« 2009年8月16日 - 2009年8月22日 | トップページ | 2009年8月30日 - 2009年9月5日 »

2009年8月23日 - 2009年8月29日

大阪トークLIVEのお知らせ

金曜日は、打ち合わせが多く、酷暑となった都内をずっと移動していた。トップリーグはいつのまにか開幕まであと7日。9月4日夜は、秩父宮ラグビー場に行こう! そして、10月31日にブレディスローカップはただいま前売り券発売中。大会までにいろんなイベントが行われそうなので乞うご期待。僕も一人でもラグビー愛好者を増やすべく、コツコツ頑張ります。

さて、きょうは大阪でのトークライブのご案内を。恒例になった、大阪・立売堀のミームカフェでのトークライブである。今回は、元日本代表キャプテンであり、現在、トップウエストのNTTドコモレッドハリケーンズのヘッドコーチ、アンドリュー・マコーミックさん。昨年夏、東京でもマコーミックさんとは、トークライブをしたのだが、ラグビーの魅力のたっぷり詰まったいい話をしてくれた。今回も楽しく熱く語りたい。

※募集は8月31日から始めましたが、満員となったため申し込みを締め切ります。ありがとうございました。

『TALK LIVE in MEME CAFE~FOR R 2009~(TMF)』
日時=2009年9月25日(金) 
   午後7:30~(開場午後7:00) 
ホスト=村上晃一 
ゲスト=アンドリュー・マコーミック

場所=ラグビーカフェ ミーム
大阪市西区立売堀1-5-2
立売堀ビル1F5号ミーム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TL開幕まであと8日

Img_0203

木曜日もイケメン取材だった。まずは、サントリーサンゴリアスのSO菅藤心(かんとう・しん)選手。赤坂の会社で、営業に出る前の忙しい時間を縫ってのインタビューだった。これは「ぴあ」のWEBに9月中旬にアップされるものなのだが、試合で見せる激しいタックルとは裏腹な、やさしい、丁寧な受け答えだった。菅藤選手といえば、長崎出身で、ラグビー界では有名な兄弟選手。一番上のお兄さんは、ラグビーをしていないそうだが、二男の圭さんは、コカ・コーラウエストレッドスパークス、三男の友さんは、福岡サニックスブルースのキャプテン、そして四男の心と、3人ともトップリーガーである。今季も直接対決があるので、それを楽しみにしているようだ。ちなみに、お母さんからは、ちょうど真ん中の席が欲しいと言われるのだとか。

Img_0210

続いて、東芝ブレイブルーパスの吉田朋生(よしだ・ともき)選手のインタビュー。言わずと知れた日本代表SHだが、高校1年生のときに55㎏したなかったところから、連日の朝練で身体を大きくし、努力の末に日本代表の座を勝ち取った。小さな選手達に夢を与える存在だ。「これからも子供達を勇気づけていきたいです」。その肉体は極限まで鍛え上げられており、フィットネスでは東芝随一の数値を誇る。それも負けず嫌いゆえの結果。今季も身体を張ったプレーで東芝を引っ張ってくれそうだ。


さて、トップリーグ開幕が迫っているし、10月31日には、ブレディスローカップもあるわけだが、11月の日本代表戦もお忘れなく。「リポビタンDチャレンジ2009 日本代表対カナダ代表」のチケット発売日が決定した。

また、特別企画として、大会限定Tシャツ付きチケットが発売されることも明らかになった。11月15日(日)、21日(土)、ユアテックスタジアム仙台と秩父宮ラグビー場で行われる試合について、カンタベリー・オブ・ニュージーランドジャパンと日本ラグビー協会のコラボ企画。

詳細は日本協会のサイトなどで確認していただきたいが、Tシャツ付きチケットの販売は10月25日まで。たとえば、仙台の試合では、Tシャツ付きのメインS席が、前売りで4,500円(メンバーズクラブ会員は3,800円)。バックA自由席は3,000円(メンバーズクラブ会員は2,600円)など。他にも様々な券種がある。仙台、秩父宮ともに、Tシャツ付きの小中高生自由席は、1,300円(前売りのみ)と、すごくお得になっている。ちなみに、Tシャツのサイズは、一般=L、子供=Sのみ。試合当日に渡される予定のようだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TL開幕まであと9日

