« ノーサイド・プロジェクト始動 | トップページ | 出版記念ライブ大阪 »

関西大学上位対決

日曜日は天理親里球技場にいた。関西大学Aリーグの1位~4位の直接対決は、2試合とも接戦になり、観客席は大いに沸いた。

第1試合の天理大対同志社大は、キックオフ直後は同志社が大きくボールを揺さぶってWTB中村が連続トライ。SO橋野の再三の好キックで攻め込み試合を支配したが、天理も粘り強いディフェンスで耐え、前半29分、ゴール前のラインアウトからモールを押し込み、FL正城が押さえて反撃開始。CTBハベアが再三ディフェンスラインを破ってチャンスを作り、後半4分には、WTB若生が逆転のトライ。同志社もHO木下のトライで再逆転したが、最後は天理の展開力が勝り、31-27で逆転勝ち。全勝を守った。サイズは小さいが、天理の堅実なタックルが印象に残った。

第2試合の関西学院大対立命館大は、トライを奪い合うシーソーゲーム。前半終了間際、立命館のWTB多田がキックパスを受けてトライをあげ、24-17とリードするとスタンドから大歓声が上がった。後半も拮抗した展開が続いたが、最後は関西学院大がSH芦田のトライなどで突き放した。最終スコアは、46-34。関西学院も全勝を守った。

きょうは、これから大阪での出版記念トークイベント。その様子はまた明日にでも。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ノーサイド・プロジェクト始動 | トップページ | 出版記念ライブ大阪 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    親様が球技場も作ってくださいましたか
    懐かしいなあ
    ひのきしん〜。ひのきしん!

    投稿: ナベゾ | 2009年11月23日 08:35

    今日は仕事で関西におられたのですか。体大は今日が今期リーグ戦初勝利ですが、関西Aリーグ残留のサバイバルはまだ続きます。厳しい試合は相手も一緒!劣勢の時こそ具体的な指示を出す、気迫を表に出す、同じこけるのなら前向きでこけることが勝利に必要だと改めて知ることができた一日でした。また来週も行きますよ。

    投稿: 大津OB | 2009年11月23日 00:12

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46829743

    この記事へのトラックバック一覧です: 関西大学上位対決:

    « ノーサイド・プロジェクト始動 | トップページ | 出版記念ライブ大阪 »