« ラグビー愛好日記3 完成 | トップページ | 東海大学Gへ »

クロウリーHCに会う

日本代表と対戦するカナダ代表は月曜日の夜に来日し、火曜日の朝、都内でトレーニングをして午後、仙台に向けて出発した。ヘッドコーチのキーラン・クロウリーさんに話を聞いてきた。なぜか取材の流れで一緒に写真に収まることに。大きさ、僕と一緒くらいやね。

Kieran

カナダ国内のラグビーはいまだアマチュアで、今回も仕事の都合で来られなかった選手もいるし、海外に留学中で参加できなかった選手もいる。海外でプレーするプロ選手は8名だ。クロウリーさんの話では、カナダ国内も数年後のプロリーグ設立を目指して準備を整えている段階のようだ。クロウリーさんは、元オールブラックスのフルバックで、19キャップを持つ。日本代表のカーワンヘッドコーチとも同時代にプレーしていたから僕もその雄姿はよく覚えている。堅実なプレーをするフルバックだった。どうやら指導もそんな感じのようで、日本の世話役の人も、「厳しい監督みたいです」と話していた。

2008年4月からカナダ代表の指揮をとり、契約は2011年のワールドカップまでとのこと。すでにアメリカ予選の1位通過を決めているので、日本がアジア予選を通過すれば同じプールになる。ニュージーランド人監督が多くなるこのプールは、NZメディアの注目を集めそうだ。

今回の遠征のターゲットについて聞いてみたのだが、「セットプレーは安定させなければいけない。日本がスピーディーなのは分かっているので、その対策も考えている。第一テストを戦ってみて、第二テストのプランを再考したい」と慎重なコメントだった。2007年のワールドカップ後に引退した選手も多く、まったく違ったチームになっているとのこと。来日26選手のうち、11名が2007年ワールドカップスコッドだが、引き分けた日本戦に先発したのは4名。サイズで見ると、大型BKが多いので要注意だろう。ただし、両国の置かれたラグビー環境を考えると、日本は勝たなければいけない相手だという気がする。

追記◎11月15日は、仙台での試合になりますが、後援の河北新報社の号外が配布され、それがそのまま応援ボードとして使えるようになっているのでぜひゲットしてください。また、聖ドミニコ学院小学校の児童がサモア諸島沖地震の募金活動をします。2年前、来日してこの地で試合をしたサモア代表が同小学校を訪問してサモアのウォークライ「シピタウ」を披露してくれたり、タグラグビーを一緒にやった思い出があり、今回の募金活動になったようです。ご協力をお願いします。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグビー愛好日記3 完成 | トップページ | 東海大学Gへ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    「両国の置かれたラグビー環境を考えると、日本は勝たなければいけない相手だという気がする。」まさのそのとおり。日本は2戦2勝しなくてはならない相手だ。

    投稿: エリス少年 | 2009年11月12日 11:35

    今回来日するカナダ代表のBKにネーサン・ヒラヤマという選手がいますが、この方は日系人でしょうか?また、かつて昭和50年代にBC大学がアイルランドのクイーンズ大学と来日した事がありました。そのBC大学のメンバーにギャリー・ヒラヤマという日系人がいて、ちょっとした話題になった事がありました。同じヒラヤマなので息子さんなのかな~と思いました。何十年も前の事なので、間違っていたらゴメンナサイ。

    投稿: あっちゃん | 2009年11月11日 15:40

    カナダチームのマークは「赤ちゃんを抱いて戦火を逃れる母親」に見えます
    母は強しか
    余談ですがトクホのピクトは五時から男を連想させますね

    投稿: ナベゾ | 2009年11月11日 05:21

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46727350

    この記事へのトラックバック一覧です: クロウリーHCに会う:

    « ラグビー愛好日記3 完成 | トップページ | 東海大学Gへ »