« 女子W杯予選結果 | トップページ | 日本代表28名発表 »

日本代表セレクションマッチ

7日の土曜日は熊谷ラグビー場だった。まずは、全国高校大会埼玉県予選の準決勝を見る。浦和は正智深谷の攻撃に低いタックルで対抗しての勝利に感動。しかし、肩を落とす正智深谷の選手を見ながら、このチームはこれで最後なんだと再認識して複雑な気持ちになった。もう一試合は、深谷が慶應志木に快勝。スピード豊かな攻撃は目を見張るものがあった。決勝戦は、14日、午後2時より行われる。

2時50分からは日本代表スコッドセレクションマッチ。負傷など諸事情で欠場した選手を除く41名が代表の座をかけて戦った。当初は、代表入りに可能性の高いAチームと、チャンレンジャー側のBチームに分ける考えだったが、負傷者が多いこともあって実力接近のチーム分けになった。それでも、やや上だろうと思われたAチームが大苦戦したのは、BチームFLオライリーのブレイクダウンでの働きがあってこそ。10回以上ターンオーバーに絡んだのではないか。彼のボール奪取からパスをつないでのトライもあり、働きぶりは際立っていた。

点の取り合いになったのは各選手がアグレッシブに攻めたからなのだが、トップリーグで好調だった選手を集めただけあって、それぞれに持ち味を出していた。Aチームでは、PR川俣が左右のPRで実力を発揮し、FB有賀は重心の低い走りで何度もゲインラインを突破。WTB五郎丸もパワフルなランニングで2トライをあげるなど活躍。途中出場のFL金栄釱も、激しいタックル、突進で目立っていた。

健闘したBチームでは、CTB今村が卓越したスピードでディフェンダーを置き去りにし、WTB北川智規も快足ぶりを見せつけて2トライ。SO入江が上手いゲームコントロールを見せ、後半投入されたSO山中も防御の裏に出るスピード、ロングパスともに代表レベルでも十分に通用するプレーを披露し大いにアピールしていた。

◎ジョン・カーワンヘッドコーチ
「ハッピーな試合だった。それは、今晩のセレクションが厳しくなったという意味です。今夜は眠れないかもしれない。セレクションに関しては、コンビネーションを考えて、どのコンビがベストかを見極めて判断していきます」

確かに、各選手が持ち味を出したことで、ここから26名を選ぶのは難しい作業だろう。これまで大舞台で実績を残してきた選手、たとえば菊谷、小野澤、遠藤、ニコラスらは、コンディションが悪かったのでセレクションマッチには出ていないが怪我の状態次第で選出されるだろう。お母さんが亡くなられてトンガに帰っている龍コリニアシもまもなく合流の予定だ。

カーワンHCは、報道陣にどのポジションが難しいか問われて「ルースFW(第三列)、SO、CTB、WTB…」と困った顔をしていたが、こうなると2011年のワールドカップに向けて必要な選手に加え、カナダに勝つためにどの組み合わせがいいか、という選び方しかない気がする。報道陣からは、26名の中に少しでも将来を見据えた選考をする可能性は?という問いもあったのだが、「いい質問ですね。そのあたりも今晩考えます」と言っていた。このあたりは、SO山中の存在があってこそ、という気がした。

能力の高さを見せたSO山中は、当然ながら報道陣に囲まれた。「周囲のレベルが高くて、安心してパスも出せる。この一週間楽しかったです。日本代表に入りたい気持ちがより高まりました。帝京大戦で出来が悪かったのですが、レベルの高いジャパンの人たちにいろんな話を聞くことができて良かったです。細かいところも成長できたと思います。もし選ばれた場合、中竹監督には日本代表を優先するように言われているので、早慶戦はリザーブでいきたいです(笑)」。最後はジョーク混じりで報道陣を笑わせた。26名に入った場合は、11月21日のテストマッチまで拘束されるので、23日の早慶戦については、先発は無理だけどリザーブには入れてほしいなぁ、っていう感じの気持ちで出た言葉かな? ただし「もし選ばれたらですけど」と謙虚に繰り返していた。

代表決定は、8日午後になる予定。

◎セレクションマッチ結果
チームA○45(前半4T4G、後半3T1G) -43● チームB(前半4T2G、後半3T2G)
(前半28-24)

◆チームAメンバー
1.川俣直樹、2.堀江翔太、3.畠山健介、4.眞壁伸弥、5.北川俊澄(キャプテン)、6.マイケル・リーチ、7.タウファ統悦、8.豊田真人、9.田中史朗、10.ショーン・ウェブ、11.三宅敬、12.アリシ・トゥプアイレイ、13.平浩二、14.五郎丸歩、15.有賀剛
◇入替
前半:33分 6.リーチ→金栄釱(キム・ヨンデ)
後半:0分 9.田中→吉田朋生、3.畠山→平島久照、10.ウェブ→ジェームズ・アレジ、5.北川俊→大野均
後半:7分 2.堀江→安江祥光
後半:29分 吉田朋生→後藤翔太

◆チームBメンバー
1.仲村慎祐、2.青木佑輔(キャプテン)、3.山下裕史、4.北川勇次、5.ダニエル・ケート、6.谷口到、7.フィリップ・オライリー、8.竹本隼太郎、9.後藤翔太、10.入江順和、11.北川智規、12.金澤良、13.今村雄太、14.長友泰憲、15.松下馨
◇入替
前半:14分 2.青木 →木津武士
後半:0分 1.仲村→久保知大、9.後藤→矢富勇毅、6.谷口→シオネ・バツベイ
後半:6分 10.入江→山中亮平
後半:22分 13.今村→10.入江
後半:33分 4.北川勇→6.谷口

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 女子W杯予選結果 | トップページ | 日本代表28名発表 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    セレクションマッチに出場していない選手を選ぶのは反対です。セレクションマッチの意味がなくなると思います。体調管理も選手能力の一つと考えて欲しいです。ラグビーの日本代表の選出は他の競技に比べて、甘いですね。

    投稿: ? | 2009年11月 8日 11:16

    予想下記でどうですか?1.川俣、2.堀江、3.畠山、4.眞壁、5.北川、6.リーチ、7.オライリー、8.タウファ統悦、、9.田中、10.アレジ、11.北川、12.ニコラス、13.トゥプアイレイ、14.ロビンス(五郎丸)、15.ウエブ

    投稿: zono | 2009年11月 8日 09:55

    プキ(オライリー)のあの下ボールへの強さを見るとあらためて、ジャパンには必要不可欠なオープンサイドフランカーだとしみじみ思いました。
    ジャッカルは凄い☆
    バックローとセンターはかなり厳しい選考になりますね。

    投稿: タロ | 2009年11月 8日 00:42

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46700682

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表セレクションマッチ:

    « 女子W杯予選結果 | トップページ | 日本代表28名発表 »