« ブレディスローカップ前日 | トップページ | 明治対慶應結果 »

ブレディスローカップ東京結果

10311

午後5時20分、セレモニー開始。待ちきれない観客席がウェーブを始める。IRBのベルナール・ラパセ会長から挨拶があった。10年後、2019年ワールドカップ日本開催、そしてこの日行われるブレディスローカップへの期待が語られた。続いて、ジョナー・ロムー氏が登場すると大歓声が。「2019年のワールドカップ日本開催おめでとうございます。きょうは最高の舞台を楽しんでください。(中略)アリガトゴザイマシタ」。日本ラグビー協会の森喜朗会長は「大変なことになりました。この試合が日本で行われることになるなんて、夢にも思っていなかったのですが、実現しました。(中略)これからも日本ラグビーをぜひご支援ください」と語った。

10312

キックオフ直後から両者のタックルの激しさ、反応の早さ、ハンドリングスキルの巧みさで客席は何度も沸いた。立ち上がりはブレイクダウン(ボール争奪戦)でワラビーズが圧力をかけたが、オールブラックスも次第に盛り返した。ギタウ、カーターの両SOが互いにPGを決め合って6-3とワラビーズがリードして迎えた前半20分、オールブラックスは、ドネリー、マコウ、ムリアイナらが見事にパスをつなぎ、最後はWTBシヴィヴァトゥが左隅に飛び込む。ゴールも成功して10-6と逆転。その後、PGを決め合うもペースはオールブラックスに傾くかと思われた。しかし、34分、ワラビーズはSHゲニアの好判断のロングパスからWTBハインズが右コーナーぎりぎりにトライし、16-13と逆転に成功する。

ハーフタイム。観客数が44,030人の発表。聖火台の周辺は少し空席があったがあとは概ね埋まっていた。

後半開始まもなくオールブラックスWTBジェーンのオフロードパスからCTBスミスが右中間にトライして、20-16とゲームは二転三転する展開に。ワラビーズもなんとか7点差として残り10分、ここからはワラビーズの反則が多くなり、SOカーターがPGを次々に決めた。アシュリークーパーのカウンターアタックなどで何度かチャンスを作ったワラビーズだが、ミスでそれを生かせなかった。

後半、ジョージ・スミスが登場すると大歓声が起こるなど、海外ラグビーのスター選手達が日本でも浸透していることを感じさせる反応も多かった。ワラビーズがよくスコアを離されずついていったが、やはりゲームメイカーのインサイドCTBベーリック・バーンズの欠場は痛かった。オールブラックスのディフェンスに与えるプレッシャーが足りなかった気がする。

東京での初開催。よく仕事をするソーンや、マコウの流れを変えるプレー、ギタウの切れ、ゲニアの運動能力の高いプレーなどなど、素晴らしいプレーは山のようにあった。

試合後の会見。ワラビーズは、エルソム主将、ディーンズ監督、ギニア、ギタウの2選手が出てきたが、みな、敗戦に厳しい表情だった。
「敵陣22mライン内に入ったところでミスをするなど、チャンスを生かせなかった。後半も我慢強く戦えたが、細かいパスが通らずボールをキープできませんでした」(ギタウ)
「ブレイクダウンは以前より良くなっていたが、セットピースでプレッシャーをかけることができなかった。改善したい。しかし、観衆の熱心さには心を打たれました」(ディーンズ監督)

オールブラックスは、ヘンリー監督、ハンセン、スミス両コーチに、マコウ主将が出席。「結果は満足ですが、まだ70%くらいの出来で課題が多いのは確かです。きょうのワラビーズは我々にプレッシャーを与えました。その中で今年4連勝できたことは素晴らしい。この後のツアーに勢いがつくと思います」(ヘンリー監督)

日本の観衆に対する質問について。
「大観衆の前でプレーできたことは素晴らしい。黒いジャージを着ているファンも多く、嬉しかったです。良いラグビーのプレー、スピリットも見せることができました。日本のファンのみなさんにも楽しんでもらえたと思います」(マコウ主将)

