« 城戸選手にほのぼの | トップページ | TL第6節18日の結果 »

TL第6節17日の結果

土曜日は秩父宮ラグビー場だった。トップリーグ第6節、現在2位と3位の対戦とあって注目が集まったが、意外な大差に。立ち上がりはトヨタ自動車が勢いよく攻めて先制したが、あとは最後までサントリーペース。LO眞壁の豪快なトライあり、FB有賀の技ありのトライありで、次々にパスをつないだサントリーが9トライをあげて、60得点の大勝だった。

トヨタの麻田キャプテンは「サントリーは、ボールキャリアに対するプレッシャーの意識が高く、立ってしっかりボールを越えていくところも勉強になりました」と完敗を認めた。サントリーの佐々木キャプテンは、トヨタの強いプレーに最初は流れを失ったが、あとは自分たちのプレーがしっかりできた。激しく身体を当てにいったことが相手の体力を奪ったと思います」と大いに手応えを感じた様子。清宮監督も「調子のいいトヨタに対してこういう試合ができたのは自信になる」と満足げだった。

第2試合は、今季、秩父宮初登場となる近鉄の頑張りに期待が集まったが、ミスや反則で流れをつかめず、東芝の分厚いつなぎにトライを重ねられた。トンプソンの怪我でキャプテンを務めた大西将太郎は、「選手一人一人が上位チームの強さを肌で感じたと思う。これを生かして次に頑張りたい」とやや疲れた表情で語った。近鉄は主力に負傷者が多いのだが、トンプソンも足の甲の骨折で復帰は11月になる見込み。

快勝した東芝の廣瀬キャプテンは、ゲームの流れというより、攻めることを終始していた戦い方について質問され、「とにかく攻め抜くことが大事。チャレンジして反省する。その繰り返しが、どこかで実を結ぶはずです」と、勝利とともに東芝のスタイルを作り上げることが大事だと語った。

この2試合だけを見ると、サントリーが攻守にわたってプレーの反応スピードが早く、プレーの精度も高い。トヨタはその点では差を見せつけられてしまったし、東芝も快勝とはいえ、エンジンのかかりはやや遅かった。近鉄も含めて課題が多いと感じる戦いぶりだった。

◎トップリーグ第6節結果(17日)
サントリー○60-15●トヨタ自動車(前半22-8)
東芝○41-12●近鉄(前半17-0)

Kokun

試合後、近鉄の高忠伸選手にインタビューした。これも、ぴあWEBの男前インタビューである。「なんで僕なんですか。他にいるでしょう~」と大いに照れながらの撮影、取材だった。それでもおしゃれなTシャツを着ていたし、筋肉のつき方が綺麗で惚れ惚れするような身体をしていた。いや、それで選ばれたわけではないと思います(汗)。

高選手はラグビーを語る言葉を豊富に持っている選手で、いつも感心させられる。きょうもそうだった。そういえば、今季の近鉄は移籍で加入した選手が多くて、まとまりにくいのでは?という質問には、「いや、それが仲がいいんですよ。近鉄はほとんど大阪人だし、伊藤太進(一緒にIBMから移籍)なんて、ずっと近鉄でプレーしていたんじゃないかと思うくらいとけ込んでますよ」とのこと。たしかに、各地に散らばっていた大阪生まれの選手達が戻ってきた補強でもある。トップリーグ後半戦に向け、大阪人パワーで調子を上げてもらいたい。

お知らせ◎きょう、秩父宮ラグビー場に行ったら、「ラグビーカフェ」なるハーフタイム専用マガジンが販売されたいた。100円。僕も買ってみた。これから、トップリーグの秩父宮ラグビー場でずっと販売されるみたいだ。女子日本代表の鈴木彩香選手を表紙に(中にインタビューもあり)、サントリーの尾崎章選手の巻頭インタビューがある。ハーフタイムにはたしかに凄くいいかもしれない。なお、巻末に秩父宮ラグビー場周辺で、このマガジンを持って行くと特典のあるお店が紹介されているから、100円は、すぐに元がとれるようになっている。次号は、12月12日に発売される予定。写真が汚くて申し訳ないのですが、本物はもっと明るい色です。

