« 清宮監督と会う | トップページ | 大阪トークライブのお知らせ »

フィジー戦結果

アウェイで世界9位のフィジーを倒すという千載一遇のチャンス。歴史的な勝利が、手のひらからこぼれ落ちた。最後のトライを奪われたのは終了数秒前。止めきっていればそのままノーサイドだったろう。

キックオフ直前の国歌吹奏時、選手達の顔がこれまで以上に引き締まって見えた。6分にFLタウファ統悦が先制トライを奪うと、CTBニコラスのロングパスを受けたWTBタラントが左隅トライ。14-3とする。しかし、フィジーのランニングスキルの高さは、日本のタックルポイントを巧みにずらして大幅ゲインを勝ち取る。ひとつでもタックルミスがあれば一気に持って行かれた。

PR畠山、途中出場のFL中山らがよくボールに絡んでターンオーバーを連発するなど、懸命にフィジーの攻撃を寸断したが、前半38分、足でパスをカットされてそのままボールをつながれる痛恨の失トライ。前半は、14-20とリードされて折り返した。

後半は互いにチャンスをものにするシーソーゲームになったが、日本はラインアウトからのドライビングモールで、HO青木、FL菊谷がトライし、一時は、36-26と10点のリードを奪った。しかし、ここから残り10分のゲームマネージメントが上手くいかない。地域を獲るキックがダイレクトタッチになったり、短かったり、最後は、時間を使おうと自陣からつないだパスがスローフォワードになるなど、うまく時間を使えずに攻め込まれ、最後はフィジー怒濤の攻めにインゴールを明け渡した。優れたランニングスキルを持つフィジーの良さを極力出させないように戦っていただけに惜しい負けだった。まだ力が足りないということだろう。

ただ、敵地でフィジーとの1点差勝負まで持ち込んだことはチーム力の底上げが進んでいることの証だし、2011年に向けてのステップとして苦い敗北も悪くはない。この悔しさがバネになるのだし、若い選手はこういう経験を積むことが力になる。速いテンポでボールを動かせば高い確率でゲインできていたし、近場の接点では負けなかった。これくらい戦えれば、一つ一つのプレーを検証して反省できる。ディフェンスでさらに前に出るためにどうするか、自陣からいかに脱出するか。2011年までに課題を着実に克服したい。

■ジョン・カーワンヘッドコーチ
「今日の選手たちのパフォーマンスを称えたい。良いメンバーに恵まれ、誇りに思う。結果的に小さなエラーが命取りになってしまった。世界ランキング9位のフィジー代表に対し、接戦を経験できたことでチームは更に成長出来るだろう。我々が目指したゲームプランもチームにフィットしているので自信を持っていいと思う」

■菊谷崇キャプテン
「結果的には残念だったが、日本代表にとってチームとして成長出来た大会だった。まだまだ修正しなければならない点は多いが、強豪チームとの試合を通して、少しずつステップアップ出来たことで、世界への道は開けて来たと思う。その道をもっと踏み出せるように、一つのチームになって挑戦して行きたい。最後に今大会をオーガナイズしてくれたフィジー協会の関係者の皆さんに感謝したい」

◎日本代表対フィジー代表結果
日本代表●39-40○フィジー代表(前半14-20)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 清宮監督と会う | トップページ | 大阪トークライブのお知らせ »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    トンプソン、ウェブ、ニコラスは日本人の誰よりも体張ってるし気持ちが伝わる。
    正直、アレジは日本でプレーしているわけでもないのに日本代表にいるのは…。
    プレーも体張らないしタックルもU20の立川より弱いと思います。
    平島、北川は仕事して。
    北川より大野を!
    豊田はさぼりすぎ。下働きをしなすぎ。トーエツは素晴らしかった。

    畠山、青木、中山はよかった。

    率直な感想でしたm(__)m

    投稿: 田中 | 2009年7月 5日 08:46

    これでしばらく代表チームは解散なんですか?もしそうなら何か惜しい感じがしますね。折角いい感触がつかみかけたところだと思うのに。何とかマッチメークしてもう1試合か2試合どこかとやれないかな....この2ヶ月試合してきて出来たこと、出来なかったこと、弱点。明確になった課題をクリアするには今すぐやるべきと私は思います。
    鉄は熱いうちに...

    投稿: kerikeri | 2009年7月 4日 09:15

    1点おしかったですね。まだ試合のTVは見てないけど、いいじゃないすか。これを機に少しづつ強くなっていけばいいんでしょ。
    ここまで育て上げたカーワンHCの手腕にこれからも期待したいし、続けていってほしいです。選手の国籍の問題が話題に出ていますが、日本人(いわゆる外人以外)が少数でも良いとと思います。南半球だって3国間で選手がいったりきたりフィジーやサモアの選手が入っていますよね。私は日本の為に戦ってくれるならそれは助っ人でも尊重するしHCの起用を信じています。
    とにかく全国のラグビースクールくらいからレベルを上げていきましょうよ。ラグビーを国内でメジャースポーツに育てたい!それにしても最近はギラギラ(往年のW大の奥脇選手のような、大八木さんのような)した子供が少ないのは残念・・・・・・。

    投稿: kuni | 2009年7月 4日 06:37

    秋のカナダ戦がWCのあのシーンを思い出させるんですが、
    同じ事が起きても、今度は感動しないだろうな
    内容はどうあれ、勝って欲しい

    投稿: ナベゾ | 2009年7月 4日 06:07

    上記コメントにあるように僕も少々メンバー選考に疑問が…、怪我とかの事情でしょうか?JKほどの人物が偏向を持つとは思えないし…。
    僕は別に外国人選手に関しては問題視してません。外国人選手のほうがフィジー戦を見ても誰よりもタックルし、アタックしていたと思う。むしろ対照的に、その大学時代のプレーのままにタックルを見送り、アリバイラックに加わり、アタックだけ参加する一人の日本人選手に腹がたちました。フィジーの得点を招いた全てに、その緩慢さが出ていた…。

