« TL12節土曜の結果 | トップページ | 花園2日目 »

大学選手権2回戦結果

日曜日は瑞穂運動公園ラグビー場だった。大学選手権2回戦、まずは関西学院大と明治大の対戦。今回の準々決勝4試合で、もっとも内容が読みにくい試合だったのだが、明治が今季最高のパフォーマンスで関西王者を圧倒した。SO田村は、関西学院の勢いよく前に出てくるディフェンスの裏をかいて、ロングパス、キックを駆使して次々にチャンスを作った。自在の状況判断は見事だった。その田村の8トライ中、8コンバージョンを決める正確なキックもあって、最終スコアは62-29という大勝だった。

関西学院もゴール前のラインアウトからモールを押し込み、素速い展開から俊足WTB長野が飛び込むなど、5トライを奪って、関西を全勝で制した実力は披露したのだが、きょうは明治が良すぎたというべきか。両CTBのタックルでリズムを作るスタイルなのに、ほとんどタックルに入れない。明治が徹底して関西学院の良さを消すことに成功した試合だった。対抗戦5位からのトップ4。ようやく目覚めた才能集団に、「日ごとに進化しているのが分かる」と吉田義人監督も満足げ。僕は2試合目の解説もあって会見に出られなかったのだが、後で聞いたところでは、戦前「FWで粉砕したい」と意気込んでいた関西学院に対して、「売られたケンカは倍にして返すということで」と笑顔で語ったという。明治は、1月2日、早稲田を破った帝京大と対戦することになった。

瑞穂の第2試合は、東海大対天理大戦。FWの総合体重で100㎏以上上回る東海大FWがモールなどで圧力をかけ、FB豊島が先制のトライ。HO木津、LO安井が次々にトライラインを駆け抜けた。何度もゲインラインを切られながら、粘り強くディフェンスする天理も大したものなのだが、東海大はFWだけでなく、BKの展開力もある。淡々とトライを重ねて53-12の快勝だった。

「1回戦の反省もあり身体を張って激しく、加えて一つ一つのプレーを丁寧に、と臨んだ試合でした。軽いプレーもあったが、自分たちのラグビーができたと思います」と木村季由監督。腕を骨折した荒木キャプテンに代わってゲームキャプテンを務めたNO8マウは、「ミスが多くて獲れるところでトライできなかった。ロータックルを練習したのに、できていないところもあった。集中力が足りなかったと思います」と反省のコメントが多かった。関東リーグ戦グループで唯一トップ4に残った木村監督は、「あとはみんな対抗戦ですね。気合いが入ります」と、対抗戦を破っての優勝に意欲を燃やしていた。

関西勢はこれで姿を消した。天理大の小松監督が打倒・関東について、「体重を増やす以外のことで考えたい」と語ったのは印象深かった。

秩父宮ラグビー場の試合はまだ見られていないのだが、早稲田の連覇が途絶えた。1月2日、準決勝のカードは、帝京大対明治大、東海大対慶應義塾大となった。

◎大学選手権2回戦結果
慶應義塾大○33-24●法政大学(前半21-14)
帝京大○31-20●早稲田大(前半12-13)
関西学院大●29-62○明治大(前半5-31)
天理大●12-53○東海大(前半0-24)

トップリーグの結果は以下の通り。トヨタ自動車がトップ4以上を確定させ、プレーオフトーナメントへの進出を決めた。

◎トップリーグ第12節結果(27日)
クボタ●18-23○近鉄(前半10-10)
神戸製鋼○70-10●コカ・コーラウエスト(前半42-5)
福岡サニックス○43-21●リコー(前半12-0)
九州電力●14-55○トヨタ自動車(前半0-27)

◎第17回全国クラブ大会1回戦結果
駒場WMM○28-12●帆柱クラブ(前半7-7)
三鷹オールカマーズ●5-42○六甲ファイティンブル(前半5-20)

