« 明治対慶應結果 | トップページ | 2019年への東京会議 »

男子7人制日本代表優勝

ブレディスローカップが嵐のように過ぎ去って、11月は各日本代表チームに注目!というわけで、熊谷ラグビー場で日本代表スコッドの強化合宿が始まる。週末(11月7日)には、カナダ戦に向けてメンバーを絞り込むセレクションマッチがあるので、日本代表ファンのみなさんは、ぜひ熊谷ラグビー場へ。

男子7人制日本代表は、11月1日、アジアセブンズシリーズの「ボルネオセブンズ」で優勝。タイ、韓国、香港と、アジアの強豪チームを下した。和田選手が大活躍したみたい。

Img_2986

◎カップトーナメント
・準々決勝
日本代表 34-5 タイ代表
・準決勝
日本代表 10-7 韓国代表
・決勝
日本代表 38-14 香港代表

◎村田亙監督コメント
「本大会では、『優勝する』というプレッシャーがかかるなか、選手は2日間本当によく戦ってくれました。また、マレーシアでは日本人学校の先生や家族の皆さんの大応援が、我々のパフォーマンスに繋がったと思います。次はシンガポールでの大会があります。こちらは世界の強豪国が集まるので、このアジア優勝という勢いを世界にぶつけて一つでも多く勝利したいと思います。日本からのあたたかいご声援に感謝いたします。引き続き、ご声援のほど、よろしくお願いいたします」

決勝戦メンバー=1.桑水流裕策、2.築城昌拓(キャプテン)、4.フォラウ愛世(→後半4分 3.鶴ヶ崎)、5.正面健司、6.和田耕二、8.藤谷淳(→後半6分 9.築城康)、10.末松勇喜(→後半6分 11.岩井) /リザーブ 3.鶴ヶ崎好昭、9.築城康拓、11.岩井陸雄、12.岩渕健輔

女子日本代表(15人制)は、「女子ラグビーワールドカップ2010イングランド大会アジア地区予選」へ参加するため31日、シンガポールに旅立った。朗報続きの日本ラグビー、女子日本代表の予選突破を祈ろう。

11月4日 日本対シンガポール、カザフスタン対香港
11月6日 3,4位決定戦、決勝戦

女子日本代表メンバー=主将(FW) 辻本つかさ、副将(BK) 長谷部直子/FW伊藤真葵、山本さやか、清水郁子、井手麻記子、高橋はるか、永田早矢、佐々木時子、乾あゆみ、岡田真実、松平貴子、中村弥生、アンジェラ・エルティング/BK常盤香代子、井上愛美、鈴木彩香、横山里菜子、山田都萌、直塚史子、高橋真弓、加藤慶子、鎌多春香、山口真理恵、鈴木育美
スタッフ=ヘッドコーチ萩本光威、コーチ黒岩純、浅見敬子、トレーナー田中彩乃、総務 岸田則子

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 明治対慶應結果 | トップページ | 2019年への東京会議 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村田亙監督以下ボルネオセブンスに出場の選手の皆さんおめでとうございます。
    オリンピックまで強化を続ける若い層が積みあがってゆくことを期待しています。

    投稿: イチロー | 2009年11月 2日 10:19

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46648521

    この記事へのトラックバック一覧です: 男子7人制日本代表優勝:

    « 明治対慶應結果 | トップページ | 2019年への東京会議 »