« 小野澤選手帰国 | トップページ | W杯開催推薦の追記 »

W杯とブレディスローカップ日本開催のこと

このブログを管理するココログに30日午後からトラブルがあり、15時くらいからアップしようとしてできない状態が続いた。正直、イライラした。一刻も早くこの情報を伝えたかった。このブログによっていつでもラグビー好きのみなさんとつながれる安心感があったことを再認識した。日本の世界ランキングからの文章は30日昼間に書いていたものである。

そうこうしているうちに、2019年のワールドカップ開催国として、ラグビーワールドカップリミテッドがIRB(国際ラグビーボード)に推薦することが明らかになった。ワールドカップ日本開催が現実味を帯びてきたということだ。予断は許されないが、今後10年間、そしてそれ以降、日本ラグビーがこれまで以上に活性化する材料ができるということだ。僕は素直に嬉しい。今後10年間、自分が何をすべきなのかワクワクしながら考えることができる。きっと今ラグビーに携わっている人たち、ファンのみなさんも含めて目標になるだろう。正式決定は、7月28日である。

先日、トンガ代表に勝った日本代表のIRB世界ランキングが、史上最高位の14位にアップした。ちなみに、現在のランキングを記すと、1ニュージーランド、2南アフリカ、3オーストラリア、4アイルランド、5フランス、6アルゼンチン、7イングランド、8ウエールズ、9フィジー、10スコットランド、11サモア、12イタリア、13カナダ、14日本、15トンガ。2011年のワールドカップまでには、11位までランクを上げられるような結果を出したいところ。そこまで上げておいて初めて世界トップ8は見えてくる。

30日の火曜日は、かねてよりウワサされていたニュージーランド代表オールブラックス対オーストラリア代表ワラビーズの定期戦ブレディスローカップの日本開催の発表記者会見があった。開催は、10月31日、国立競技場にて、17:30キックオフ。前座試合も検討されているが、芝生の保護の問題などで行われない可能性が高そうだ。チケットの一般販売は8月22日から。その前に、JRFUメンバーズクラブ会員、ローソンチケット会員、yorimo会員への先行販売がある。詳細は、本日開設される公式ホームページにて。

Bscup

本物のカップとともに会見臨んだのは、左から、NZラグビー協会スティーブ・チュー氏、日本協会・真下昇副会長・専務理事、豪州ラグビー協会マット・キャロル氏。冒頭に挨拶した真下氏は、「アジア・オセアニアを取り巻くラグビー環境が大きな成長を遂げる一助になる」と開催を歓迎。会見中に、オールブラックスのグレアム・ヘンリー監督、リッチー・マコウ主将(写真)、ワラビーズのロビー・ディーンズ監督、スターリング・モートロック主将のビデオメッセージも流された。

Macow

「ラグビーの素晴らしいところは、ラグビーを知る人々と、行く先々でつながりができることです。この両国の戦いは、開催場所がどこであれ真剣勝負になることは間違いありません」と、ディーンズ監督。ヘンリー監督も、「エキサイティングな試合をその目で確かめてください」と、いつもテストマッチを観ているときにはあり得ない笑顔で観戦を呼びかけていた。

今年のブレディスローカップは、7月から開幕するトライネーションズ(南アを加えた三カ国対抗)の中で3試合(7月18日オークランド、8月22日シドニー、9月19日ウェリントン)が行われる。東京が4試合目となる。カップは現在NZが保持しており、2勝2敗ならNZが防衛。ワラビーズは勝ち越さないとカップを取り戻せない。両チームは、そのあと、ヨーロッッパ遠征があるのでベストメンバーで来日することは間違いない。東京での試合が、決着戦になればより盛り上がることになる。

なお、この会見中に、NZ協会CEOのチュー氏から、将来日本がスーパー14に参加する可能性について、報道陣の質問に答える形で話があった。「現在、NZ、南ア、豪州の三協会でスーパーラグビーの拡大について模索しているところです。日本のチームの参加も案のひとつで、このほか、アメリカ、カナダ、フィジー、サモアも候補になっています。アルゼンチンに関しては、スーパーラグビーよりもトライネーションズに入る可能性が高いでしょう」

