« 出版記念ライブ | トップページ | ジュビロの発表 »

カナダ代表第1戦結果

出版トークイベントの余韻に浸りつつ、日曜日の朝は仙台に向かった。東京駅で実況担当の土居さんと合流し、約2時間電車に揺られ熟睡した。ユアテックスタジアムの最寄り駅に到着すると、強風で試合が心配になったが、実際には風は大きくは影響しなかった。

2007年ワールドカップ以来の日本代表対カナダ代表戦。キックオフ直後は、互いの激しいコンタクトとカナダ選手の個々の力強い突進が目を引いたが、次第に展開は日本ペースになった。「グラウンドの横幅をいっぱいに使ったラグビーをしたい」と菊谷キャプテンが話していた通り、日本代表はボールを大きく動かしてチャンスを作り、8分、ゴール前のモールからFLリーチがインゴール右隅に先制トライ。ラインアウトは苦しんだが、他の局面では日本代表が優位に立ち、WTB小野澤らが何度も快走して見せ場を作った。

前半37分、カナダボールのスクラムを押し込んでボールを奪うと、NO8菊谷キャプテンが左中間にトライ。前半終了間際にもFB有賀がトライを加え、前半で25-3とリードして完全に優位に立った。後半には、交代出場のCTBトゥプアイレイ、SOアレジも活躍し、初キャップのHO堀江もトライをあげるなど、日本のいいところが随所に出て、最終的には46-8という快勝だった。

「いいスタートが切れてハッピーです。目指すプレーのシステムも上手くいったし、ターンオーバーやルースボールをマイボールにした後のリアクションも良かった」と、日本代表のカーワンヘッドコーチ。菊谷キャプテンは、「メンバーが変わっても、スキルの差が無くなってきている」と、日本代表が選手層が厚くなっていることに手応えをつかんでいた。

日本代表は対カナダ戦最多得点。「日本はパシフィックネーションズカップで、ジュニア・オールブラックスやサモア、フィジーなどと戦ってレベルを上げている。トップリーグでの戦いも選手のレベルを上げているのだろう」とカナダ代表のクローリーヘッドコーチ。キャプテンのHOリオダンも、「日本はコンタクトエリアのプレーがすごく伸びている」と日本の成長を認めていた。

ただし、今回のカナダは新旧交代期でもあるのだが、明らかに調整不足。このあとの1週間で大きく修正してくるだろう。21日の試合も同じだと思ってはいけない。日本もさらにチーム力をアップさせて連勝を目指してもらいたい。

◎日本代表対カナダ代表第1戦結果
日本代表○46-8●カナダ代表(前半25-3)

追記◎JSPORTSが、ラグビーワールドカップ2011年ニュージーランド大会の日本国内におけるオールメディアの独占放送権(地上波、BS、CS、ネット、モバイル等)を獲得し、全48試合を中継することが決定した。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 出版記念ライブ | トップページ | ジュビロの発表 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ルールなので、悪いことではないのでしょが、外国人だらけではどこか冷めた目で見てしまいます。
    これでいくら勝ってランクを上げても、
    「日本のラグビー」が強くなったことにならない気がします。
    その地位を維持するために、ラグビーのため雇われて来日しただけの「助っ人」を永遠に使い続けるのでしょうか?

    投稿: くうかい | 2009年11月17日 11:07

    今回のカナダ代表、FWが小さいですねぇ〜。
    驚いちゃいました。

    投稿: マスター | 2009年11月16日 22:10

    さまざまな人種、国籍の選手が、ひとつの思いのもとに集い戦う、むしろ理想的な姿のように感じながら観てました。
    スポーツの国や地域の代表チームに対して、別の次元の思想を持ち込まないほうが良いのでは。

    投稿: pen | 2009年11月16日 20:52

    ラグビー特有の文化、外国人問題は永遠のテーマですよね。各々価値観が違うので、どれが国民総意という訳ではないので難しい。私は現時点では全員外国人でもOK派です。というのはJKの大命題は2011までに世界ランキング10位内への引き上げ。その為に必要な戦力として決められたルールに沿ってのメンバー構成を行っているまででしょう。その次(2011WC以降)の監督は日本人(清宮氏?)になり、日本人主力となると思います(日本人のレベルアップが必要ですが)。将来純正ジャパンの助っ人達だと考えてみたらどうでしょうか?