「オールブラックスのサポーターがこんなにたくさん日本に住んでいるとは知りませんでした。素晴らしい試合を見てもらえて良かった。日本でのラグビー人気がさらに高まれば嬉しいです」(ヘンリー監督)

◎ブレディスローカップ東京結果
ニュージーランド代表オールブラックス○32-19●オーストラリア代表ワラビーズ(前半13-16)

関東大学対抗戦◎この試合の前、秩父宮ラグビー場で早大対帝京大の試合を取材した。素速い展開を目指したはずの早大だが、ブレイクダウンで再三ターンオーバーを許すなど、帝京大の粘り強い防御の前に攻撃が継続できず。双方ノートライのまま、6-3で早大が競り勝った。
「タイトなゲームで力を出し切れなかったが、粘り強いタックル、アタックはできたと思う」と帝京大の野口主将。早大の中竹監督は勝ちはしたものの、「終始受けてしまい、やりたいことが何も出来ない0点に近いゲーム内容でした。ボールを展開しないと早稲田のラグビーにならない」と厳しいコメント。その言葉通り、両チームともキックが多く、もっともっとボールを動かしてチャレンジしてほしかった気がした。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ブレディスローカップ前日 | トップページ | 明治対慶應結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    TMOは時間かかりすぎましたね。
    ローレンスさんが、平林さんとTMOのやりとりで、いらいらしてトライにしたとゆうのはほんとですか?

    まだレフリング等世界に追い付いてないのが現状でしょうけど、頑張ってほしいです

    投稿: 堀内 | 2009年11月 3日 11:17

    ブレディスローカップ最高でした。
    しかし、出来れば観客席の近いトラックの無い
    競技場でもっと間近に見たかったなあ。

    運営面には、非常に不満があります。
    音楽もなっていないのに旗が出てくるとか
    メンバー紹介もTOPリーグの人の方が
    ぜんぜんいいね。
    いつだかみたいなスタンドから入場見たいなのは
    やりすぎですが、もう少し盛り上がるような
    ものはほしいですね。

    一番感動したのは、
    試合後ニュージーランドの控え選手たちが
    ずーっとタッチフットをやっていた姿でした。
    東京まで来て試合も終わっているのに
    あそこまでやっているのですから、
    心底すきなんでしょうね、ラグビーが。

    投稿: しんさん | 2009年11月 2日 19:20

     村上さん、ラグビー取材お疲れ様です。

     私も、ブレディスローカップ思う存分楽しむことが出来ました。まさか、国立に4万4千人と隠れラグビーファンがいることに凄く感激しました。後の余韻は、今週土曜日J-SPORTSでオンエアされるので思う存分楽しみます。もちろん、村上さんと博士との小ネタ(オンエア中での)、待ってま~す。更に、カーワンHC以下、ラグビー日本代表スコッド44名も観戦したということで、7日熊谷ラグビー場で行われるセレクションマッチで26名残れるよう、必死に頑張ってほしいです。昨日の試合をきっかけに。15日(仙台)、21日(秩父宮)で行われる宿敵カナダ代表とのテストマッチは、スタンドを満員にして2試合、内容こだわらなくてもいいから、とにかく勝って欲しいです。

     明後日(3日文化の日)、東京タワーで巨大ラグビーボールを体験してから、14日「愛好日記3発売記念トークイベント」に申し込んだので、参加させていただきます。

     これからもよろしくお願いします。 

     「ラグビーに愛を!」

    投稿: Wakazou | 2009年11月 1日 20:09

    トップリーグを貶める発言が目立ちますが、トップリーグも十分おもしろいですよ。
    スピーディーですし、おもしろい試合率が高いです。
    数年(数十年?)ぶりにラグビーを観戦されたという方が多いのかなという気がしますが、これを機にぜひトップリーグ会場へも。

