« TL第2節12日の結果 | トップページ | 北と西の鉄人 »

対抗戦駒沢の様子

日曜日は駒沢陸上競技場だった。慶應義塾大学対筑波大学戦をJSPORTSで解説した。天気がよかったこともあってか、駒沢オリンピック公園は、ジョギングや、さまざまなスポーツに興じる人であふれていた。この近くに住んだら、僕も身体動かしたくなるだろうなぁ。

創部110周年での優勝を目指し、春から調子のいい慶大はスクラム、ラインアウトが安定し、キックの応酬でも優位に戦い、ミスはあったものの機を見てボールをしつこくつないだ。CTB仲宗根、増田はさすがのボールキープ力を見せ、SO和田が竹本不在のなかで堂々とゲームをコントロール、最後はドロップゴールも決めてみせた。最終スコアは、31-3だった。

林雅人監督は、「セットプレーが良かったので、怖さはなかった。ただ、いい形でトライをとったのが1つだけでした。これが最低の試合としてチーム力を上げて行ければ」と、滑り出しはまずまずといった表情だった。ただ、FL松本キャプテンが足首を痛めて退場。診断結果はまだだが、約1か月ほどは戦列を離れる可能性が出てきた。あと1か月ほど復帰までかかりそうな竹本と並んで痛い怪我になった。

筑波大は、古川監督は「ディフェンスのチーム」と言うとおり、激しいタックルで粘ったが、ラインアウトが安定せず、せっかく攻め込んでもボールを確保できなかった。後半は、やや足も止まったように見えた。今年の筑波は、この日の先発も4人が1年生という若いチーム、HO彦坂圭克、WTB彦坂匡克は双子の兄弟、WTBの兄・匡克は切れ味あるステップワークでマークをかわしタッチライン際を快走するなど非凡な才能を披露。LO鶴谷、NO8山崎の1年生とは思えぬ力強いプレーをしていた。今後が楽しみだ。

この試合の前、東日本トップクラブリーグのディビジョン1が行われ、三鷹オールカマーズが、39-17で駒場WMMを下した。

他会場では、前日、明大が日体大に38-13で勝ったほか、日曜日は早大が成蹊大に106-0の大勝。帝京大は立教大を45-0とシャットアウトした。インフルエンザの影響で夏に練習試合ができなかった関東学大は、47-0で中央大を下す好スタートを切っている。

トップリーグ12日の結果は前日の日記に書いたが、第2節、残る1試合の結果は以下の通り。

三洋電機○44-22●リコー(前半13-22)

昨日、上海セブンズの1日目の結果をお伝えしたのだが、上海の友人が初日の様子を簡単に伝えてくれた。ありがとうございました。

《本日の日本選抜ですが、予選は軽く突破しましたが、韓国を相手に痛い敗北。韓国は体も一回り大きく、その割にはパスを駆使して、相手が少ないところで突破をはかるチームでした。日本選抜は昨日は飛行機遅れで上海到着が夜の11時過ぎ。今朝は6時起きで3試合と、韓国戦後半は見たところ、ヘロヘロの状態でした。試合は上本と末松のトライで前半は10-7でリードも、後半立て続けに2本取られたのが痛かった。ここからポヒヴァ→朝見で取り返し、17-21まで迫りますが、最後は時間稼ぎでゆっくりボールをまわす韓国に隙を突かれてトライを決められてしまいました》

最終日(9月13日)の結果は以下の通り。7人制日本選抜はカップトーナメント準優勝となった。

■試合結果
ラウンド2プールD2戦目
日本選抜○31-5●7人制中国代表(前半14-0)
カップ・セミファイナル
日本選抜○17-5●7人制香港代表(前半12-0)
カップ・ファイナル
日本選抜●19-42○7人制韓国代表(前半5-21)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第2節12日の結果 | トップページ | 北と西の鉄人 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    オリンピックに向け、もう一度ナワルさんにも戻って来てもらいたいですね
    セブンス

    投稿: ナベゾ | 2009年9月14日 05:21

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46202878

    この記事へのトラックバック一覧です: 対抗戦駒沢の様子:

    « TL第2節12日の結果 | トップページ | 北と西の鉄人 »