひトライを見せて欲しいです。
    全員が集中し、エキサイティングなゲームを期待します!!

    投稿: サファイヤ | 2009年7月 3日 10:15

    丁度良い(?)具合にギックリ腰で寝込む羽目に
    お陰で病床なれど観戦出来ます

    投稿: ナベゾ | 2009年7月 3日 05:18

    ブレディスロー杯
    今からでも秩父宮開催に変更してほしいです。
    収容人数が小さいので、チケットが高いなんていう不満の声は消えるし、仮に一般自由席3万円~5万円でも飛ぶように売れると思います。ピッチシート10万円でも売れるはずです。
    7割入った程度の国立より、溢れるばかりの観客で膨れ上がった、超・超満員の秩父宮を見てみたいし、海外の選手たちに、そういった中でプレーさせたいなぁ。
    とにかく、ファーストインパクトが大事です!

    投稿: T.H | 2009年7月 3日 01:56

     ろう学校の事が書かれていましたが、前から思っていたのですが、私の知り合いに視力がいずれ無くなるであろう病気の人がおられるのですがラグビーファンでして、こうした人達のために、試合の音声での中継をやってもらいたいです。ワールドカップ誘致をしている国なら、それくらいのラグビー環境があっても良いと思います。

     たとえばネットでのラグビー音声中継は、BBCもやっていますし、これでしたら日本ラグビー界にはメリットが多いと思います。思いつくままに書くと、

    ①目の不自由な方がラグビーを楽しめる

    ②J SPORTSが見られない環境にいる人にも、ラグビーの臨場感を提供出来る

    ③実況や解説で、選手のセカンドキャリアの場を提供出来る

    運営費は、試合中にスポンサーの商品名等を紹介する事で捻出出来ないものでしょうか。関係者の皆様、積極的に検討をお願いします。

    目の見えない人にもラグビーを!

    投稿: rugbyhead | 2009年7月 2日 23:13

    W杯に運営会社から日本が推薦された話は嬉しい限りですが、まだ決ってはいないので、喜びすぎは禁物でしょうね。色々なラグビー関係者の方のご努力があってのことです。
    直接招致に関わったスタッフの方だけでなく、たとえばJKの演説とか、今のフィジーでのジャパンの頑張りとか、上田昭夫さんのU20アンバサダーでの尽力とか、本当に多くの方の…。
    私は村上さんがマスコミの中心として日本ラグビーをいつも応援して、人気の盛り上げに尽力してくださっている事も、もちろん今回の招致に大きな力を与えていると思います。
    なので今回の推薦決定につきましては、村上さんには「良かったですね!」とコメントを書くより、「村上さんありがとうございます!」と書きたいです。今後とも末永く、よろしくお願いします。大会はまだだーいぶ先の話ですが(笑)、本当に楽しみです。まずは最終決定、取りこぼしなく確定したいですね!

    投稿: トンガリキッズ | 2009年7月 2日 21:49

    私も縁あって先月清宮監督と会い話す機会に恵まれました。洞察力と先見性に秀でた感じを受けましたが、それでいて気さくな感じものぞかせる人でした。まだ40代前半なのに風格も備わってきています。
    サントリーの戦い方で、清宮さんの敵はあえて言えば「自信」かもしれません。

    投稿: エリス少年 | 2009年7月 2日 20:47

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/45517578

    この記事へのトラックバック一覧です: 清宮監督と会う:

    » 携帯サイトはじめました [まる≠楕円・・・? ふたたび]
    7月に入って『・・・はじめました。』っていうとラーメン屋の冷やし中華を思い浮かべ [続きを読む]

    受信: 2009年7月 2日 22:31

    « W杯開催推薦の追記 | トップページ | フィジー戦結果 »