    ブレ杯ももちろん堪能させて頂きました。
    選手はもちろん、レジェンドもたくさん来ていて、ミーハーに写真を撮りまくってしまいました。

    投稿: ぽむぽむ | 2009年11月 1日 18:17

    本当に素晴らしい試合でしたが、運営面について2つ気になる点がありました。

    ・座席について

    灯火台の両サイドに空席が目立ちました(カテゴリー2or3)。一方、自由席には立ち見の方が多数いらっしゃいました。

    灯火台付近は自由席の扱いでもよかったのかもしれません。私でも灯火台付近で高いお金を払うより、安い自由席を選んでいたと思います。

    座席のエリア、価格設定については、今後見直しした方がよいかもしれませんね。


    ・売店のビール

    売店のビールを買うのに約一時間掛かりました。ギリギリ試合開始には間に合いましたが。

    売店ではビールを、缶ビールから、紙コップにうつして販売してました。時間が掛かってしまうわけです。

    並んでいた日本人も外国人も不満を漏らしてました。

    外国人の方は、競技場で多量のビールを飲むようです。

    販売方法を改善した方がよいかもしれません。

    おいしいお酒を飲みながら、会場の雰囲気を楽しんで、キックオフを待つ。これもひとつの楽しみ方です。

    2019年のワールドカップ開催に向けて課題はさくさんありますね。


    私自身、サラリーマンですが、職場の同僚にラグビーの魅力を伝える、一緒に試合を観に行くなど、出来る事をコツコツやっていきます。

    投稿: とむお | 2009年11月 1日 16:15

    何のためのブ杯日本開催なのか。

    メディアの露出は高校ラグビー決勝以下。

    投稿: リッヒ | 2009年11月 1日 15:13

    マナーは大事。

    投稿: とむお | 2009年11月 1日 14:48

    観戦マナーは大事な事だと思います

    投稿: 日曜日 | 2009年11月 1日 14:07

    村上さん、こんにちは。

    選手がグラウンドに出てきたときは鳥肌が立ちました。
    そして両国の国歌を聞き終わったときには、
    感激しすぎて目がうるんでしまいました。
    ハカも感激。でも贅沢を言えばニューバージョンが見たかったです。
    内容は、多少ミスも多かったように思えますが、
    少しも目が離せないプレーに満足です。
    (ワラビーズが負けたのは悔しいけど)

    夢のような一夜を実現してくれた人達にはとても感謝しています。
    ”また東京にブレディスローカップを”
    プレミアムシートのために貯金して待ってます。

    余談ですが、誰かに遭遇した時のために、
    以前グレーガンにサインしてもらったジャージを持参したのですが、
    なんと近くにラーカムが。
    試合終了後サインをもらったのですが、
    その時グレーガンのサインを見て「オオッ、ジョージ」って言ってました。

    投稿: チロ | 2009年11月 1日 12:55

    マナーうんぬんとか、トップリーグの方が面白いとかなんとか言う人は、盛り上がりの輪の中から外れて競技場の端っこで難しい顔してじっくり観るか、トップリーグ限定で観てた方がいいんじゃないですか。

    投稿: ムニエル | 2009年11月 1日 12:23

    南アからマーク・ローレンスさん、ジュベールさんが来てくれたのは嬉しかった。スムースに流れていて、ゲームを堪能しました。平林さんがローレンスさんにTMOの通訳をしていたのは面白かったですね。

    投稿: デンタルフロス | 2009年11月 1日 08:35

    試合前のワラビーズの練習、3対2のうまさから度肝を抜かれました。
    誰もさぼらない、誰も無駄な事をしない。難を言えば、あのレベルのゲームで、あれだけハンドリングエラーが多いのはちょっといただけない気がしました。
    夢のような80分。
    試合後、オールブラックスのリザーブメンバーがタッチフットをやっていたのもいいシーンでした。彼らは本当にラグビーが好きなのですね。