なんだか、このあいだのU20世界ラグビー選手権のこともあって、世界のラグビーが急速に近づいてきている感じがする。ラグビーに関心のある人たちが世界トップレベルのラグビーを体感し、これまでラグビーに関心のなかった人たちにも面白いラグビーを観るチャンスができるというのは、日本ラグビーにとっても悪いことではない。できるだけ多くの人に観てもらうために、これからの告知活動が重要になる。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 小野澤選手帰国 | トップページ | W杯開催推薦の追記 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、こんにちは。更新お疲れ様です。
    ブレディスローカップ楽しみです。TKTは高いですがそれだけの価値はあるとおもいます。
    ところでTri-Nations をNZで見たいのですがチケットの購入方法教えてくださいませんか?

    投稿: タケやん | 2009年7月 2日 16:35

    ブレディスローカップチケットってそんなに高いとは思えません。今夏、シドニーの同対戦に行くのに、インターネットでチケット購入したら、12000円でした。ですから日本協会の70000円の席は高額すぎますが、それ以外のカテゴリーは普通だと思います。前回W杯のNZvsFRAをカーディフで見ましたが、普通のホテルの宿泊料金が80000円でした。しかもTVの映りが悪く、AUSvsINGの実況中継をまともに見れませんでした。すぐ、フロント連絡で叩いて直してもらいましたが、このような部分でも、高額な出費を要求されます。でも、いずれにせよ、前回のW杯フランス大会のユーロ高を考えれば、20000円弱の入場料金は、ある意味格安だと思います。世界ランク上位の対戦なのですから....。逆に言えばこれで満杯にならなかったら、いけませんね。カーワン監督の現役時代の東京のゲームで、沖土居のトライをカンカンになって怒った同選手のシーンを覚えています。ガラガラの国立でした。逆に早明戦は満員。「これで、日本代表の価値があるのか?」と感じました。W杯日本開催がほぼ確定した今。それでも価格は考えるべきでしょうが、ある意味興行収益の面で、妥協も必要なのでしょう。いやはや。

    投稿: kohi | 2009年7月 1日 20:51

     D・カーターの現在の様子はどうなのでしょうか?
    日本に来るときは大丈夫なのでしょうか?
     豪州では、エルソムが豪州に戻るといったこと
    ききましたが、彼は日本でのブレディースロー
    カップに出られそうですか?

    投稿: ムラーカ | 2009年7月 1日 13:29

    村上さん、いつもブログ更新お疲れ様です。ブレディスローカップが来て、ワールドカップが来るかもしれなくて・・・楽しみですねえ。
    皆さんのコメントにもありますけどチケットの値段を見てびっくり。ただでさえ秩父宮と違いグランドから観客席まで距離があるので迫力は半減だし、集客力と運営の関係から仕方ないのかもしれませんが、それならプレミアムシートの反対側のトラックにも観客席など設けて値段を下げるなど考えていただけないものでしょうか?
    ブレディスローカップの観客がガラガラにはならないでしょうけど何せ秩父宮の2.5万人に対して国立は5万人収容できますからね。

    投稿: kuni | 2009年7月 1日 12:45

    ワールドカップ日本開催までの10年間、外国人抜きでの日本代表強化を真剣に考えて欲しい!今のままでランキングが上がろうが、ベスト8に入ろうが、日本が本当に強くなったという評価には値しないと思う!

    投稿: 北さんJP | 2009年7月 1日 12:34

    Bledisloe Cup チケット 超高い!
    折角のチャンスなのに・・・。
    何、考えているのでしょう。
    W杯もやろうとしているのに・・もっと、ラグビーファンを増やす努力を・・方向が違っているのでは?