    投稿: 北島御大 | 2009年11月16日 13:40

    外国人の問題については、同意見です。あまりにも日本代表に占める割合が大きくなりすぎると、普及面でも問題が起きないでしょうか? 日本の子供たちは、日本代表に憧れを抱くでしょうか? 観客の側も、ラグビーに詳しくない人には、日本代表チームには見えないでしょう。

    それと、W杯のJスポーツ独占放送権の件ですが、Jスポーツが独占すると、地上波は放送なしなのでしょうか? もし、地上波の放送がなければ、これも普及には大きなマイナスです。

    投稿: うつつ | 2009年11月16日 12:28

    あのチーム編成で日本代表といえるのか、とラグビーを知らない人が見たら思うんじゃないですか。長年見てる私でさえ、違和感を感じました。対戦相手のカナダもどう思ってるんだろう。

    投稿: goriki | 2009年11月16日 11:45

    一人一人の外国人選手は大好きなんですが、国籍に関係なく在住国の代表になれるのは、休職の問題や自費での移動などが当然だったアマチュア時代の名残で、プロ化した現在は話が違ってきているとずいぶん前から感じています。しかも、今は在住さえしていない外国人や、所属が日本協会だったりと、まるで何でもありです。将来国際ルールが国籍を盛り込むようになるのは目に見えているし、オリンピックではさすがに国籍が必要ですから、それに備えた方がよいのではないかと思います。せめて国籍(帰化)とか、学生時代からの在住とか、国際ルール+自粛ルールで運営すべきだと思います。

    投稿: smowman | 2009年11月16日 11:12

    私は今まで外国人選手の多さは関係ないと思ってました。人種、国籍は関係なく、いかに熱く、心のこもった試合をしてくれるのか?どのように取り組むのか?が大切だと思ってました
    しかし昨日はオライリーから統悦、ウェッブからアリッジ・・に代わった時は少し不思議な感じがしました

    投稿: kerikeri | 2009年11月16日 10:08

    私もまだ外国人が多いことを心情的に100パーセント受け入れ切れませんが、「日本人割合がキーポイント」じゃなく、「国籍に無関係でチームを構成するのがラグビー」を浸透させるべきでしょう。簡単ではないですが。

    投稿: エリス少年 | 2009年11月16日 10:04

    やはり、外国人選手が多く感じます。

    ラグビーに詳しくない人々の声を聞いても、「日本代表に外国人がいるの?」と。

    日本ラグビーにとって、大事なこの10年を考えると、新たなファンや理解者を増やすためには「日本代表の日本人の割合」はキーポントだと感じました。

    仕事人のFLとゲームマネージメント出来るSOを
    国産で育てなければなりませんね。

    投稿: ながせまさゆき | 2009年11月16日 09:06

    テレビ観戦でした。
    小野澤選手、ベテランと呼ばれる年齢だということを感じさせない円熟ぶりです。
    この人に調子の悪い時はあるのかなと思ってしまうくらい、いつもつねに成長している気がします。
    そう思うのは私だけでしょうか?

    JSPORTSが、RWC・NZ大会のオールメディアの独占放送権を獲得したとのこと。
    前大会の時、某Nテレがやらかした、トライシーンの未放送・・・なんてバカな真似をしないでしょうから、安心です(笑)

    投稿: yuki | 2009年11月16日 02:40

    ジャパン戦、Jスポ観戦しました。ジャパン強かったですね! しかし、妙に外国人選手が多くて、見てて日本代表という感じが薄いなと印象を持ってしまいました。ラグビーの規則上頭ではわかってはいるものの。今後W杯日本開催に向けてどう進んでいくんですかね。

    投稿: pkarago | 2009年11月15日 23:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46774213

    この記事へのトラックバック一覧です: カナダ代表第1戦結果:

    » ラグビー日本代表、カナダ代表を粉砕!! [IXY-nob]
    この11月は、ラグビー日本代表がカナダ代表を迎えてテストマッチ(国際試合)を2試合行います。今日は仙台での第一戦。日本代表はキックオフ直後こそ、やや硬さが見られたものの、ブレイクダウン(密集戦)で優位に立てることがわかると、その後は激しいタックルや力強いランニングなどで着実にペースをつかみました。 そして、ジャパンが自ら仕掛けても、カナダの攻撃を切り返しても得点までつなぐ見事な集中力を見せ、前半で勝負を決めました(前半25-3日本リード)。後半に入っても、リードしての気の緩みもなく、練習どおりのハイ... [続きを読む]

    受信: 2009年11月16日 20:48

    » 日本代表、カナダ代表に圧勝 (第1戦目) [ココロミ]
    カナダ代表との第1戦をテレビで観戦。日本代表は、怒涛の攻めでカナダに勝利。各選手に勢いがあり、迷いがなく、観ていてスカッとするゲームでした。 【結果】 リポビタンDチャレンジ2009  2009.11.15(日) 14時 K.O. 仙台ユアテックスタジアム 日本代表 ○ 46 - 8 ● カナダ代表 (前半 25-3) ... [続きを読む]

    受信: 2009年11月17日 23:33

    « 出版記念ライブ | トップページ | ジュビロの発表 »