    投稿: 道楽者 | 2009年11月 1日 07:33

    ウェーブなんてプレーヤーは気にする余裕ないから大丈夫~happy02(幼少時は皆やってますよ~)
    それにウェーブって、どの国でも問題になってないと思いますよ~
    うーん...だって北半球の観客のマナーもそれなりですよ。
    キャンピージー最後の試合の96年トゥィケナムでのバーバーズとの試合でもキャンピージー氏のプレーでタックルされると、嘲笑して観ていた観客が多かったり、95年のトゥルーズでの1戦目フランスとオールブラックスの試合では、驚くほどのブーイングでカルハイン選手がプレースキックにプレッシャーを受けていましたし。。。
    日本でも高校の東京決勝で某高校の付属の小学生の応援で他校に対してのブーイング等。。。(同じ小学生で観戦していた自分もびっくり、忘れられないなぁ)
    でも全部の試合がそうではないですし、同じ国でも地域によっても違います。
    みんな、それなりに応援に必死なんだと思ってますが。

    でもそれより、オーストラリアもニュージーランドも真摯なプレーで良かったじゃないですか~
    要には試合内容です。(が、確かにオーストラリアはメンバー変更が響いたような…綿密に練られた作戦ほど、直前の編成に響きますね)
    しかし、今後の大きな試合の開催には改善が必要ですね~
    外人がスタジアムでbeer飲むのは半端じゃないんだから、がんがん売りつけ、更に国立に飲食やグッズの開発に励み、儲け、その分チケットを安くしましょうよ~
    それとインゴールが国立短すぎ~(アブナイ~・)
    プレーヤーに支障がなく、かつ安全にで、日本がワールドカップのときには、より良い環境でゲームが楽しめたら良いですねlovely 
    面白いゲームが生で観たい!
    ただ、それが私の願いです。catface

    投稿: rua・toru | 2009年11月 1日 04:30

    早稲田対帝京のレフリーは贔屓うんぬんより、単純にスキルが低いと感じました。両チームのプレイの質は高かっただけに残念....
    2019年に向けてレフリーの育成も急務ですね。ラグビーってもっと気持ちのいいもんだと思うんです!プレーヤーにとっても、観戦者にとっても.....

    投稿: 伯爵 | 2009年11月 1日 02:01

    国立で観戦後、新幹線で神戸に帰宅してきました。
    ブレイクダウンへの寄りの速さや圧力は普段見ている神戸のそれと倍以上の違いがあったように感じました。
    タックルやキッカーへのチャージも凄まじい迫力。
    ボールへの執念。
    これが本当のRugbyなんだなと感じました。(普段我々が生で見ているものはカタカナの「ラグビー」であり、似て非なるものと痛感しました。柔道とオリンピックで行われているJudoが違うように。)
    交通費をかけて見に行った甲斐がありました。
    ちなみに、試合前のウェーブは参加しましたが試合中は完全に無視しました。選手に失礼だと思ったからです。

    投稿: 神戸製鋼ファン | 2009年11月 1日 01:53

    とにかく約20年ぶりの国立満席でのラグビー観戦にまず涙。
    昔、会社の研修でフランスにいた時見に行った5カ国(当時)対抗以来のテストマッチの雰囲気にまた涙。
    そして、本物の気合が入ったハカにまた涙。
    トップリーグの方が面白かったなんていうのは素人です。
    絶対に負けられない試合でショットを選択するかどうかの緊迫感が醍醐味なのです。
    NZのパス回し見事でした。昼間の早稲田なんか足元にもおよばないなという感じ、あっと言う間にタッチライン近くまで運ぶし、その間に縦も入れるし、久しぶりにラグビーを堪能しました。

