« 大学トークバトル | トップページ | ラグビーの夢 »

TL10節13日の結果(水戸より)

Mito1

日曜日は水戸だった。上野から「フレッシュひたち」に乗って友部へ。乗り換えて赤塚駅で降りる。意外に整備された大きな駅だった。タクシーでトップリーグ初開催となるケーズデンキスタジアムへ。NECグリーンロケッツ対三洋電機ワイルドナイツ戦は、午後1時キックオフ。関係者入り口前で三洋電機の田中史朗選手に会う。トレードマークになった帽子をかぶっていた。肉離れで欠場中だが、まもなく復帰できるとのこと。

Mito3

Mito2

9節を終えて12位と不振のNECは、熊谷、浅野、箕内、斉藤、臼井、釜池、大東、武井、安、藤戸ら数え上げると切りがないほど負傷者が多い。こういうシーズンもあるということなのかもしれないが、今が我慢のとき。肋骨を痛めている浅野選手も「これまで出場機会に恵まれなかった選手が出ているので、負傷者が復帰すれば一気に層が厚くなって良くなると思うんですけどね」と話していた。多くの選手が来週あたりから復帰し始めるようだ。

試合のほうは、前半25分まではNECが接点で激しくファイトして拮抗した展開になった。均衡状態を破ったのは、三洋FLブラック。密集サイドで防御を破り、最後はラックからSH高安が素速く持ち出して右隅にトライ。36分には、HO堀江がNECロビンスのタックルを弾き飛ばしてトライ、前半終了間際にはモールを一気に押し込んで畳みかけ、19-0と三洋リードで前半を終了した。

後半もNECのアグレッシブな防御が三洋を抑え込んだが、NECは攻撃でミスを連発し、14分、モールからNO8ラトゥが右中間に飛び込んだ1トライに終わった。「ラインアウトからのモールの形を狙ったが攻撃の起点がしっかり作れなかった」と岡村ヘッドコーチ。一方、三洋の飯島監督も「NECのプレッシャーが強く、思うように攻撃できずに反則が多くなり、チャンスを逃した」とやや不満げ。ただ、プレーオフ進出を決めたことについては、「そこを目指してじっくり準備できるのはありがたい」と喜んでいた。

調子が悪かったとはいえ、勝負どころで畳みかける決定力は全勝で首位を走るに相応しいものだった。また、怪我の入江に代わってトップリーグ初先発となったCTB野口が攻守に落ち着いたプレーを見せたのも収穫だろう。LOヒーナンに代表されるFWの力強さ、WTB三宅、FB田邉らの冷静沈着なプレー。このチームを崩すのは本当に難しい。いったいどこがこのチームを止めるのか。それとも、最後まで止められないのか。

別会場も含めて13日の結果は以下の通り。10節の7試合を終えた結果、三洋電機ワイルドナイツが勝点「47」、サントリーサンゴリアスが勝点「46」とし、両チームのリーグ戦4位以上が確定。上位4チームによるプレーオフトーナメントの出場が決定した。

◆トップリーグ第10節結果(13日)
NEC●5-22○三洋電機(前半0-19)
神戸製鋼●17-23○トヨタ自動車(前半12-20)
コカ・コーラウエスト○35-24●九州電力(前半14-10)

なお、13日は、大学選手権の関東、関西第5代表決定戦2試合が行われ、拓殖大学が東北学院大を、立命館大が中京大を破り、出場を決めた。
■関東第5代表
拓殖大学:2年ぶり2回目
■関西第5代表
立命館大学:6年連続12回目

拓殖は1回戦で明治と、立命館は1回戦で早稲田と戦う。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大学トークバトル | トップページ | ラグビーの夢 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    地元・水戸にご来訪いただきまして、ありがとうございます!!
    水戸を離れてだいぶ経ちましたが、この競技場の杮落とし(その年=たしか1988年春、秩父宮が改修だったため、ジャパンがきたのです!)に行ったことを思い出しました。いつの間にか、屋根が付いているのに驚きました。
    でも、あの付近の風景が全然変わっていないこともまた、驚いたというか、安心したというか・・・
    アクセスが悪くて、申し訳ない気もするのですが、これに懲りずに、機会があったら訪ねてくださるとうれしいです。

