« 巨大ボール一般公開 | トップページ | 16番目のオールブラックス »

バーンズ負傷

29日(木曜日)は、朝からオーストリア代表ワラビーズの練習を見てきた。ワラビーズは、カメラさえ回さなければ練習をメディアにすべて見せてくれる。オールブラックスより、かなり大らかである。とにかく驚くのは、各選手の腕の太さだ。BKの選手もみんな太い。ギタウの筋肉には惚れ惚れする。

Aus1

ロビー・ディーンズ監督は自ら先頭に立って練習を指揮する人だ。SOマット・ギタウとなにやら話しているところを撮ってみた。

Aus3

19歳のジェームズ・オコナー、可愛いが男前である。愛称「ラビット」。

Aus4

時間が前後するが、これは練習の終盤に行われたスクラム練習。スクラムの専門家ノリエガコーチが厳しくリードしていた。低いっ! 写真はBチーム。Aチームはもっと低くて強力なまとまりだった。巨漢選手にこんなに低く組まれたら、日本が勝つのは大変な努力と理論が必要だなぁ。

Aus2

全体の練習はオーソドックスだったが、それぞれのパススピードが驚くほど速い(ボールを持つのはWTBドリュー・ミッチェル)。練習開始から約1時間、BKラインがディフェンスをつけてのコンビネーション練習をしているところで、CTBベーリック・バーンズが倒れた。スタッフの肩を借りてグラウンドの外へ。しばらく左足首を冷やしたりしていたが、病院へ行くことに。その後、チーム広報から、バーンズが土曜日の試合を欠場することが明かされ、インサイドCTBにFBからアダム・アシュリークーパーが上がり、FBにリザーブに入る予定だったオコナーが入ることになった。リザーブの代役はまだ明らかではない。

Aus6

午後、ホテルでの会見に出席したワラビーズの面々。左からWTBディグビー・イオアネ、PRベン・ロビンソン、LOジェームズ・ホーウィル、CTBライアン・クロス、NO8ワイクリフ・パールーの5選手である。広報担当者から「きょうは、あまり話さない選手が多い」と聞かされていたのだが、ベン・ロビンソンはよく話していた。バーンズが抜けたことについて、ホーウィルは「大切な選手が抜けて残念だけど、他にもいい選手がいるし、戦力ダウンはない」と前向き発言。クロスも、「ランニングスタイルのCTB2人になるから、プレースタイルは変更せざるを得ないけど、大丈夫だよ」と笑顔だった。

Aus5

練習グラウンドに顔を見せた元日本代表ホポイ・タイオネさんと、HOタタフ・ポロタナウ選手。この日記で、ポロタナウ選手はホポイさんの甥だと書いたのだが、ホポイさんによると、ホポイさんのお父さんと、ポロタナウ選手のお母さんが近い親戚なのだとか。それって日本では甥って言わないよ、と突っ込んだら、「トンガでは、そういう関係でもアンクルと言うんです」とのこと。そう言われれば仕方ない。ポロタナウ選手のおじさんということにしよう。おもしろかったのは、2人が日本語で話していたこと。ポロタナウ選手は高校時代から日本に来たかったらしく、それをホポイさんが「おまえはワラビーズになれるから」と止めていたのだそうだ。でも、いまだに「日本に行けばもっと良かったかもしれないよ」と話しているのだという。「あいつ、ほんとに日本が好きで、インターネットで勉強してるんだよ。おもしろいやつ」(ホポイさん)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 巨大ボール一般公開 | トップページ | 16番目のオールブラックス »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    28日に、新宿の高島屋でワラビーズの選手たちと遭遇しました。一人はワイクリフ・パールー選手、後の二人は???。不勉強を反省・・・(笑)
    写真を撮ってもらいました!
    遠くから見てもめちゃくちゃ目立っていました!

    投稿: izumi | 2009年10月30日 00:53

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46616398

    この記事へのトラックバック一覧です: バーンズ負傷:

    « 巨大ボール一般公開 | トップページ | 16番目のオールブラックス »