« 日本代表セレクションマッチ | トップページ | 男子7人制代表成績 »

日本代表28名発表

カナダ代表戦に向けての日本代表メンバーが発表になった。当初は26名を選出するとされていたが、負傷者の状況と急きょ帰国中の龍コリニアシ選手の合流時期が本日時点で未確定のため、28名が選出されている。初代表選手が6名と新鮮な顔ぶれ。大学生のSO山中亮平、HO木津武士も含まれている。また、経験あるHO青木、CTB今村については負傷で第一テストの出場が難しいと判断され外れたようだ。日本での試合であり、新たに負傷者が出た場合は、スコッドから補充される見込み。

◎ジョン・カーワンヘッドコーチのコメント
「厳しい判断でした。選手達がレベルアップしていることは、この一週間の練習や昨日のセレクションマッチで実感できたし、個人個人もしっかりと成長を見せてくれました。選手選考にあたっては、ジャパンスタイルということと、ボールリテンションにフォーカスして決定しました。結果、この2年間を日本代表として戦ってきた多くの経験あるメンバーの中に将来有望な若手が含まれた非常に良いメンバーになりました。明日から、カナダ戦に向け、良いスタートを切ることが出来ると思います。
 カナダのヘッドコーチ(元オールブラックスFBキーラン・クロウリー)は、私の友人であり、有能なコーチでもあります。2007年ワールドカップで対戦したチームとはまったく違うレベルアップしたチームになっているでしょう。我々の目指す、ゲームスタイル、テクニック、ゲームの理解をグラウンドで示すことができれば、勝利は後から付いてくるはずです。勝利を追い求めながら選手の経験値を伸ばしていきたいとも考えています」

◆対カナダ戦日本代表
・FW=16人
PR1平島久照、川俣直樹、HO安江祥光、堀江翔太、木津武士、PR3畠山健介、仲村慎祐、LO大野均、北川俊澄、ダニエル・ケート、眞壁伸弥、FL/No.8菊谷崇、フィリップ・オライリー、ホラニ・龍コリニアシ、タウファ統悦、マイケル・リーチ
・BK=12人
SH吉田朋生、田中史朗、SOジェームス・アレジ、ショーン・ウェブ、山中亮平、WTB 小野澤宏時、遠藤幸佑、CTB平浩二、ライアン・ニコラス、アリシ・トゥプアイレイ、FB 有賀剛、五郎丸歩

◎菊谷キャプテンのコメント
「これまで戦ってきたメンバーに加えて新しいメンバーも入りました。チームにとっては、いい刺激になりますし、新しいメンバーには早くチームに慣れてもらえるようしっかりとコミュニケーションをとっていきたいと思います。明日からは厳しい一週間になります。チームをまとめて、カナダ戦の勝利に向かって選手・スタッフ、そしてファンの皆様と一丸となって頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本代表セレクションマッチ | トップページ | 男子7人制代表成績 »

    「愛好速報」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46707600

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表28名発表:

    » 全国高校ラグビー大阪府予選決勝、大波乱あり!! [IXY-nob]
    今日は東大阪市の花園ラグビー場で全国高校ラグビー大会大阪府予選決勝観戦。 大阪は出場枠が3つあるため、白熱した試合が3試合も見られるとあって、スタンドは満員の盛況。第一試合は、常翔学園(旧大阪工大高)対大阪桐蔭。 試合開始から終始常翔がそつのない試合運びで主導権を握り、36-0の圧勝。 常翔はサイズは小さいもののまとまりがよく、また運動量も豊富。懸念されたラインアウトもまったく問題なし。全国大会では、いわゆる大型チームとの対戦でどこまで通用するかが楽しみなチーム。第二試合は、東海大仰星と大阪産業大学... [続きを読む]

    受信: 2009年11月 8日 17:35

    « 日本代表セレクションマッチ | トップページ | 男子7人制代表成績 »