高校大会の1回戦も開幕。結果はコチラにて。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL12節土曜の結果 | トップページ | 花園2日目 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    伝統校によって支えられているのが現実であっても、伝統校とは無縁の層のほうが圧倒的多数なんで、そこを先ず開拓しないと間に合わないと思います。
    伝統校に頼る発想は、今の協会内には無いと思います。そこで「判ってないなぁ、ホントはあるんだよ」って言われたら、伝統校と無縁層は、“ドン引き”でしょう。
    ラグビーって嘘偽りの無いところが、魅力なんです。又、思いっきり身体をぶつけに行くけど、相手を痛めつけて、ケガさせてやろうなんてことはしない。それにスリー・チアーズ、ノーサイドの精神、他のスポーツには無い良さが、いっぱいあります。
    そういうのを、どんどん紹介していくことのほうが大事でしょう。
    女性ファン獲得も、イケメン露出策だけじゃ、3日で飽きるんじゃないでしょうか、ルックスよりもラグビーの魅力を熱く語ってくれたら3日で慣れて、4日目も聴きたくなるんじゃないでしょうかね。
    ラグビーシーズンは、これからが佳境ですが、残念にもシーズンを終えられたプレイヤーは、ラグビーを知らない人に向かって、ラグビーの魅力を語って欲しいですね。

    投稿: KimuSige | 2009年12月29日 23:57

    関学の大敗には驚きました。早急に関西リーグのレベルアップの施策の実行が望まれます。シーズン開幕直前に、関東対抗戦・関東リーグ戦・関西リーグの前年同順位同士で総当たり戦実施。トップリーグと同じ勝ち点制にし、合計勝ち点の高いリーグから順に、大学選手権のシードを与えるというのはいかがでしょうか。早慶戦の時、協会の方からアンケート頼まれたので、そこでも提案してみました。

    投稿: 坂石町分 | 2009年12月29日 07:19

    ラグビーを観戦しに足を運ぶようになって二年目の女性ファンです。
    とくに伝統校ファンではありません。
    秩父宮で私の周りは年配の方ばかりでした。
    10年後のために女性ファンを増やす努力をするべきです。豊島選手みたいなイケメンをラグマガの表紙にするとかどうですか。

    投稿: 女性ファン | 2009年12月28日 23:08

    今の日本のラグビー人気は早慶明の伝統校(特に早稲田)に支えられてるのが現実だから、大学選手権決勝が東海対帝京になったらトップリーグ並の観客になるでしょうね。
    ラグビー人気を盛り上げる施策を真剣に考え実施しないと10年後恥をかくと思います。

    投稿: タマモクロス | 2009年12月28日 21:57

    村上さん、昨日は珍しく暖かかい瑞穂での解説お疲れさまでした。

    まさに明治は今季最高のパフォーマンス、その中にあってSO田村優の働きは一際輝いてましたね。レキップ風に点数を付けとすれば8点以上の高評価が付けられるんじゃないでしょうか。スタンドでお見受けした、父親の田村誠豊田自動織機監督もご満悦ようでした。

    投稿: ライガー | 2009年12月28日 10:20

    試合後会見のリリースを読みました。
    山中の交替については、どれぐらい突っ込まれ、どれぐらい答えたんですかね。
    早稲田が帝京の強さを引き出し、早稲田も、現状では実力以上の健闘をした。
    この試合については、そう思っていますが、自ら最後の牙を捨てるような山中交替の
    一点だけが不満ですね。
    2度目のコメントしつこくてすいません。

    投稿: 外苑前 | 2009年12月28日 09:17

    早稲田の敗戦は、本当に残念。怪我と抽選に泣いたということですか。来年も心配になりますね。
    ラグビー中年さんのおっしゃる通り、山中のキックミスは痛かったけど、今日のメンバーで、唯一帝京と
    勝負できたのは、山中だけ。2個目のトライは山中の仕掛けからでした。
    今日は最後まで山中の天才に賭けるべきでした。明らかに選手交替の誤りでした。

    ところで、今日の秩父宮でよかったのは、外苑前まで、車道を1車線つぶして、臨時歩道にしていたこと。
    いつも帰り大変なんですよ。助かりました。ちょっとしたことだけど。

    投稿: 外苑前 | 2009年12月28日 00:56

    Jsportで6時からの録画中継を見ました。2試合見たところで、水入りしています。こう拮抗した試合が続くと、特にリーグ戦対抗戦の優勝を占う試合等を通じて、けが人が出てしまうのは仕方のないこと、つまり30人のチーム(どこかの監督がおっしゃられてましたが)を作らないといけない、と。万全の体勢で正月明けの準決勝を!

