« 文鳥舎閉店 | トップページ | ブロウの映画 »

気になるヨコハマ

文末で土曜日のトライネーションズの内容に触れます。まだ録画を観ていない人はご注意を。

2009年も8月に入った。時の流れは年をとるとともに加速するという。みなさんにとってもこれからの10年は、これまでの10年より早いということ。いろんな意見があるのは承知ですが、ワールドカップを成功させるための10年を過ごせばいいのだと、僕は今、めちゃくちゃポジティブです。心配するのは当然です。だからこそ頑張ることができるわけですからね。ともに楽しい10年を過ごしましょう。それぞれの目標を持った多くの人が、大会が終わったときに「やれるだけのことはやった」と達成感を得られる時間を共有しましょう。

日本協会からのプレスリリースでは、来春に予定している高校日本代表のフランス遠征に向けた第1次セレクション合宿(本日8月1日より菅平高原にて実施)の参加メンバーが発表された。ワールドカップの日本開催が決まったことで、高校生世代が今後注目を集めることになる。ここから数名は、来年のU20日本代表にも入ってくるだろう。

土曜日は、大学の関東在住者の同窓会だった。懐かしい話で大いに盛り上がった。今年来られなかったみなさん、来年はよろしく。帰り道、山手線に乗ったら、車内の広告に「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」の歌詞が。前日も、「ヨコハマ・チーク」の歌詞を見た。ヨコハマ・チークといえば、マッチの曲の中でも僕が一番好きなやつだ。「お薦めマッチ」を書かなきゃと思ったのだが、他にも最近ヨコハマの文字をよく目にする。今年は、横浜開港150周年なんやね。

土曜の深夜は、トライネーションズ第3戦、南アフリカ代表スプリングボクス対ニュージーランド(NZ)代表オールブラックス戦だった。前週も南アが快勝したが、今回のNZのミスの多さは目を覆いたくなった。南アの個々の強さはトライネーションズでも頭一つ抜けている。NZは文字通りの、力負け、という感じ。ラインアウト、スクラムで圧力を受けては反則を繰り返す。ボールを動かせば持ち前のスピードでチャンスが生まれるのだが、リスクの高すぎる攻撃もあって、ああしなければ活路が開けないとしたら、オールブラックスにとっては苦しい戦いが続く。ダン・カーターが復帰したからといって劇的に変化があるとは思えない状況になっている。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 文鳥舎閉店 | トップページ | ブロウの映画 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    みなさん、回答ありがとうございます。よくご存知ですね。おかげでまたひとつ知識が増えました。
    ついでにもうひとつおたずねします。国歌斉唱で、普通はホームチームが後になるのに、この試合は南アが先でした。この理由は?

    投稿: エリス少年 | 2009年8月 3日 12:45

    本年8月2日付「西日本新聞」社説にて、ドキュメンタリー映画「君はノーサイドの笛を聞いたか」が取り上げられていました。日系豪州人ラガーマンのラグビー精神を体現したかのように戦争に散った若者の話です。
    岡田聖さん(プロデユーサー)作品で、上映も各地で行われる予定だそうです。村上さんも存じていると思われます。ラグビーW杯についての社説だったのですが、ラグビーのもつ魅力「ノーサイド精神と他者にたいする犠牲の志」をコメントしたものでした。ぜひこの場でも、告知していただけたらと存じます。

    投稿: 九州はちべい | 2009年8月 3日 11:54

    >>エリス少年さん

    デンタルフロスさんも書かれている通り、あれはブーイングではなく、ファンが彼のニックネーム「ビースト」と叫ぶ地元ダーバン名物の声援の一種です。矢野アナもよく実況中にマネして叫んでいますよ。

    投稿: ダイ | 2009年8月 2日 23:54

    言葉足らずでした。彼のニックネームがBEAST(野獣)です。失礼しました。

    投稿: デンタルフロス | 2009年8月 2日 20:52

    あれは「ヴィ~スト~」と歓声を送っているみたいですよ。ブーイングにも聞こえますよね。

    投稿: デンタルフロス | 2009年8月 2日 20:44

    TRINATIONS第3戦、南アのProp①ムタワリラ選手、3列並みの走力がありますが、彼がボールを持って快走するとホームなのにブーイングが起きるのはなぜ?土居アナウンサーも、小林さんもこの件には触れません。
    NZはスランプですね。この試合は最低の出来でしたが、あまり深刻に受け止めなくてもいいような気がします。いい時もあれば悪い時もある。人間のやること、必ず波はできますから。
    南アも残念ながら「強い」という印象はあまり持ちませんでした。NZのミスに乗じたおこぼれトライ1つだけですから。TRINATIONS、終わってみたらワラビーズが優勝したりして?とこの3か国は何が起きるかわかりませんね。

    投稿: エリス少年 | 2009年8月 2日 17:59

    今の南アは頭抜けています。あとしばらくはこの力関係が続く感じですね、NZは何か特長のあまりないチームになってきたように思います。でも南アに3連敗は絶対して欲しくないので次のホームでの試合は何としても勝って!

    投稿: kerikeri | 2009年8月 2日 16:12

    南アとの第2戦のNZのデキには正直がっかりした。
    NZは今季、U20やJABが好成績を残し、その内容(特にBKのプレー)も素晴らしかっただけに、肝心のオールブラックスだけが乗り遅れている感あり。
    自国開催のW杯までの契約でコーチ(G・ヘンリー)が変わらないのなら、思い切ってスコッドの方を変えるしかないのでは。
    1人の選手の加入でチームがガラッと変わることも確かにあるが、それを秋から復帰のD・カーターに期待するのは、いくら何でも負担が大き過ぎる。

    投稿: コドロニュー | 2009年8月 2日 14:09

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/45809230

    この記事へのトラックバック一覧です: 気になるヨコハマ:

    » 10年後のために [Dickersonの夢]
    何を言ったって、10年後にW杯はやってくる。もう後ろ向きではいられない。 もちろん、協会の改革、環境の向上が必要なのは言うまでもない。 しかし、我々ファンも何もしないわけにはいかない。... [続きを読む]

    受信: 2009年8月 3日 22:18

    « 文鳥舎閉店 | トップページ | ブロウの映画 »