« TL第5節10日の結果 | トップページ | 関東大学12日の結果 »

TL第5節11日の結果

11日は、家にいなければいけない用事があって、神戸で行われたトップリーグ2試合をJSPORTS観戦した。

福岡サニックスブルース対トヨタ自動車ヴェルブリッツ戦は期待通りサニックスが細かくパスをつないで振り回すところから始まった。ただし、トヨタはスクラムで優位に立ち、CTB難波、SO黒宮らがディフェンスラインに接近したところで前にでる積極的なランニングでチャンスを作り、クイックラックから黒宮が逆転トライ(7-3)。前半終了間際にもゴール前のスクラムからNO8菊谷、SH麻田でショートサイドをつき、麻田がインゴールに飛び込んだ。後半は「縦方向にボールを動かしていこう」と石井監督。その言葉通り、FWの縦をからめながら着々とトライを重ねた。難波、FBアイイは絶好調。WTB城戸も思い切りのいいインターセプトで突き放すトライをあげるなど、ルーキーらしく活きのいいプレーぶりだった。いい感じの男前である。スコアは開いたが互いに攻め合って観る者を飽きさせない試合だった気がする。

2試合目はいつも接戦になる両チームらしい内容だった。立ち上がりは神戸製鋼コベルコスティーラーズが、CTB今村、WTB大畑のトライでリード。NECグリーンロケッツもSOに起用したヤコ・ファンデルベストハイゼンを軸にボールを散らして攻めるたかとおもえば、FWがしつこく密集サイドをつくなどバランスのいい攻撃を見せて前半終了間際に14-10と逆転に成功した。後半14分に数分間におよぶ長い攻防の末、NECのWTB窪田がトライして24-10、ここが勝敗の分かれ目かと思ったが、以降は神戸製鋼が、CTB元木のディフェンスをかわす匠の技などで猛反撃。20-24と4点差に迫った終了間際、NECが時間を使いながら上手く攻めていたところで反則を犯し、このPKからSH後藤が仕掛け、元木、今村とパスが渡り今村が冷静にディフェンスをかわして、約80mの独走トライ。27-24で劇的勝利をあげた。勝ちきれなかったNECだが、7点差以内の負けに与えられるボーナス点「1」は獲得した。

盛岡ではリコーが東芝に大健闘したようだが最後に突き放されている。強さを見せつける三洋電機(勝点23)、サントリー(22)、トヨタ自動車(20)がトップ3を占め、東芝(17)、神戸製鋼(16)らがこれを追う展開だが、クボタ(14)、コカ・コーラ(13)と勝点差は接近しており、まだまだもつれそう。来週は、サントリーとトヨタ、その次の週は三洋とトヨタという直接対決がある。前半戦の山場だ。

ところで、きょうテレビを観ていて一番感心したのは、マンオブザマッチを受けた神戸製鋼の今村選手が質問に堂々と答えていたこと。高校、大学時代、無口で寡黙だった選手なのだが、大人になったなぁなんて、ちょっとお父さん気分になってしまった。

そういえば、今節のマンオブザマッチは、全員が初受賞で日本人選手だった。しかも文句なしの受賞者が多い。若い力も出てきている。この調子で行こう!


◎トップリーグ第5節結果(11日)
トヨタ自動車○56-10●サニックス(前半14-3)
神戸製鋼○27-24●NEC(前半10-11)
東芝○36-21●リコー(前半29-6)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第5節10日の結果 | トップページ | 関東大学12日の結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ヤコは久しぶりに来日直後時のような気持ちの入った切れのある動きだったと思います。
    最後は残念でしたが、時間を稼いで逃げ切ることは考えて欲しくなかった、攻めてほしかった。

    投稿: kerikeri | 2009年10月13日 10:01

    日頃トップリーグ中心に観戦しているが、珍しく流通対応関東に行ってきました。とにかく、わざと外してると、思われるよう程にPK、GKが入らなくて、緊張感のない試合でした。なんで日本人はキックが下手くそなんだろう?

    投稿: ピアノマン | 2009年10月12日 18:22

    こんにちは、はじめまして。

    昨日、ユニバに行ってきました。この試合MBSで深夜に録画放送していたのですが、
    スタンドにいる自分が映ったのですが、ちょうどペットボトルの水を飲んでいるところ
    でした。
    そういえばぴあトークバトルで平尾総監督が水を飲むシーンがやたら映るという話を
    思い出してしまいました。

    神戸は日本選手権のリベンジができたので嬉しいですね。しかしNECはどうしちゃった
    んでしょう?巻き返しに期待したいですね。

    #この試合前半終了は11-10だと思います。

    投稿: ぽんた | 2009年10月12日 10:59

    東芝対リコー戦
    開始早々ラーカムが東芝の選手にタックルに行きそのまま倒れて動かなくなりました。結局そのまま負傷交代で、楽しみにしていた地方のファンはがっかりでした。後半リコーがガンガン攻めて東芝を苦しめていたので、リコーにとっても痛い交代だったのでは・・・。

    投稿: mew | 2009年10月12日 09:09

    神戸ファンの僕としては勝ったのは嬉しいけれど、NECが気になります。こんな順位にいるチームじゃないのに。

    投稿: ジンジャーエール | 2009年10月11日 22:09

    神戸-NEC、白熱の好ゲームでした。
    最後の神戸後藤選手のPKのリスタートの位置、反則の地点よりかなり前とずれていました。桜岡レフリーにして、あれをOKと認めてしまった。

    投稿: エリス少年 | 2009年10月11日 21:54

    スタジアムに行っていました。
    最後のトライは興奮しすぎて、最後のグラウンディングを覚えていません。
    J-SPORTSでじっくり見させていただきます。
    今村雄太、バンザーーーイ!!!

    投稿: 神戸製鋼ファン | 2009年10月11日 18:08

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46456554

    この記事へのトラックバック一覧です: TL第5節11日の結果:

    » [sports] 盛岡南の結果 [K A L A M]
    ようやく今シーズン初のラグビー観戦。トップイースト1勝2敗でがけっぷちの釜石シーウェイブスは横河武蔵野アトラスターズとの一戦。横河武蔵野はトップリーグから降格してきたばかりの強豪であり、下位チームを圧倒の三連勝でこの試合に臨んだ。 釜石は序盤の猛攻を耐え... [続きを読む]

    受信: 2009年10月12日 10:04

    » 神戸製鋼・正面選手は元気でした!! [IXY-nob]
    去る11日は神戸・ユニバー記念競技場でトップリーグ観戦。 トヨタ対サニックス、神戸製鋼対NECの2戦。 サニックスはトヨタに自分たちのラグビーをさせてもらえず、接戦に持ち込みフィットネス勝負する予定が狂ってしまいました。(56-10トヨタ勝利)。そして、この日の圧巻は第二試合の後半最後。 神戸製鋼は終始、NECに押されぎみでノーサイドが近づき、NECは「時間を使いきる」作戦。ところが、NECが痛恨のペナルティーをおかし、そこから反転速攻した神戸が80メートルの独走トライで逆転。そのままノーサイド(2... [続きを読む]

    受信: 2009年10月13日 22:52

    » 神戸製鋼、辛勝。 [ココロミ]
    このゲーム、今村選手に始まり、今村選手に終わったゲームでした。さらに、インタビューの画面を見つつ、「イマムがしゃべっている!!」と驚いたのでした。だって、あんなに無口だったのに・・・と、違った意味でも、今後の今村選手には期待が高まりました。   ... [続きを読む]

    受信: 2009年10月13日 23:54

    « TL第5節10日の結果 | トップページ | 関東大学12日の結果 »