« 川下選手に会う | トップページ | TL第5節10日の結果 »

TL結果&7人制が五輪に

金曜夜の秩父宮ラグビー場は、サントリーサンゴリアス対ホンダヒートの港区ダービーが行われた。隣の神宮球場からは地鳴りのような歓声が響いてきたが、秩父宮の試合も互いに攻め合って見どころ多い派手な展開になった。立ち上がり、ホンダのCTBトゥプアイレイがパワフルな突進でゴールラインに迫り、ホンダファンが大いに盛り上がる。これを切り返してからは、概ねサントリーペースだったが、ホンダがWTB山田のカウンターアタックなどでペースを握って攻めるシーンもあり、観戦者には楽しめる試合だったかもしれない。

サントリーはSHグレーガンのパスさばきにチーム全体が呼応して動けるようになり、クイックラックから何度も連続攻撃を見せた。ここまで5トライのFB有賀のキレは一際目立った。圧巻は前半27分の攻撃。自陣中盤の中央スクラムから右に展開すると、有賀がライン参加。一人、二人、三人と個人技で相手をかわしてタッチライン際を快走し、最後はWTB長友にパスを返してトライを生み出した。有賀自身のトライこそなかったものの、獅子奮迅の活躍だった。

ホンダの木村キャプテンは、「激しいプレッシャーの中で、思うように攻撃できなかった。ディフェンスではいい面もあったが、あれだけ自陣でディフェンスする時間が長くなるととられてしまう」と予想以上の圧力を感じたようだった。一方、サントリーの佐々木キャプテンは、「(トライを)取りきるべきところで、しっかりスコアできなかった。相手に流れを渡してしまう時間帯も想像していたより長く、納得はいっていません。しかし、トップリーグはそう簡単に勝てるレベルではなくなっている。そういう意味では自分たちのやってきたことにプライドが持てる試合でした」と語った。

マンオブザマッチは、畠山健介。

◎トップリーグ第5節結果(9日)
サントリーサンゴリアス○52−5●ホンダヒート(前半26−0)

この試合中に7人制ラグビーのオリンピック正式種目採用決定の報が流れた。両チームの記者会見後、すぐに日本協会の真下昇副会長・専務理事、日本代表事業委員会の太田治GM、男子7人制日本代表の村田亙監督が出席して記者会見が行われた。

オリンピックのメダルを目指せることで、若いラグビー選手のモチベーションは高まるし、男女ともに競技人口増に期待はふくらむ。関係者のコメントは日本協会のホームページにアップされているが、会見では真下副会長・専務理事が「気を引き締めてかかりたい。まずは対象となるエイジレベルの強化をしなければいけないし、タレントの発掘もしなければいけない」とコメント。他競技からの人材も含めて幅広く強化を進める方向性を示唆した。女子についても、高校に女子ラグビー部を創設するなど女子ラグビー人口増加を推進するアイディアや、専任コーチのプロ契約などを考慮に入れて強化を本格化させるという。太田GMも、「メダルを目指して強化したい。国内大会の創設などさまさまな活動をしていきたい」と、国内7人制を活性化し、7人制代表のプロ契約なども考えていくことを明らかにした。

村田亙監督は具体的だった。「現状では1年に8大会行われているワールドセブンズシリーズに3大会しか参加できていない。世界のトップ12に入っていないので仕方ないのだが、2年後に12チームに入り、シリーズすべてに参加できるチームを作っていきたい。現実的には、結果を残さなければいけにワールドシリーズは、経験豊富な選手も含めた代表チームで戦い、もう一つ若手中心のチームを作って選手に経験を積ませながら育成したい」と、2チーム制の強化方針を語った。

7人制の世界大会はトップリーグなど国内シーズンを重なっており、7人制と15人制は適性ある選手を分けた形で強化する点で関係者の見解は一致しているようだ。選手確保に関して、トップリーグや各大学チームとの調整は今後の課題になる。しかし、2016年に中心となるのは、いまの高校生、大学生世代になるので、このあたりの選手をこれから鍛え上げ、プロ契約していくとなれば話は少し違ってくる。いずれにしても、オリンピックで7人制ラグビーが行われることは決まった。日本ラグビー界にW杯招致に続く大きなチャンスが巡ってきた。やるしかないのである。

追記◎ブレディスローカップ東京の公式HPに、先日行った舘ひろしさんのインタビューがアップされています。いい話を聞かせてくださっています。ぜひご一読を。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 川下選手に会う | トップページ | TL第5節10日の結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私も秩父宮にいました。
    ビジョンに「7人制がオリンピック種目に決定」と表示され、場内放送が流れたあと。

    サントリー応援団長 元PRさんが
    「プロップには関係ね~」と叫んでいたのが印象的でした。

    W杯日本開催決定、7人制のオリンピック決定。ラグビー界忙しくなりますね。

    投稿: 単身赴任パパ | 2009年10月10日 22:45

    はじめまして

    7人制についてどんな競技かと調べていた者ですが、勉強になりました。
    村田亙監督の具体的な方針は心強いですね。
    多くの高校生や大学生が今回のオリンピックのニュースに目を輝かせていれば良いなーと思いました。

    投稿: heth | 2009年10月10日 20:49

    有賀選手は、とてもアキレス腱を切ったとは思えないくらいの走りで魅せてくれましたね。

    ホンダもゴール前でのディフェンスの粘りで、サントリーを手こずらせていたし、最後に意地のトライを決めてスタンドも沸いてました。面白かったですよ。

    投稿: サファイヤ | 2009年10月10日 17:35

    そうなると大畑会長の仰るように、早期TL7'sの実現が待たれますね

    投稿: ナベゾ | 2009年10月10日 09:47

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46443163

    この記事へのトラックバック一覧です: TL結果&7人制が五輪に:

    » 7人制ラグビー オリンピック種目入り! [日生学園第二高校ラグビー蹴球部 “ラグビー魂”]
    こんにちは! 日生学園第二高校ラグビー蹴球部 “ラグビー魂” です! 朝、ニュースを見ていたら、 『7人制ラグビー オリンピック種目入り正式決定!』 のニュースが報道されていました。 2019年のラグビーW杯 日本開催とあわせて、ラグビー界には明るい話題が続きました。 思い返せば、中学時代に茨城県でラグビーを始めた顧問 西川ですが、最初に出場した試合は 『関東近県中学校7人制ラグビー大会』でした。 大学時代にも、 『YCAC招待7人制大会』 に出場し、今やトップリーグの強豪の東... [続きを読む]

    受信: 2009年10月10日 10:23

    « 川下選手に会う | トップページ | TL第5節10日の結果 »