« 五輪推薦と菅平情報 | トップページ | 菅平チャリティコンサート2 »

菅平チャリティコンサート1

土曜日の朝は、東京から菅平高原に向かった。いつもは自家用車で行くのだが、今回は渋滞を回避するため電車で上田駅へ。めちゃくちゃ綺麗になってた。そして、イベントのスタッフの方の迎えの車で菅平へ。歌手のきたかたよしろうさんと一緒だった。同じ京都出身ということで、府立高校の話なんかで盛り上がった。

Hero

イナリールホテルのロッジでは、すでにNPO法人大阪ラグビーネットワーク、林敏之さんは理事長を務めるNPO法人ヒーローズのボランティアのみなさんが会場の設営、そしてリハーサルをしていた。題して、「ヒーローズ、チャリティコンサート」。菅平を訪れる選手の保護者のみなさんに楽しんでもらって、飲食は無料で提供し募金を集めて菅平で医療活動に従事する団体への寄付をする。

Hero1

昼の部は、僕が進行役をし、スペシャルゲスト堀越正巳さん(立正大学ラグビー部監督)を交えて林敏之さんと約30分のトーク。そして、きたかたさんのライブから、林敏之率いるヒーローズバンドのフォークライブに。トークの時、約60名ほどのお客さんに「林敏之さんの現役時代を見たことある人?」と問いかけたらほとんどの手が上がった。今の中学生、高校生世代のお父さんやお母さんは、完全に林さんはジャストの世代なんだなぁ。もちろんみなさん堀越さんのことも知っているから、さまざまなエピソードを興味深く聞いていた。2人が共通して語っていたのは、挨拶のしっかりしている選手は、グラウンドでのプレーも頑張るということ。普段の生活から力を抜く選手は、試合でも力を抜くと。

Hero2

ライブは、懐かしいフォークソングを軸に約10曲を林さんがギターを弾きつつ熱唱。「ラグビーより緊張する」と大汗の林さんを、他のメンバーが支える。そして、きたかたさんが強力サポート。「ラグビーと一緒やね」と林さん。今はもう誰も、岬めぐり、花嫁、戦争を知らない子供たち、僕等世代は知っている曲ばかり。思わず口ずさんだが、僕が感動するのは、「貴様と俺」、青春ドラマの代表曲だ。

Hero3

こちら、「ヒーローズ通信VOL.2」。林さんと山口良治さんの「自らに矢印を向ける勇気を持て」と題した対談他、感動する話が満載の小冊子である。ヒーローズのホームページからも買えるようだ。昼の部が終わって、林さんとともに高校の試合が行われているグラウンドを回った。そして、山口良治総監督のいる伏見工業高校のグラウンドへ。林さんの直談判で夜の部、山口さんのトークライブ出演が決まった。凄い。

夜の部は18:30から。どんな話になるのか楽しみだ。いま、目の前では林さんが一生懸命リハーサルに励んでいる。

つづく

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 五輪推薦と菅平情報 | トップページ | 菅平チャリティコンサート2 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    きゃあ、布施明!
    でも懐かしい。

    投稿: マスター | 2009年8月16日 09:02

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « 五輪推薦と菅平情報 | トップページ | 菅平チャリティコンサート2 »