    投稿: トライ | 2009年7月 1日 11:25

    Bledisloe Cupの日本開催はうれしい限りですが、チケット高っ! 見て損はない試合だと思いますが、気軽に友達が誘えない・・・・  こういう面白い(はずの)試合こそラグビーに馴染みのない人たちにも見てもらいたいのに。 U20のチケットを安くして普及を図ったと思ったら、ちょっとがっかり。

    投稿: れい | 2009年7月 1日 10:13

    W杯が日本開催になったら本当に素晴らしいことですね!素直に嬉しい!W杯が日本で開催されるようになれば、僕たちもラグビーを愛するものとして、できることが沢山あるはず…試合会場に足を運んだり、地元のラグビーを盛り上げたり…。小さいけれどもみんなで実際に動くことが、長い目でみれば、ラグビーがよりみんなに愛される競技になっていく重要な要素のような気がします!村上さんのブログに参加することも、僕なりの1歩です☆これからも村上さん、頼りにしてますよ(^_^)/

    投稿: ナガサキング | 2009年7月 1日 09:48

    BLEDISLOE CUP♪ 現地まで飛行機で行くこと思ったら・・・・

     でもチケット高いですね

    投稿: 三都屋 | 2009年7月 1日 09:16

    放送がJスポーツでなくWOWOなんですね。。。。民放はあるんでしょうか?Jスポーツでないのが悲しい。

    投稿: FL7 | 2009年7月 1日 09:11

    やりましたね、W杯開催。宿沢さんがご存命ならどんなにお喜びだったでしょう。
    問題は山積みですけど、いまは素直に喜びたいです。

    投稿: タマモクロス | 2009年7月 1日 06:37

    飛行機に乗らなくても試合を観に行けるというのは有難い事なのかもしれないけれど
    なんだか政治とカネの問題みたい
    金の掛かる興行にしちゃったから巡業しなきゃいけなくなっちゃったんで
    雰囲気を楽しむには飛行機に乗って観に行ってた方が有難かったかも
    これがエスカレートし、アメリカのプロレスみたいになりはしないかと心配です

    投稿: ナベゾ | 2009年7月 1日 04:44

     2019年のワールドカップ日本開催が有力になったというニュースを見て、飛んできました。まだまだ正式決定ではないけれど、ホントうれしいですよね。ファンにとっても10年後が目標になります。

     10年後といえば、村上さんは54歳?ですか。まだまだいけますね(^^;)。これから、一人でも多くのラグビーファンを増やして、大会を成功させましょう!

     U20ジャパンの結果は残念だったけど、U20世界ラグビー選手権が開催された価値もあったというものです。7月28日の正式発表、楽しみにしています。

    投稿: ワック | 2009年7月 1日 04:14

    ランキングは12位と13位の間にかなり越えるに越えられない高い壁があるように思います。
    世界の12位以内に定着することが次のW杯に向けてのジャパンの課題。
    まずは3日のフィジーに勝って少しでも世界と近づいてほしい。
    世界が日本にいくら来ようとも、ジャパンが世界と試合にならないなら意味がありません。

    投稿: タロ | 2009年7月 1日 04:06

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/45501675

    この記事へのトラックバック一覧です: W杯とブレディスローカップ日本開催のこと:

    » BLEDISLOE CUP TOKYO 2009 [体脂肪マン的個人日記]
    かねてより某掲示板などでうわさされていたブレディー・スロー・カップの東京開催が正式に発表された。 開催日は10月31日(土)。 このことは素直に喜ぼう。 が・・・。 チケットが恐ろしく高い。 何でこんなに高いの? 海外までこの試合を見に行くことを考えれば安いものだが、自由席で7000円。 しかもその自由席はゴールポストの裏側。 うちの家族全員で出かけたら20,000円の出費。 考えられません。 メインスタンドやバックスタンドでの観戦を試みようものなら、12,000/人の出費を強いら... [続きを読む]

    受信: 2009年7月 1日 06:02

    » 2019年ラグビーワールドカップは日本有力に・・・・7/28正式決定へ [My suggestion(社会人野球、ラグビー、きらきらアフロetcのファン)]
    Sポニチより。 ■2019年ラグビーW杯 日本開催へ! 2019年ラグビーワールドカップの日本開催が有力となった。ワールドカップを運営するラグ... [続きを読む]

    受信: 2009年7月 1日 12:40

    « 小野澤選手帰国 | トップページ | W杯開催推薦の追記 »