    投稿: 高島 | 2009年11月 1日 00:50

    カテゴリー2のメイン側GETで、大喜びで見に行ったら、なんと一番ゴール寄りの最上段。グランドが、とっ、とっ、遠い!PGがたくさん決まったのと、NZが勝ったことだけは良く分かったのですが…ガラガラの記者席がうらめしい(村上さんがパソコン叩いてました)。普段用無しの双眼鏡活用も虚しく、全く楽しめず、早稲田対帝京を振り返りながら帰宅(早稲田のスクラム選択でどよめきが。日本のラグビーって楽しいなぁ)。埼玉県民として、上田知事に埼玉スタジアムのラグビーでの使用許可を貰いに行かなきゃ。1日と3日は、秩父宮メイン自由の最良席を、早起きしての確保がマストであることは言うまでもありません。

    投稿: 坂石町分 | 2009年11月 1日 00:21

    一日で生三試合観られるのは幸せです。しかもトリがブレディースローカップ!
    にわかファンとしては最高でたまりませんでした!

    それとウェーブに関しては構わないかなと。
    正直お祭りな側面もありますし、小さいウェーブはカテゴリー上位でたいていは解消してました。
    それぞれの観戦方法でよいのではと思います。

    次は日本対カナダ!こちらも盛り上げて行きましょう!

    投稿: ミキティ | 2009年11月 1日 00:18

    “川崎さん”の言う通りsign01sign01素直に生で世界トップの試合を見たことを喜べばいいのにねsign01sign01sign01sign01
    “トップリーグのほうが面白い”というのにはガックリきました。。。

    投稿: 花園 | 2009年11月 1日 00:13

    接点の迫力はまさに世界トップクラスだと思いました。ただもうちょっとトライをねらう作戦にでて欲しかったかな。 どうせ優勝は決まっている訳だし。観戦マナーについてはゴールキックを狙う時のウェーブだけ止めるべきだと思いました。あとはあの雰囲気は結構好きです。だって「お祭り」なんだから!!

    投稿: その辺の人 | 2009年11月 1日 00:11

    まず、生で観戦できたことを素直に喜びたいです。
    ノヌーの突破があまり見られなかったのがちょっと残念ではありますが、ガチのぶつかり合いはやはり迫力がありました。
    周りにも多くの外国人がいてなんとなくワールドカップの雰囲気を味わえたように思います。前列に座ってたニュージーランド人らしい男性と握手までしてしまいました。
    観戦マナーについてはなんともいえません。Jリーグなどでも相手チームのPKなどには相当ノイズがあるように思うんですが....

    投稿: ウエチャン | 2009年10月31日 23:57

    ラグビー観戦マナーはJAPANがNZに勝っているとか、KIWI等のお祭り騒ぎはちょっとか、つまらないことを言う、拘る人がいるもんですね。楽しみ方なんて人それぞれ。 こういう堅物のようなラグビーファンがいるから、ラグビーというスポーツがなかなか広まっていかない要因の一つなのかも。

    投稿: 川崎 | 2009年10月31日 23:56

    lovelyすごくすごく興奮しています。目の前でオールブラックスとワラビーズの試合が観られたなんて、夢のような一日でした。ただ、これからラグビーを盛り上げて行くのに、子供向けのイベント(香港でのブレディスローカップのように)なども行って欲しかった…

    投稿: のりっちー | 2009年10月31日 23:17

    今日のブレディスローカップ東京はとても興奮しました!年内小遣い分を奮発して良かった!!
    外人さんは、ちゃんとプレイを見てオフサイドやペナルティに反応しつつも、すんごいビールがぶ飲みで、映画で聞く様な台詞が飛び交ってましたね。^^;

    投稿: kom | 2009年10月31日 23:03

    高額なチケットを購入し、楽しみにしていたが、全くの凡戦だった。日頃、トップリーグの早いラグビーに慣れているので非常に遅く感じた。特に、PGを狙う、あの長い間が辛い。また超一流のチームでも、強力なディフェンスの前ではノックオンばかり。トップリーグの方が面白いと思いました。.

