« 関東新陣容説明会 | トップページ | 巨大ラグビーボールが東京に! »

ラグビー部誕生

ようやくトップリーグ開幕節の録画を見始めている。再昇格と初昇格の戦いとなったリコーブラックラムズ対ホンダヒート戦は、互いの意地がぶつかりあって面白い。自分たちの強みをぶつけるチャレンジは見ていて気持がいいものだ。ホンダのSH梁(ヤン)は力強い。FL金(キム)の動きはたしかに変則的。WTB山田の非凡さはご承知の通り。ナイストライだった。

リコーは、HO滝澤、LO田沼、SH池田らベテランの奮闘ぶりが、なんだか嬉しかったが、途中出場のラーカムはいつも通りワールドクラスのプレーを見せてくれた。自らのパントを追ってキックをチャージしトライしたプレー。何気ないけれど、チャージへ走るコース取りが素晴らしい。一瞬キッカーの視界から消えて角度を変えてチャージしている。これからも、ワールドクラスのプレー、たくさん見せてほしいなぁ。

ワールドクラスといえば、12日の土曜日、南アフリカ代表スプリングボクスを地元ハミルトンで迎え撃つニュージーランド代表オールブラックスのメンバーが発表されている。カーターはインサイドCTBに入る考えもあったようだが、結局、SOになった。ハーフ団は、ジミー・カウワン、ダン・カーターのコンビ。ワラビーズがスプリングボクスを破ったことで、オールブラックスにもトライネーションズ優勝のチャンスが出ている。この試合もタフな展開になりそうだ。

今朝(火曜日)の毎日新聞朝刊に、「東京朝鮮中高級学校、中級部にラグビー部誕生」の記事があった。東京朝鮮中高級学校の中級部(中学校)に、ラグビー部が誕生し、関係者が「中高6カ年計画で強化を」と張り切っているというもの。

東京の強豪高校はラグビースクールや中学からの経験者が多く、高校だけの強化ではなかなか全国大会出場がならないのが現実。そして、中級部にラグビーができたことで、中学-高校-朝鮮大学校-クラブチーム「高麗」と、生涯ラグビーを楽しむ環境ができたわけだ。記事は、國學院久我山の竹内監督の中級部ラグビー部創部を歓迎するコメントで締められている。初試合は今月13日か27日の予定。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関東新陣容説明会 | トップページ | 巨大ラグビーボールが東京に! »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    せっかく帰って来たんだからマカリスタのプレーも存分に見せてもらいたいんですけど
    やっぱ同世代にカーターがいる悲運ということでしょうか

    投稿: ナベゾ | 2009年9月 9日 05:51

    キューデンが超大物選手と接触のウワサ、本当でしょうか?

    投稿: rugbyhead | 2009年9月 9日 00:22

    オリンピック種目に7人制が採用されたなら、①中学校の体育に、ラグビー種目を年に10時間程度の必須授業として入れさせ、履修義務化を文科省に働きかけることです。②中学校において、夏の市内大会、県大会、全国大会にラグビー種目を入れるよう、市町村、県の教育委員会に働きかけ、大もしくは中規模中学校の参加を義務づけさせれば、簡単に日本におけるラグビー人口は増えます。中学校の部活が盛んになったのは東京オリンピックが決定した頃からですから、ちょうどいいチャンスだと思います。

    投稿: Y | 2009年9月 8日 23:21

    今年はJスポでハイネケンカップの放送はないのでしょうか?
    10月の放送予定表を見ても、昨シーズンのリピート放送分しかありません。
    もし無くなるのなら、楽しみにしていただけにとても残念です。

    投稿: ダイ | 2009年9月 8日 21:33

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46155979

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー部誕生:

    « 関東新陣容説明会 | トップページ | 巨大ラグビーボールが東京に! »