Cafe

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 城戸選手にほのぼの | トップページ | TL第6節18日の結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    私も勝負の世界に生きる人間だからこそ、試合後の取材もきちんと受けれるのだと思います。
    試合に負けたから取材はキャンセルもしくは仏頂面でなんて選手がいたら、そちらの方が失望してしまいます。

    投稿: サブ | 2009年10月19日 11:02

    所用にて秩父宮に行けず、昨日のサントリー対トヨタはテレビ観戦しました。サントリー強かったですねぇ。ブレイクダウン命で戦うトヨタに対して、まずブレイクダウンを5分5分ぐらいにしておいてから、じゃあ俺たちはいろいろ攻めるね、って感じで、ディフェンス、チェイス、遠くに強いFW入れたり、近くに速いBK入れたり、引き出しの中身をいつもより多めに出していた感じがしました。ピシが出でいる時よりもスムースに戦ってる感じがしましたが、これで相手が強くなってくると、スムースだけじゃだめになってくるんだろうなぁ。秩父宮に行かなかったことを非常に後悔しています。

    ところで、サントリーの曽我部選手はケガしてるんですか?

    投稿: 青高OB | 2009年10月18日 20:32

    はじめて書きます。
    日本代表選考がとても気になります。
    村上さんの予想する代表選手が知りたいです。

    投稿: エリ | 2009年10月18日 10:38

    勝負の世界に生きたことのある人間ならこんなことにケチつけないでしょうね。

    投稿: KGファン | 2009年10月18日 03:04

    高選手も敗戦で悔しいに違いありません。しかし敗戦後の笑顔は否定されるものではないと思います。2003年W杯決勝のno side直後にグレーガンはイングランドの勝利を称え笑顔で拍手していました。悔しさを表情に出さず笑顔で対処するのが真のprofessionalと思います。

    投稿: えぞもも3号 | 2009年10月18日 02:21

    眞壁の突進トライは力強かったです。サントリーは隙がありませんね。

    東芝が、ちょっとおとなしい気がしました。近鉄は、攻めているのに下げられて消耗しましたね。

    投稿: サファイヤ | 2009年10月17日 22:50

    秩父宮の第一試合を見ました。アウエイは体力的に大変だと思いました。パスが遅いのが敗因かな?両者を比較して、中央卒4対1、関東リーグ卒の多いことにびっくり。外では喫煙室ができて、周りがきれいになってたのもびっくり。次回はM対Wの試合を期待。

    投稿: Y | 2009年10月17日 22:22

    来週、秩父宮に行くので、「ラグビーカフェ」買ってみようと思います。

    投稿: らぐじ~ | 2009年10月17日 19:53

    そうですよね。今季の大型補強は大阪人のカンバック補強です。伊藤タイシン選手の中学先輩でもある私は今年の補強を非常に喜んでおります。
    大工大OBのチームメイトは赤井・坂本に伊藤の同期3羽ガラスが揃ったと喜んでました。
    大阪の近鉄、花園の近鉄、頑張れ!

    投稿: ORN幹事デブウィング | 2009年10月17日 19:31

    正直言って、試合で完敗したあとの高選手の笑顔の写真はいただけませんね。
    神戸の選手がこんなことしたら大いに失望します。
    負けたあとに笑顔なんて勝負の世界に生きる人間ではあり得ないと思います。

    投稿: 神戸製鋼ファン | 2009年10月17日 19:07

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46508987

    この記事へのトラックバック一覧です: TL第6節17日の結果:

    » TL第6節の秩父宮 (10/17) [ココロミ]
    気づいたら殆ど毎週、秩父宮に行っていたんです。きょうのも含めてスタンプラリーは、ただ今5個。ちょっとー、行き過ぎじゃない、わたしー?  きょうは、初観戦という知人のMさんと、その彼氏さんとも途中で合流。40分だけだったけど、一緒に観戦できて楽しかったわ~。 さて、第1試合のサントリー対トヨタ自動車は、「ナチュラルラグビー」のサントリーが、好調のトヨタ自動車を上手くかわし、リズムよくボールを動かしトライ量産。トヨタ自動車もプレッシャーは掛けていたが、サントリーの左右に振るスピードあるパスと、相手デ... [続きを読む]

    受信: 2009年10月17日 22:42

    « 城戸選手にほのぼの | トップページ | TL第6節18日の結果 »