    投稿: ピアノマン | 2009年10月31日 22:46

    ブレディスローカップを生で見れただけで幸せ。ただ、吉田〜元木明治の黄金期を共に過ごした世代としては40000人ではちょっと不満です。2019に決勝は〉60000人になりますように祈ります。何かできることないかな。とりあえず息子をジャパンのフライハーフにします。あと観戦マナーについてご意見がありましたが、私も日本の観戦姿勢の方が好きで、KIWI等のお祭り騒ぎはちょっと。NZで観戦した当時のNPCは日本的だったように記憶しています。ただ日本のプロ野球の応援をみていると国技(かな)の観戦模様は同様なような気もしますが。

    投稿: *No.8 | 2009年10月31日 22:43

    そうですね。対抗戦の笛はいまいちでしたね。早稲田のラインアウトはノットストレートが多かった。スクイーズも多かったように思えます。しかし、帝京の選手もルールを知らないんじゃないかと疑うような(そんなはずはないと思いますが)明らかな反則が多すぎます。
    両方ともディフェンスは素晴らしかったので、ちょっと残念ですね。

    投稿: ラグビー中年 | 2009年10月31日 22:16

    南半球の人たちは特にですが、ラグビーやプレーを楽しみに見に来てると言うより、お祭り気分で見に来ている傾向が多くの人に見られます。RWC2003の時にもそう感じました。文化の違いといばそれまでですが、プレー中にウエイブ煽るような行動は(たとえ王国の人たちであっても)感心しないし、あまり北半球では見られません。
    ラグビー観戦マナーはJAPANがNZに勝っていると改めて思いました。

    投稿: エリス少年 | 2009年10月31日 22:04

    今日の対抗戦のレフリーはいかがなものかと…

    投稿: もぐ | 2009年10月31日 21:31

    物凄く興奮しましたsign03

    こんなにラグビーファンがいたなんて驚きましたsign03

    リッチマコウ最高shine

    投稿: ゼットン | 2009年10月31日 21:17

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46634399

    この記事へのトラックバック一覧です: ブレディスローカップ東京結果:

    » 生ハカ ブロディスローカップ2009東京 [まる≠楕円・・・? ふたたび]
    「ハカ ブロディスローカップ2009東京 」 ブレディスローカップに行ってきまし [続きを読む]

    受信: 2009年11月 1日 12:45

    » ラグビー・ブレディスローカップに感激しました!! [IXY-nob]
    昨夜はラグビーのニュージーランド代表(オールブラックス)対オーストラリア代表(ワラービーズ)の定期戦・ブレディスローカップをテレビ観戦。観客動員を憂慮していましたが、国立競技場がほぼ満員(4.4万人とのこと)になっていて安心しました。 そして、両チーム選手の入場・国歌、続いてオールブラックスのハカ、「これを日本でやっているんだ!」と思うと不覚にも涙が・・・。試合は前半ワラビーズのディフェンスが冴えて、ニュージーランドが攻めあぐねていましたが、後半ワラビーの足が止まった時間帯にオールブラックスが集中力... [続きを読む]

    受信: 2009年11月 1日 12:46

    » ニッスイ東京2009 ブレディスローカップ 国立競技場は沸きに沸いた。 [ココロミ]
    ニッスイ東京2009 ブレディスローカップ、観戦してまいりました! 国立競技場には、キックオフより1時間以上も前に到着。でも、早く行って正解でした。だって、ジャスティン・マーシャルやティム・ホランが見られたし、両チームの練習風景も見られちゃったもんね。WOWOW解説組みの平尾、大八木さんらもおりましたよ。 さて、ニュージーランド代表(オールブラックス)とオーストラリア代表(ワラビーズ)のゲームが始まると、「うわっ、違う!! 何もかもが違う!!」と、目の前で繰り広げられるそのプレイに、大興奮でご... [続きを読む]

    受信: 2009年11月 4日 23:29

    « ブレディスローカップ前日 | トップページ | 明治対慶應結果 »