« 千葉で男前に訊く | トップページ | どうなる大学選手権 »

慶應義塾・竹本選手に会う

水曜日は、慶應義塾大学の竹本竜太郎選手の取材に行ってきた。12月15日発売の大学選手権展望号「ラグビー・ヒーローズ」(ラグビーマガジン別冊)に掲載されるインタビューだ。久しぶりに、蹴球部の合宿所におじゃましたが、こんな立派だったっけ?と驚いてしまった。各所に消毒液など置いてあり、インフルエンザに対する注意書き多数。対策も万全という感じだった。そういえば、慶應ラグビーは来年110周年。ちなみに同志社ラグビーは100周年。

Takemoto

竹本選手は、長崎県出身で、4人兄弟全員が長崎ラグビースクールに通っていたというラグビー一家。末弟の竜太郎選手は、強烈なタックルと重心の低いランニングでいまや慶應バックスの要だ。話の大半は子供の頃の話など人となりが分かるもの。家訓や大切にしている言葉など面白い話がたくさん聞けた。「誰にも負けたくない」と、気の強さは並大抵ではなさそう。言葉はシンプルだったけど、人を引っ張っていくタイプだという評判が実感できた。

本当はスタンドオフがやりたいみたいで、「好きなのはダン・カーターですけど、マット・ギタウみたいになりたいです」と話していた。たしかに、ギタウタイプやね。大学選手権での活躍にも期待したい。

無理矢理のカーター(オールブラックス)つながりだが、フランスからこんな写真を送ってもらった。リッチーファンへの一足早いクリスマスプレゼントである。2009年IRBプレーヤー・オブ・ザ・イヤーのトロフィーを持つリッチー・マコウ。日本に来た時から髪の毛伸びたね。

Richie

トップリーグのホンダヒートが、2010年度入社内定者を発表した。楽しみな人材が多い。

中田晃司 LO 186㎝/ 98㎏ 帝京大学
鎌田祐太郎 LO 187㎝/100kg 明治大学
山根有人 NO8 190㎝/103kg 法政大学
生方信孝 SH 169㎝/ 73kg 大東文化大学
竹丸貴仁 CTB 176㎝/ 83kg 天理大学

追記◎以前もオーナーシェフ三嶋さんをご紹介した「フランス菓子16区」(福岡市中央区)。毎年16区からは、新年のラッキーを占う当たりの出るケーキが売り出されるのだが、今年はなんと、ラグビーの人形が入っていたら王様になれます、というケーキになっている。

16


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 千葉で男前に訊く | トップページ | どうなる大学選手権 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    山根君、北海道代表としてトップリーグで頑張ってほしいです。

    投稿: ながちゃん | 2009年12月 4日 22:38

    あれから10年経ったのか....

    投稿: ナベゾ | 2009年12月 3日 05:59

    10年ぶりの母校の大学日本一には竹本選手の活躍が欠かせないと思います。頑張って欲しいです。

    投稿: タマモクロス | 2009年12月 2日 20:50

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46918676

    この記事へのトラックバック一覧です: 慶應義塾・竹本選手に会う:

    » 日本一! [まる≠楕円・・・? ふたたび]
    コカコーラ戦の遠征で街中を歩いていたらみつけました。岡山だけに桃太郎のデザインの [続きを読む]

    受信: 2009年12月 2日 20:50

    « 千葉で男前に訊く | トップページ | どうなる大学選手権 »