« 関東大学12日の結果 | トップページ | 仙台の夜 »

クボタ李選手に会う

13日の昼間、クボタスピアーズの船橋グラウンドで、SH李明根(リ・ミョングン)選手のインタビューをした。過去に韓国出身の選手には何度かインタビューしたことがあるのだが、たいてい爽やかな気分になれる。きょうもそうだった。

Lee

李選手は流ちょうな日本語でストレートにラグビーへの愛情を語ってくれた。「僕はラグビーが大好きなんですよ。パスするのも、走るのも、タックルを受けるのだって」。先日、JSPORTSでクボタ対コカ・コーラウエストの試合を解説したのだが、李選手のパスさばきの上手さ、運動能力の高さに感心させられた。

韓国には優れたSHがたくさんいる。どんな練習をしていたのですか? と問いかけてみると、中学の頃、SH出身の監督に鍛えられたのだという。たとえば、パスした後、バーの下をくぐる練習を繰り返し、常に低い姿勢で動き回る訓練をした。また、難しいボールをさばくため、ラインアウトなどから出てくるボールも、わざと強く出したり、変な回転をかけたり、とにかく負荷をかけて練習したのだそうだ。

で、結局何で鍛えられたかといえば、とにかく走る練習だという。メニューを教えてくれたのだが、普通の練習後に、400m走1分以内を連続14本走り、そのあと、200m、100m、50mを走ったとか、ちょっと信じられない量だった。「僕もいまとなっては、どうやって走っていたのか分からないんです。とにかく練習が終わると、きつくてご飯が食べられなかったです」と李選手も改めてタフな練習を振り返って、信じられない思いのようだった。

現在31歳。「村田さんみたいに、できれば40歳までプレーしたい」という李選手。ワールドラグビー部が活動を停止したとき、ラグビーを続けるのを諦めかけていたのだが、クボタから声がかかった。「ほんとに嬉しかったですよ。好きなラグビーができて、それが仕事だなんて、ほんとに幸せです」と、本当に楽しそうに語ってくれた。クボタでも、その一生懸命の練習態度がチームメイトにいい影響を与えているようだ。この内容は、10月下旬発行の日本ラグビー協会機関誌に掲載される予定。

ありがとう、李選手。僕も幸せな気分になりました。さて、これから僕は仙台のトークイベント会場に向かう。その様子はまた明日にでも。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関東大学12日の結果 | トップページ | 仙台の夜 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    さすがにキムチの秘密までは明かしてくれなかったようですね

    投稿: ナベゾ | 2009年10月14日 05:40

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46474894

    この記事へのトラックバック一覧です: クボタ李選手に会う:

    » 1108韓国ラグビーを楽しむ集い(李選手らゲスト) [韓国ラグビー情報=한국럭비 정보]
    韓国ラグビー選手との交流会&韓国料理を食べたいという声が春以降、聞こえてきました [続きを読む]

    受信: 2009年10月13日 17:39

    » 【漫画】 15 フィフティーン 名刹工業高校ラグビー部 [まる≠楕円・・・? ふたたび]
    久々にラグビー漫画に出逢えましたのでご紹介です。 SQUARE ENIX のガン [続きを読む]

    受信: 2009年10月13日 19:24

    « 関東大学12日の結果 | トップページ | 仙台の夜 »