« 法政vs関東学院結果 | トップページ | 女子代表、決勝へ »

熊谷の代表合宿

Kuma1

11月4日は、熊谷ラグビー場で日本代表の練習を見てきた。ご覧の快晴。きょうは、7日のセレクションマッチに向けて、最後の本格練習とあってチーム分けしてゲームプランの確認などが行われていた。練習の前半は、相手をかわすスキルや、ボール出しを早くするためのダウンボールやラックでの細かな技術など基礎的なスキルトレーニングを行っていた。低い姿勢でタックルに入ることを身体に覚えさせるためにハードルをくぐっての練習も。身体の硬い選手はすぐ分かる。有賀選手はめちゃくちゃ低い姿勢で走れるなぁ。

Kuma2

早稲田の中田選手は足を痛めて完全別メニュー。それ以外では、ライアン・ニコラス、小野澤宏時、ショーン・ウェブといった選手がいくつかの練習で別になっていた。軽い怪我を抱えていて、セレクションマッチに出るかどうかは微妙。肩の負傷で心配されていた菊谷崇キャプテンもほとんどの練習に参加していたが、フルコンタクトはまだできないみたいで、こちらもセレクションマッチは回避する可能性がある。ジェームズ・アレジは本日合流。家族の不幸があった、ホラニ・龍コリニアシ、松原裕司の両選手、夫人が出産のブライス・ロビンス選手の合流が遅れている。

7日のセレクションマッチは、15人対15人と、両チームをまとめたリザーブ、という編成になりそうだ。コーチ陣から選手には、「カナダ戦のオプションで戦うように」と指示があるみたいで、カナダ戦をにらみながらの試合になりそう。きょうの練習ではキッキングプランの確認が行われていた。「カナダは整理されたキッキングプランを使ってくるので、それにどう対応できるか、こちらも頭を使ったプランが必要になる」とジョン・カーワンHC。最近のカナダ代表の6試合を分析しているとのこと。

練習を見ていると、AチームのFWは、川俣、堀江、畠山の一列、北川俊、眞壁の二列、リーチ、タウファ、豊田の三列だった。BKは、田中、山中、遠藤、トゥプアイレイ、平、五郎丸、有賀。山中は前日、BのインサイドCTBだったようだ。しかし、山中の堂々たる体つきには驚かされた。五郎丸より大きく見えるほど。

BチームFWは、仲村、青木、山下、北川勇、ケート、オライリー、シオネ、谷口、BKは、後藤、矢富、長友、入江、今村、北川智、松下。これ以外の選手が交代しながら練習は進んだ。後藤翔太選手が、「みんなスピードあるし、運動能力が高い。僕と入江さんくらいじゃないかなぁ、普通の人は」と呆れたように笑っていた。

Kuma3

サンスポの記者吉田さんと話していたら、吉田さんのセーターの右胸あたりにトンボが。かなり身体を動かしても飛び立たず、しばらくブローチのようになっていた。吉田さん、なんか出してるのか?

追記◎クボタスピアーズが、新しい外国人選手として、オーストラリア代表で21キャップを持つヒュー・マクメニマン選手(LO/FL/NO8 200、114、26歳)の来季よりの加入を発表した。プロフィールによれば、長身で空中戦に強い上に、40mを5秒フラットで走るスピードを兼ね備える。
山神監督は次のようにコメントしている。「運動量・スピードともに世界のトップクラスの選手であり、素晴らしい人格を兼ね備えた同選手の加入が、スピアーズという若いチームを新たなステージに導いてくれるものと確信しております」。
マクメニマン選手のコメントは次の通り。「私にとって日本でラグビーをすることや文化に触れることなど、すべてが新鮮なチャレンジであり、日本でプレーすることを楽しみにしています。今シーズン、スピアーズがいい試合をしているということを聞き、早くチームに合流したいという思いで一杯です。万全の準備をして来季、クボタスピアーズに貢献できるよう頑張ります」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 法政vs関東学院結果 | トップページ | 女子代表、決勝へ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46672584

    この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷の代表合宿:

    « 法政vs関東学院結果 | トップページ | 女子代表、決勝へ »