水曜日は、リコーブラックラムズの砧グラウンドで、生沼知裕(ともひろ)選手の取材をしてきた。ぴあのWEBで9月中旬あたりにアップされるもの。これから、各チームのイケメン選手が紹介される予定だ。

生沼選手は、セコムラガッツから移籍し、今季よりリコーでプレーしている。さわやかな好青年。うわさ通りの男前だった。ちなみに、銀座の本社勤務で営業職だという。自分が取材されることが照れくさいのか、終始、「いいんですか? 僕で」と言っていた。イケメンっぷりは記事をご覧頂くとして、撮影風景をちょっとご紹介したい。191㎝、105㎏の均整の取れた肉体。ポジションはロック。活躍してトップリーグの人気向上に一役買ってほしいところ。

Oinuma

さて、トップリーグの話題だが、9月4日、秩父宮ラグビー場で行われる開幕戦で、「2019サンクスシート」が設置されることに。ラグビーワールドカップ2015・2019の日本招致活動成功で、ファンの皆さんに感謝の気持ちを示すと同時に、今シーズンの開幕戦となる秩父宮ラグビー場のスタンドに「2019」の文字を作り、みんなで2019年に向けたスタートを切りたいという願いが込められている。

東スタンド(バックスタンド)前段に「2019」の文字が浮かび上がるよう、当該の336席のお客さんに、指定のTシャツを着用してもらうという。試合当日、東スタンド回廊にて受付。先着336名。

また、トップリーグでは秩父宮ラグビー場や近鉄花園ラグビー場で既に実施しているキャンペーンを今シーズンより福岡レベルファイブスタジアムでも実施することになった。

このキャンペーンは、今季のトップリーグ公式戦の使用済み入場チケット半券(有料券・招待券を問わず)と、当日の有料入場チケット1枚を持参すると、同伴者の自由席一般入場チケットを1枚無料で進呈するというもの。これを利用して、福岡のラグビー好きのみなさんも、どんどんお友達を誘って、ラグビー観戦を!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグビーマガジン10月号

25日はラグビーマガジン10月号の発売日。今号は、ワールドカップ日本開催決定レポートと、トップリーグ開幕特集が巻頭を飾っている。

Cover_10

ワールドカップ招致の舞台裏の報告は、いかにこの結果が薄氷を踏むものだったかが分かる。もし、否決されていたらどうなってしまっていたのか怖くなる内容。田村編集長はじめ、さまざまな人が書いているが、これから成功させるための絵を早く描かなくてはいけない。

トップリーグ特集の頭は、東芝ブレイブルーパスの廣瀬俊朗、三洋電機ワイルドナイツの霜村誠一両キャプテンの対談。網走で収録されている。「去年、大変だったときに相手が三洋だったから頑張れたし、あの試合ができた」(廣瀬)などなど、好敵手ならではのコメントが続く。この2チームを追うサントリーサンゴリアスの佐々木隆道キャプテン、有賀剛の対談も頼もしい内容だ。

そして神戸製鋼コベルコスティーラーズの大畑大介キャプテンのインタビューは、ちょっとショッキングな内容?かな。有言実行の男、どこまで突っ走るか。箕内拓郎、難波英樹ら、各チームのベテラン勢いのコメントもいい。難波、泣けます。

特集「シーズン直前、知っとこルール」も必読。「トライの瞬間に、タッチインゴールにラインに触れていたら?」など、知っておいた方かいいルール勉強しておきたい。

Cover_tl09

別冊付録は、トップリーグの写真名鑑。注目のセコムラガッツ(トップイースト)のあの人は、今年も健在である。僕のトークライブに出演してくれたときは、「完全に崩すのではなく、いそうな感じの顔に崩すのがポイント」と秘訣を語っていた。今年の顔、これ、いるかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TLカンファレンス

Tlp1

24日の午後、都内のホテルでジャパンラグビートップリーグ2009-2010プレスカンファレンスが行われた。ファーストジャージーを着た全チームのキャプテンが勢揃いした(欠席の場合は、バイスキャプテン、または準ずる選手)。

会の中盤には、開幕節のカードごとに、両監督、ヘッドコーチらが抱負を語った。僕のこの部分の進行役をさせてもらったのだが、僕が東芝と三洋電機のときはこんなやりとりに。瀬川監督に「怪我をしているデヴィッド・ヒル選手は開幕に間に合いますか?」と問うと、三洋電機の飯島監督が、「それ重要な情報です」。すると瀬川監督が「ヒーナン選手のことも聞きたいですねぇ」。結局、ヒルは五分五分、ヒーナン選手のほうは、飯島監督が「会社に口止めされています」と逃げた。