    悔しい、僅差だけに悔しいんです。すみません、感情的に書いてしまって。ただ、勝てたと思うから、本当に悔しいです。

    投稿: TH | 2009年7月 4日 04:35

    U20代表もシニア代表も、今年最大の大会で1勝しかできなかったのは事実。「チームの成長」を語る言い訳より、「勝利」というアウトプットを出してほしい。勝利できなければ、プロセスなど意味を失う。目標を達成できなかった指揮官は直ちに退場すべきである。
    勝利してこそマスコミの扱いは大きくなり、注目するファンも増え、若年層のプレイヤも増える。そして有望な選手が増えて、強化につながる。
    今のJapanは、その逆を行っている。
    20年以上ラグビーを見続けていた小生も、U20大会のジャパンの試合は(TV観戦含めて)一度も見ていない。PNCも一度も見ていない。
    「負け」試合は、何度見てもつまらないからだ。

    投稿: アンテナ男 | 2009年7月 4日 00:59

    サイズ重視で外国人に頼った今季PNCがこの結果。精神的支柱と勝ち方を知っている選手が少ないことが敗因だろう。そういう意味では今大会に三洋と東芝の選手が合わせて3人しかいなかったJKのメンバー選考には疑問符が附く。昨季ラグビーシーンでファンが最も心を揺さ振られられた試合は何だったのかを首脳陣はもう一度思い起こして欲しい。

    投稿: ローズプレステージ | 2009年7月 4日 00:52

    NZ、AUSの両協会に支払うギャランティの合計が6億円を越えるといいます。
    秩父宮のキャパだとチケットが安くても3万円とかになってしまいます。
    自分も国立で見るラグビーが一番嫌いなのですが…、他に取れないのであれば致し方ないのかも。
    対抗戦で成り立ってきたラグビーの歴史を考えると、いまや第3国で行われる興行となっているラグビーはあまりいい気がしないのですが。
    でも生でこの大一番を観戦できるのは嬉しいのも事実で…。

    投稿: タロ | 2009年7月 4日 00:25

    ブレディスローカップはなぜ秩父宮を会場としなかったのだろうか?ラグビー専用の日本の聖地を。収容2万人程度ではIRBが認めなかったのだろうか?
    私が心配することではないけど、果たして、国立に人が集まるだろうか?あの高い価格と見づらいスタンドで。
    昭和30年代に建てられた屋根もないスタジアム、シートによってはピッチも見づらく、柱の陰でスコアボードも見えない。
    せっかくのテストマッチ。新しいスタジアムでやってもよかった。たとえば豊田スタジアムなんかでも。

    投稿: エリス少年 | 2009年7月 3日 23:40

    勝利と敗北。1点の重み。

    投稿: エリス少年 | 2009年7月 3日 23:23

     SUPER14のシャークス、アルゼンチンのエルナンデス選手と1年契約を結んだそうですね~。

     個人的にはロフレタ監督にスティーラーズの監督してもらいたいですが。

    投稿: rugbyhead | 2009年7月 3日 23:12

    惜しい敗戦といっても負けは負け。
    PNC2009での日本代表の戦績は1勝3敗で目標達成ならず。結局、昨年と同じブービーです。
    1試合当たりの得点/失点を昨年と比較してもほとんど変化がありません。

    >村上さん 目に見えて進化しつつあるものって、発見できましたでしょうか?

    投稿: マスター | 2009年7月 3日 17:54

    これ以上無いような悔しい負け方・・・
    でも確かに、チームとして良い経験となるでしょう。
    秋のテストマッチや、来年のPNCに期待を持たせる大会だったと思います。
    是非、御一行様が帰国次第、秋の日程を発表してもらいたいものです。

    投稿: 坂石町分 | 2009年7月 3日 17:36

    仕事が休みだったので生中継観ました。惜し過ぎます。これがベスト8とそれ以外の国の差なのでしょうか?抜群のキックを見せていたアレジ、ウェブも最後の最後でミスしましたね。もう少しスクラムで圧倒出来ると思ったんですが…。向こうもやはりプロ集団、そんなに上手いこといきません。とにかくこれを糧に今後日本代表には頑張って欲しいです。あと、モール以外で点がとれる様になればなお良いですが。

    投稿: ジンジャーエール | 2009年7月 3日 17:33

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/45525633

    この記事へのトラックバック一覧です: フィジー戦結果:

    » ラグビー日本代表!価値ある敗戦、PNC最終戦!! [IXY-nob]
    ノーサイドまで1分を切ったところで、逆転を許してしまった。 結果は敗戦だが、この試合のジャパンは本当に見事だった。 相手フィジーのホームスタジアムで、試合開始から自分たちのペースで試合を進めた。 ジャパンの得点は全て計算された練習通りの展開から。 対するフィジーは、個の力に頼ったもの(これはこれでフィジーの特徴ではあるが・・・) そういう意味でも、この試合はジャパンが勝利者といってもいいかもしれない。 ただ、得点を競うゲームであれば、1点差でも負けは負け。では、なぜ勝ちきれなかったのか? その答はジ... [続きを読む]

    受信: 2009年7月 3日 23:36

    « 清宮監督と会う | トップページ | 大阪トークライブのお知らせ »