    投稿: マッハGO,GO | 2009年12月27日 22:58

    2試合連続の解説お疲れ様でした
    先週と違って、暑い日差しが辛かったです^^;

    関西の大学は、なかなか殻を破れないのが
    もどかしいです。でも関東の大学も出身を見ると
    関西方面が多いのが・・・難しいところですね

    投稿: 瑞穂 | 2009年12月27日 22:36

    秩父宮は超満員でした。慶応-法政は実力の拮抗したよい試合でした。後半はやや法政が何回もゴール間際まで責めましたが、魂のタックルで止めたのは素晴らしかった。慶応No.11三木選手のステップは本当に切れ味がありますね。ある程度スペースがあると大学生では止められないかも...。
    しかし、慶応のトライのひとつは明らかにノーボールタックルでしたね。あと、帝京も明らかなトライが認められていませんでした。秩父宮だとこれらの決定的なシーンがスクリーンに大写しされます。観客全員が審判のミスを知るところになり、「なんだかなぁ」というふうに興趣を削ぎますね。NFLみたいにビデオアピールするのはラグビーに合わない気もするし....。難しいところです。

    投稿: ラグビー中年 | 2009年12月27日 22:28

    今日の早稲田の敗戦、誠に残念。
    正月超えをできない、というの実に何年振ぶりか・・・。
    後半の得点を先にものにしたにもかかわらず、波に乗りきれなかったのは、山中選手のペナルティからのタッチキックのミスからだったように思います。
    雑にプレーしたつもりはないでしょうが、キックに自信を持っている山中選手にはあってならないプレーだったのではないでしょうか。

    しかし、そういったミスよりも、早稲田ファンとして気になるのは、中竹監督の指導力に問題はなかったのか、という事です。
    「選手の自主性にまかせて・・・」という発言はこれまでも何度となく耳にしてきましたが、今年のチームにそれがフィットしていたかどうかは疑問に思えて仕方ありません。
    監督に期待するな、というのも分からないではないですが、実力伯仲の相手に対し、選手としても、またファンとしても期待はしてしまうと思いますし、勝たせるための監督力というのも必要不可欠なものではないのでしょうか?
    また最近では、推薦合格者の選抜基準も非常に気になります。
    来年の早稲田はそこそこやると思います。
    しかし、再来年、現2年生が最上級生になった時の代が非常に心配です。
    早稲田が強いチームだったとき、必ずと言っていいほど、スタメンもしくはレギュラークラスに才能豊かな1、2年生がいますが、今年についてはそういう選手がほとんどいなかったこと・・・・。
    いい素材の選手を集めやすくなった早稲田が、その選手たちを育ててきれていないような気がするのです。
    親がOB、兄が在籍しているというケースが多いのも気になります。

    トップリーグの最先端の戦術とトレーニング方法を知っているOBを新監督に迎えるべき時期が来ているのではないでしょうか?

    (内容が過激、反論がたくさん来そうなので、村上さんの判断で削除していただいても結構です)


    投稿: 坂井 充 | 2009年12月27日 21:54

    瑞穂で試合を見ました。今回は関西から、関東からの人でいっぱい。やはり、やる気を見せてくれました。休憩時間に出入り口でのタバコのにおいにうんざり。試合中、幼稚園ぐらいの子の応援の声が印象に残り、また、感心しました。次回の3回戦は2月7日の出場権を得る試合・・・以前は嫌がってたかも?、その日に出られるよう、4校とも力を出し尽くすと思います。3回戦が一番おもしろくなると思います。

    投稿: Y | 2009年12月27日 21:33

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/47130433

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学選手権2回戦結果:

    » 大学選手権2回戦結果 [★ Blog Funky Town ★]
    今日は秩父宮で大学選手権2回戦を観戦。 1試合目は慶應大学対法政大学。 慶應の圧 [続きを読む]

    受信: 2009年12月27日 20:44

    » ラグビー近鉄ライナーズ、今日は納得の快勝!! [IXY-nob]
    今日の近鉄の試合は神戸ホムスタ。 ビジター扱いだが、サポーターの数と声援の大きさはホーム(花園)にいるときとまったく変わらない。 むしろ、屋根があって反響が大きい分、応援団の熱狂はストレートにピッチに伝わる。 そんなファンの強烈な後押しで、今日の近鉄はキックオフから非常に積極的。 敵陣へのハイパントも厳しい地点に集中させ、ブレイクダウンでのフォワードの集散も早く、プレッシャーをかけて圧倒。 スクラム・ラインアウトも安定し、バックスのパスワークで前半早々にワントライを奪うと、同点に追いつかれた場面はあ... [続きを読む]

    受信: 2009年12月27日 23:02

    « TL12節土曜の結果 | トップページ | 花園2日目 »