« 対抗戦駒沢の様子 | トップページ | 口内炎が »

北と西の鉄人

今朝の毎日新聞朝刊一面のコラム「余禄」に、釜石ラグビーのことが書かれていた。アフターマッチファンクションについても触れられている。その中に次のような文があった。

《釜石で東京大社会科学研究所が地域再生の可能性を探った。地元の高校同窓会の協力を得たアンケートで「ラグビーに関心がある人」のうち71.2%が釜石に「誇り」を持つとし、67.8%が「希望」があると回答した》

あのV7が残した財産だと思う。「希望」が多いのもいいな。同じ毎日新聞のスポーツ面には、「逆風の中で:第6部・働き方の選択/7 地元クラブで原点回帰」と題し、休部したワールドのラグビー部員について触れている。記事にはこうある。

《全国クラブ大会優勝3回の六甲クラブには、現役復帰した東田さんら元ワールドの13人が加入した。全体練習は土、日の週2回だが、兵庫県の強化指定チームになり、ほぼ単独チームで10月の新潟国体出場を決めた》

強化策を縮小するなど模索を続ける企業チームについての取材は、まだ続くようだ。注目しておきたい。それにしても東田さんの現役復帰、たしか47歳だったと思うけど、「西の鉄人」健在である。

昨日、香港セブンズの結果をご紹介して「日本は準優勝」と書いたが、上海の友人Mさんが、2日目の様子をメールしたくれた。以下の通り。

《カップトーナメント進出を掛けた重要な試合となった中国代表戦は、動きの固い相手に序盤から日本選抜が築城選手らを軸に好タックルを連発し、4連続トライで勝負を決めました。そのまま勢いに乗りカップトーナメントセミファイナルで香港を迎えましたが、ファラウ、パエアらによる突破が効果的で香港に挽回のスキをほとんど与えることなく勝利でファイナルへ。カップトーナメントファイナルの相手は前日敗れた韓国。韓国代表は昨日同様にアングルチェンジや飛ばしパスでフェイント入れながら中央付近から積極的にアタックし、日本選抜は連続3トライを奪われました。日本選抜にも時折のアタックの機会は巡ってきましたが、ボールキープができずに、ジャッカルされ、カウンター攻撃による失点もあり。セブンスの戦い方は韓国が何枚か上であることを感じました。
 後半7分からはコーチ兼任の岩渕選手も入り、ラインアウトからの展開で1トライを返しますが、韓国がダメ押しトライで最終スコアは42-19でした。しかし、若いチームがこの2日間を通じて大きく成長することがわかりました》

Mさん、情報ありがとうございました。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 対抗戦駒沢の様子 | トップページ | 口内炎が »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    上海セブンズで優勝した韓国も人選に苦労したようです。
     12日は韓国ラグビーの早慶戦「高麗大-延世大」定期戦があり両チームは不参加。日本にいる代表組もダメ。ベテランと若手の組み合わせでした。
     代表選手の写真をNEC安君や横河・李君(以上・高麗)、ヤマハ朴君(15人制主将。延世)に見せても3人分からない選手が、、。どうやら檀国大の学生とか。
     韓国には、この優勝が追い風になると思いますね。

    投稿: 韓国ラグビー情報 | 2009年9月15日 19:52

    村上さんはじめまして。
    東大が釜石市を研究しているのは、
    「希望学」という学問を立ち上げた
    先生が東大にいらっしゃるためのようです。
    昨日NHKの「クローズアップ現代」で
    その先生のインタビューを放送しており、
    釜石市の取材の様子も映っていました(ラグビーはありませんでしたが)。
    「希望」が多い…だからこそ、「希望学」の先生方は、
    釜石を研究対象とされたのだと思います。
    これもラグビーが与えた「財産」だと思うと、
    嬉しいですね。

    投稿: 鷹 彰吾 | 2009年9月15日 11:46

    協会のHPで敗戦の愚痴ともとれるような記事を目にしましたが、セブンスの鉄人としては、ずっとこの機会を窺っていたのでは?
    俄仕立てで人集めにも苦慮したようですが、やっぱり鉄人も試合に出たかったはずですよ
    これでオリンピックも現実味を帯びてきましたね
    ガンバレ、アイアン・ケニー!

    投稿: ナベゾ | 2009年9月15日 05:37

    春先に黒沢尻工業高校ラグビー部HPでOB総会懇親会の模様が写真で載っていました。OB会長は釜石の千田美智仁さんでした。最近まで射守矢さんがずっと監督をされていましたよ。毎年8月15日はラグビー部の黒工祭らしいです。

    投稿: 大津OB | 2009年9月14日 22:31

    東田さんが現役復帰…。あの伝説の伏見工vs大阪工大高のメンバーですよ。平尾さん、高崎監督らと同い年ですよね。頑張って欲しいものです。

    投稿: ジンジャーエール | 2009年9月14日 21:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « 対抗戦駒沢の様子 | トップページ | 口内炎が »