神戸製鋼の平尾誠二監督と、サントリーサンゴリアスの清宮克幸監督が、なにやらお互いに微笑みあって牽制しあっていたり、サニックスの藤井雄一郎監督が、「他に全部負けても九州勢には勝ちたい」と、九州電力の郷田正監督を前に力強く語ったり、なかなか面白かった。

Tlp2

個別取材のとき、神戸製鋼のキャプテンであり、キャプテン会議の代表である大畑大介選手に話を聞いた。「トップリーグをみなさん見に来てください、という表情で」といったらこの笑顔になった。肩の怪我があったのだが開幕に向けて順調に調整中で、開幕戦は出場の予定。

7人制日本代表のスター選手でもあった大畑選手は、7人制ラグビーのオリンピック採用が濃厚になったことを喜び、「7人制のほうが(15人制より)球技の要素が強いから、中学、高校のいい選手を発掘しやすい。2016年のオリンピックで世界と戦える選手になれば、2019年の15人制ワールドカップでも勝負できる選手なりますよ。2年あれば15人制の筋肉に変えられる。7人制は選手の強化がしやすい」と話した。そして、「トップリーグでも7人制の大会ができないか、キャプテン会議でも提案したいと思っています」と7人制強化に積極的だった。

また、大畑選手は、トップリーガーの役割として、「トップリーグの成功なくして、2019年の成功もないし、未来のラグビーはないとさえ思っています。いまプレーしている選手は、2019年だけでなくその先のラグビーのことも考えて自覚をもって行動しなければいけない」と、グラウンドの内外で選手の自覚を求めた。

Tlp3

こちら、NECの安藤栄次選手。足首の怪我があり、開幕戦に向けて調整中。今季は各チームとも外国人選手がSOを務めることが多くなりそうで、日本人SOとして頑張ってほしいところ。

Tlp4


こちらは、ヤマハ発動機の山村亮キャプテン。胸の筋肉が凄かったので思わず撮影したのだが、現在、186㎝、116㎏、胸囲は120㎝くらいという。夏合宿で膝を痛めたが順調に回復中。

追記◎NECグリーンロケッツに、インフルエンザに感染,発症した選手が2名出たため、その選手ともにバスで行動していた選手達が自宅待機になっていると発表があった。すでに1人は回復し、もう1人も安定しているという。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TN第5戦は?

日曜日は私用でずっと車を運転していた。こんなに長時間は初めてだった。リラックスして走るのって、けっこう難しいなぁ。

さて、コメントでマイクロソフトカップについてのご質問があった。トップリーグがプレーオフ制度を採用して以降は、プレーオフに対してマイクロソフトが冠になるスタイルだったので、冠はなくなりましたが、プレーオフは昨年同様行われます。

土曜日の夜は、トライネーションズ第5戦をJSPORTSで解説した。まだ録画を見ていない方もいると思うのだけど、できればスコアを知らないで見ることをお薦めしたい。オールブラックスは世界最高のSOと呼ばれるダン・カーターがアキレス腱の負傷から復帰。さすがのプレーを見せる。ワラビーズのSOマット・ギタウとの勝負はみどころがあった。一人でも多く楽しく見ていただきたいので、この件については、このへんで。

神戸製鋼コベルコスティーラーズが、募金活動で集まった金額を、8月24日、日本せきずい基金へ寄贈する。寄贈するのは大畑大介キャプテン。2008年9月6日からトップリーグ全13試合の会場と、2009年2月7日の日本選手権の会場にて募金されたものに、今年の7月5日に開催された「コベルコラグビーフェスティバル2009」の収益金の一部も加えられる。神戸製鋼はじめトップリーグの地道な社会貢献活動は見逃せない。

お知らせ◎僕も取材に行った網走ラグビーフェスティバルが、「ジャパンラグビートップリーグ 09/10 プレビュー ~網走ラグビーフェスティバル~ 」として放送される。試合の様子だけでなく、監督や選手のインタビューもある。初回放送:8月27日(木)22時~ J sports 1 ※リピート放送有り

| | コメント (4) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2009年8月16日 - 2009年8月22日 | トップページ | 2009年8月30日 - 2009年9月5日 »