    投稿: はむ | 2009年12月22日 08:01

     トヨタ戦の神戸を見ましたが、年々神戸がラグビー下手になってきている気がして、悲しいです~。

     ジェームズ・アレジ選手、キャプテンに任命されてるみたいですね~。出世したものです。

    投稿: rugbyhead | 2009年12月14日 22:03

    この週末、大学では、関西と関東の第5代表が決まり、そして、入れ替え戦にて、残留および昇格/降格が決まりました。
    1部と2部で入れ替わったのは、関西の近畿大と大産大ですか、

    いずれも今シーズンを終えて、お疲れ様でした。しばし身体と心を休めて下さい。
    但し、決して燃え尽きてしまわぬよう、しっかりと休んで下さい。

    大学選手権が盛り上がる中、ノックダウン方式のトーナメントでは、試合数だけのチームが、今季の終焉を迎えるという、一抹の寂しさも感じさせてくれますね。

    投稿: KimuSIge | 2009年12月14日 21:57

    昨日はケーズデンキスタジアム水戸に来ていただきありがとうございました。水戸市ラグビー少年団でコーチをしており,村上さんが来ることは知っていたので,お会いできるかもと楽しみにしていたのですが,スクールの子どもたちの引率などで忙しく残念でした。もちろん試合を観戦した後,家で録画したJスポーツの村上さんの解説でもう一度試合観戦しました。これからも子どもたちにもわかりやすい解説を期待しています。

    投稿: のり | 2009年12月14日 20:53

    村上はんに期待しよか。海外試合放送拡大♪実現できるよう。契約解除はそれまで保留じゃ

    投稿: キヨシロウ | 2009年12月14日 20:46

    村上さん、信じてます!ラグビーファンの代表として、頑張ってください!Jスポーツの来期は期待を込めて、継続にしときます(^_^)v

    投稿: ラグビーファン | 2009年12月14日 16:02

    ヘッどキャップもスノーマークでコーディネートされてはいかがでしょうか

    投稿: ナベゾ | 2009年12月14日 06:08

    NEC少しづつ持ち直してきてますよね

    投稿: kerikeri | 2009年12月13日 20:25

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/47013402

    この記事へのトラックバック一覧です: TL10節13日の結果(水戸より):

    » 今日のラグビー神戸製鋼は本当に惜しかったネ!! [IXY-nob]
    今日はホームズスタジアム神戸のトップリーグ「神戸製鋼対トヨタ」戦を生観戦。 神戸製鋼は先週近鉄に勝利したものの、最後までわからない接戦するという、神戸としてはテイタラク。 さらにその前週は三洋に大惨敗。 この状態で2連勝のトヨタにどの程度戦えるのか、ちょっと失礼な試合前の感触。ところが、今日の神戸は違った。 自陣からも積極的に攻め上がり、かなりボールを動かし続けた。 ただ、トヨタのディフェンスは厳しく、攻撃力もトヨタの方が上回っており、どうしても得点経過はトヨタが先行してしまう。 それでも、今日の神... [続きを読む]

    受信: 2009年12月13日 21:08

    » 同志の署名活動協力に感謝! [まる≠楕円・・・? ふたたび]
    12日のラグビートップリーグ第10節@花園。第1試合のヤマハ発動機ジュビロvs福 [続きを読む]

    受信: 2009年12月14日 19:45

    » 大畑大介著 『不屈の「身体」』-なぜ闘い続けるのか  [ココロミ]
    またまた、PLANET SURFさんのエントリーで知りました。PLANET SURFさん、毎度、ありがとうございます。↓ 帯の表(この帯の裏には、両足のアキレス腱の手術の後が痛々しい)。 不屈の「心体」―なぜ闘い続けるのか (文春新書) 作者: 大畑 大介出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/12メディア: 新書 ↓ 目次まだ、入手したばかりなので全部は読んでいないのですが、この男、どこまでも自分の“弱い心”を追い込む。そうすることによって、幾多の逆境から蘇ってきた。「はじめに」の中に、こ... [続きを読む]

    受信: 2009年12月17日 23:21

    « 大学トークバトル | トップページ | ラグビーの夢 »