« 巨大ラグビーボールが東京に! | トップページ | 男前4人目 »

7人制日本選抜、上海へ

今朝は庭の木蓮の葉っぱがいつのまにか、めちゃくちゃ伸びていたので、バッサリ切った。ついでに伸び放題のムクゲも。ムクゲの花は元気に咲き誇っている。

Mukuge

7人制ラグビーの話題では、2009年度より新設された「IRB アジアラグビーセブンズシリーズ」の上海セブンズ大会(9月12日~13日、上海にて開催)に7人制日本選抜が参加することが、緊急決定し、村田亙監督が急きょメンバーを編成した。

このシリーズは、IRB(国際ラグビーボード)とアジアラグビー協会が「IRBセブンズシリーズ(サーキットとして国際大会を実施)」への登竜門として、今年度6月上旬に新設を決定したもの。今年度、「アジアセブンズシリーズ」として認定された大会は、「上海セブンズ(9月12~13日)」と「ボルネオセブンズ(マレーシア・コタキナバル)(10月31日、11月1日)」。日本選抜は、IRBとARFUの要請で、2大会に参加することになった。2大会のランキング上位チームは、ARFUより、IRBセブンズシリーズへの参加推薦を受けることができるという。

招集された日本選抜メンバーは以下の通り。種目として採用されることが濃厚な2016年のオリンピックに向けて、どんどん若い選手を育ててもらいたい。

1フォラウ愛世、2上本茂基、3ロトアヘア・ポヒヴァ、4築城康拓、5正海智大、6末松勇喜、7朝見力弥、8鶴ヶ崎好昭、9岩井陸雄、10パエア・ミフィポセチ

トップリーグの話題では、第2節も各会場でいろいろな催しや企画があるのだが、9月12日(土)の秩父宮ラグビー場では、新たな秩父宮名物として、「TRYカレー」、「ラガー麺」、「プロップ牛丼」が登場する。なんだか花園ラグビー場みたいになってきましたな。

追記◎
10月31日(土)、国立競技場にて、開催されるニュージーランド代表オールブラックス対オーストラリア代表ワラビーズ「ニッスイ 東京2009ブレディスローカップ」の入場券の第二次販売が、9月12日より始まる。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 巨大ラグビーボールが東京に! | トップページ | 男前4人目 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    秩父宮の飲食販売はかなり貧弱な印象でしたのでそれが花園の二番煎じっぽく見えようが充実するのはとてもいいことだと思います。
    ただどうしてもお値段を考えるとスタジアム通りで調達することのほうが多くなるかな?

    朝見君7人制代表選出おめでとう!
    活躍してくれることを祈ります

    投稿: 三洋ファン | 2009年9月13日 17:47

    「トライカレー」って、完全に花園と…

    「ラガー麺」と聞くと、菅平にあったような…

    と思ってしまいました…(笑)

    投稿: 笹 | 2009年9月12日 18:55

    セブンスは今出れるメンバーで最強を作るべき!神戸製鋼の正面、伊藤は怪我ですか?または村田として戦力外?

    投稿: 中目黒 | 2009年9月11日 22:14

    村上さん、こんにちは。
    TLが始まり、私達ラグビーファンは今年も楽しませてもらってます。

    7人制ラグビーがオリンピック競技になれば、日本ラグビーの活性化にとっても重要な要素となることは皆さんがおっしゃっているとおりです。
    しかしながら、7人制ラグビーが一般に知られているかといえばNOでしょう。
    オリンピック競技に採用されるのが「7人制の」ラグビーだったとしても、イメージとしては「ラグビー」が採用されたというだけの取られ方です。
    そもそも「ラグビー」とは何人でやる競技かも知らない人だって多く、いまだに「ラグビー」には3Kのイメージがつきまとっているのが実情です。
    これでは正式にオリンピック競技に採用されたとしても、画期的な呼び水にできるのかどうか怪しいものです。
    一方で、日本のラグビー人口の多くが、本来のラグビーは15人でやるものと考えているのも確か。
    でもラグビーを知らない人はオリンピックでセブンズを見て、これがラグビーかって思うでしょう。

    セブンズの爽やかなイメージを増幅して新たなファンをつくり、本来の15人制も認知されるように仕向けるには。

    7人制ラグビーとかセブンズラグビーとか呼ばれていますが、いっその事全く新しいスポーツのように紹介される方が興味を持って見られるのではないでしょうか。
    新しい俗称(例えばラグセブンとか)をつけて、オリンピックで採用された聞き慣れない競技となれば、メディア注目度も上がります。
    実は前からあったラグビー競技のひとつということがわかっても、これまでの軌跡等を含めて関心が高まることで良い方向へ行きそうです。
    そんな7人制ラグビーの愛称やキャッチフレーズを募集するのもいいかも。

    新鮮であり、なおかつ現代の日本人には懐古的?なイメージも併せ持つスポーツが注目を集めない訳がありません。
    一見、「ラグビー」、これが、ちょっと違う、実は違う、ここが違う、とウンチク好きにも良いでしょう。
    「ラグセブン(例)」の認知度が高まれば、派生的に15人制ラグビーの情報も広がり、ラグビーの魅力を知る人が増えると期待します。

    ・・・素人の夢想ですが。

    投稿: 喇叭吹き | 2009年9月11日 15:10

    ラガー麺!! 
    反応してしまいました(笑)。
    いったいどんな麺?
    今度、機会があったら写真も載せてくださいね。
     
    この調子で、秩父宮も名物を増やしてもらいたいです。

    投稿: サファイヤ | 2009年9月11日 00:05

    今度の大型連休に私も上海に行きます。山口宇部空港から直行便。もちろんラグビーとは一切関係ありません。

    投稿: 大津OB | 2009年9月10日 22:53

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46172961

    この記事へのトラックバック一覧です: 7人制日本選抜、上海へ:

    « 巨大ラグビーボールが東京に! | トップページ | 男前4人目 »