« 男女7人制、金と銀 | トップページ | 上井草で写真撮り忘れ »

大学選手権対戦カード決定

7日夜、JR新橋駅前のSL広場には、約500名のラグビーファンのみなさんが集っていた。12月20日に開幕する全国大学選手権の公開抽選会。ビルの2階のバルコニーのような場所で行われた抽選会で僕は司会進行のお手伝いをしたのだが、広場のお客さんの多さに驚いた。約500名は僕の感覚的数字である。組み合わせは大型ビジョンに逐次映し出されたので、道行く人、電車に乗ろうとする人も何事かと足を止めていた。そういうのを、上から見ているのはちょっと面白かった。

抽選によって決まった組み合わせは日本協会のサイトなどですでにご存じの方も多いと思うが、今年も、関東学院大対帝京大(12月20日、秩父宮)という注目カードが実現した。この勝者が早稲田大と関西第5代表(立命館大対中京大の勝者)の勝者と12月27日に秩父宮ラグビー場で対戦することになる。このブロックは最大の注目を集めそう。

関東リーグ戦1部の王者・東海大は、筑波大との1回戦。この勝者は、関西2位の天理大、同3位の摂南大の勝者と12月27日に瑞穂ラグビー場で対戦する。対抗戦2位の慶應大は、12月20日、博多で福岡大と対戦。この勝者は法政大対流通経済大の勝者と12月27日の秩父宮で戦うことに。そして、6日の早明戦で底力を見せた明治大は1回戦で関東第5代表(拓殖大対東北学院大の勝者)と対戦。この勝者は、関西王者・関西学院大対同志社大の勝者と12月27日、瑞穂ラグビー場で相まみえる。このブロックはどこが勝ち上がってもおかしくない。

抽選後、各監督、キャプテンを報道陣が取材したのだが、帝京大の岩出監督は「東京でずっと戦えるのはラッキーです。それが一番嬉しい」と自信の表情。すぐ近くで取材を受けていた関東学院の桜井監督に「でも、くせ者やからなぁ。春口さんに、アドバイス禁止って言うといて」と早くも牽制。このお2人は仲がいいようだが、表情は臨戦モード。岩出監督が「Bチーム出してよ」とさらに畳みかけると、「意地張らしてくださいよ」と桜井監督が返し、早くも火花が散っていた。

慶應大の林監督は、「98年に僕がコーチ時代、対抗戦2位で博多に行き、福大と対戦したことがあります。いい思い出だし、遠征も嫌ではないですね」と博多行きを歓迎。「帝京大戦では予期せぬことへの対応力が問われていたと思います」と対抗戦での逆転負けを振り返り、そのあたり「しっかり準備していきたい」と話されていた。

各チーム、主力に負傷者もあり、彼らがいつ復帰できるかも明暗を分けることになるのかもしれない。

1回戦の会場はイベント終了後にすぐ決まったのだが、各チームの負担(移動、宿泊など)をできるだけ軽くすることと、入場料収入などを考慮して決められたようだ。

追記◎
東アジア競技大会から男女7人制代表チームが帰国。こちら、メダリストがもらった大会マスコットのDONY(ドニー)くん。金メダルかけてます。

Dony


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 男女7人制、金と銀 | トップページ | 上井草で写真撮り忘れ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    拓大の4強、十分可能性がありますね。
    関東と帝京も熱戦必至。
    筑波も東海相手に一発・・・。
    抽選の妙味ですね

    投稿: エリス少年 | 2009年12月 9日 16:50

    KimuSIgeさんに同感です。

    あらかじめ組み合わせが(下手をすると結果が)読めてしまうトーナメントよりも、「今年の抽選はひどい」「今年は面白い組み合わせになった」と毎年あれこれ思える方がファンとしては面白いような気がします。

    筑波が東海相手にどこまでやれるかが気になります。

    投稿: 山辺響 | 2009年12月 9日 09:42

    今年の大学選手権の組み合わせは大変おもしろそうに思えます。同じリーグ同士が再戦して、
    以前負けたのが勝って上位に進出する可能性があることや、有名大学が地方で試合をすることや、どこが1位になるか予想がつかないことなどです。選手権の名の通り、代表校を選ぶだけのことですから、この方式でやれば、どこの大学も出れるチャンスが出てきます。リーグで1位2位であっても、出れなくなることもあるわけです。変な期待ですが、意外な大学が上位になることを希望します。もちろん、強ければ有名大学が残ってもいいのですが。

    投稿: Y | 2009年12月 8日 21:15

    もし、関西第五代表決定戦で、中京大学が立命館大学を破ることがあれば、地元、瑞穂での早稲田と当たるんですね。
    そうなると瑞穂は大盛り上がりになるとおもうんですけど。

    投稿: ライガー | 2009年12月 8日 20:43

    花園の誘致大賛成です。
    近鉄ライナーズも頑張って欲しいけどマクドナルドはでてこないんですか?

    投稿: 東大阪市民 | 2009年12月 8日 20:31

    今年、私の母校は比較的恵まれましたが、昨年は散々でした。なによりも「ラグビーの文化」的なものは、「大会の最初の頃は捨て試合だとしても、強豪同志はいよいよ終盤にぶつかる。」というのを大前提にして、シード同志は最初の頃は当たらないカッチリしたトーナメント/予選リーグを組むことが、W杯から高校ラグビーまで、常識的に行われている事ではないでしょうか…。

    投稿: トンガリキッズ | 2009年12月 8日 16:24

    抽選に関しては、今年のような偏ったカードになってしまうことも織り込み済みで、決定されたかと思います。

    以前のような形に戻せば、ランク1位と16位、2位と15位・・・7位と8位となってしまって、結果が読めてしまうのかなと、それと「ランキングの査定がおかしい」とか、つまらない意見も出てくると思います。

    何れにしても、メリット、デメリットは当然有りますし、そういうことは判ったうえで、もっとシンプルに“より楽しめるのはどっちか”という観点で突き詰めていけばよろしいのではないでしょうか、
    選手は、昨夜の抱負からも、一戦一戦、自分達のラグビーをやりたいと、極めてシンプルですので、私達ファンは、客席あるいはテレビを通して、感じてあげれば良いと、私は思います。

    投稿: KimuSIge | 2009年12月 8日 12:50

    関西勢5校のうち4校が関西勢同士の初戦。
    おまけに関西1位の山は国立まで各リーグ4位、5位校のみの対戦。
    関西人としてもこの組み合わせにはちょっと違和感が・・・。
    せめて1回戦は同じリーグ校との対戦はナシにできませんかね?

    投稿: ダイ | 2009年12月 8日 12:00

    同じリーグの対戦が多いですねdown
    何か面白みに欠けると思うのは自分だけsweat01
    同じリーグ同士の対戦は出来るだけ避ける用にして戴きたい。

    投稿: ジャイ吉 | 2009年12月 8日 03:16

    普段、新橋は使わないのですが、今日偶然居合わせました。次の予定の為、始まるまでいられず、残念でした・・・。

    投稿: ちぃ | 2009年12月 8日 02:50

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/46964431

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学選手権対戦カード決定:

    « 男女7人制、金と銀 | トップページ | 上井草で写真撮り忘れ »