« 京都、博多、鹿児島へ | トップページ | 7人制日本代表優勝! »

TL8節全結果(鹿児島より)

太陽は顔を出しているのだが、桜島は火山灰で見えない時間が大半。今年は火山灰が多いらしい。地元の知人が「天気はいいけど、あとは火山灰がどうか」と試合前に言っていた意味が理解できた。写真は風向きが変わって顔を見せた桜島。気温は20度くらい。今年の冬は暖かいようだ。

Kagoshima1_2

鴨池陸上競技場の第1試合は、ここ鹿児島で11月21日から合宿していた東芝ブレイブルーパスが、福岡サニックスブルースと対戦。この11月は長年東芝で活躍したホルテンとマクラウドがスポットコーチとして参加し、攻撃オプションの修正など行ったそうだが、きょうはサニックスの低いタックルに倒され、持ち前のスタンディングラグビーが出来きなかった。

前半5分にCTBブリューの突破からWTBオトが先制トライをあげたが、以降はチャンスでパスミスなどが連続して、サニックスWTB永留らにトライを奪われ、前半を終えて15-14と1点のリードを許した。後半は、ゴール前のスクラムからSH藤井が持ち出し、サポートしたNO8石澤が逆転のトライ。FB宇薄の好ステップからFLベイツが右隅に飛び込むなど、突き放したが、終始攻撃のリズムは悪かった。

「きょうは身体が動いていなかった。内容はサニックスのほうが上でしょう。東芝のゲームをさせてもらえませんでした」と東芝の瀬川監督。マン・オブ・ザ・マッチの廣瀬キャプテンも、「これといって目立った選手がいなかったので、キャプテンになったのでしょう。サニックスはいいラグビーをしますね」と相手を称えた。そして、激しく前に出られなかったチーム全体の勢いのなさに首をかしげた。

日本代表活動期間のトップリーグ休止で公式戦に身体が慣れていない面も身体が重い一因のようで、前半から素晴らしいパフォーマンスを見せたサニックスも、試合終盤ではやや疲れが見えた。「前半はディフェンス重視のメンバーで後半攻撃的に行きたい」と話していた藤井監督だが、最後はペースアップができなかった。それでも、密集サイドで突き刺さったタックル、相手にスペースを与えない面のディフェンスはよく機能していた。きょうはキックがやや多いゲームメイクだったが、クイックスローから仕掛ける場面も多く、観客を楽しませる攻撃は健在だった。

第2試合は、互いに勝ち星がない九州電力キューデンヴォルテクス対ホンダヒートの一戦。残留争いの中で、是が非でも勝ちたい両者の意地がぶつかりあい、前半からとりつとられつのシーソーゲームとなった。前半は、ホンダがWTB木村、FB川田のトライなどで15-10とリード。九州電力も後半立ち上がりに、WTB吉田がトライを返して同点とする。

ホンダもNO8川添がラインアウトからトライして突き放しにかかるが、後半なかばからは九州電力が長時間敵陣に攻め込み、34分には、NO8川嵜のトライで25-29に迫った。九州電力サポーターの多いスタンドは大いに盛り上がったが、ホンダはCTBトゥプアイレイが、3人、4人とタックルをかわして、WTB木村がトライ。最後は九州電力のミスから切り返したホンダがダメ押しのトライを奪って39-25で勝利した。

「トップリーグの勝利がこんなに気持ちのいいものだとは」と会見で語ったのは、初勝利をあげたホンダのキャプテン木村允彦選手。試合を決定づけるトライも決め、マンオブザマッチを受賞した。

◎トップリーグ第8節全試合の結果
三洋電機○50-5●神戸製鋼(前半22-0)
サニックス●22-33○東芝(前半15-14)
九州電力●25-29○ホンダ(前半10-15)
トヨタ自動車○26-0●クボタ(前半21-0)
近鉄●19-25○リコー(前半7-15)
NEC●15-41○サントリー(前半3-17)
ヤマハ発動機○32-13●コカ・コーラウエスト(前半20-6)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 京都、博多、鹿児島へ | トップページ | 7人制日本代表優勝! »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ラグビー愚痴愚痴

     代表戦、2試合だけは少ないですよね~。

     神戸、もう負けても悔しくないのかな~。今すぐに抜本的な改革しないと、向こう10年は這い上がれないと思う。大卒の良い選手取れないなら、チームをプロ化して高卒選手をかき集めるとかしないと。Marcelo LoffredやShaun Edwards、スティーラーズの監督になってくれないかな~。たぶん、外部の人の方が改革しやすいと思う。

     年間最優秀選手、フーリー・デュプレア選手だと思ってたけどな~。

     トップリーグ、外国人選手のサラリーキャップ制導入の憶測、優秀な外国人選手獲得に規制をかけると、また日本ラグビー弱くなっちゃうよ~。逆にもっと外国人選手を呼んで、世界にトップリーグの映像を売るくらいの野心はないのかしら?

     もう遅いかも知れないけど、トップリーグのチームの経営も見直さないと、不況の荒波でまた名門の廃部は見たくないよ~。

    投稿: rugbyhead | 2009年11月29日 22:42

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46889839

    この記事へのトラックバック一覧です: TL8節全結果(鹿児島より):

    » ラグビー近鉄ライナーズ、モヤモヤの敗戦! [IXY-nob]
    1ヵ月の休止期間を終えて、今週末からラグビートップリーグが再開。 わが近鉄ライナーズの相手はリコー。 キックオフ直後から近鉄はキックを封印し、積極的に攻撃を仕掛けた。 それが功を奏し、開始早々にトライ(ゴールも成功)を奪う。 「今日はいけるぞッ!」。 ところが、その直後、まったく同じパターンで2トライ奪われ逆転を許す。 前半残り10分で、リコーの選手がシンビンで一人減ったところで、猛攻するも得点できず。後半、またもリコーに先に点を入れられ点差が広がる。 ところが、ようやく試合時間も残り10分から追い... [続きを読む]

    受信: 2009年11月29日 22:36

    » 2009-2010 TL 第8節 コカコーラウェスト・レッドスパークス戦 [まる≠楕円・・・? ふたたび]
    矢富選手の仕掛け11月29日(日)13:00K.O.於:桃太郎スタジアム(岡山) [続きを読む]

    受信: 2009年11月30日 17:49

    « 京都、博多、鹿児島へ | トップページ | 7人制日本代表優勝! »