« 2009年9月20日 - 2009年9月26日 | トップページ | 2009年10月4日 - 2009年10月10日 »

2009年9月27日 - 2009年10月3日

24年ぶり

金曜日、ある仕事で大阪体育大学のネクタイとブレザーを着用した。このネクタイは、僕が大学1年~3年生で使っていたものなので、約24年ぶりにしめたことになる。クリーニングに出して保存しておいて良かったぁ。ちなみに、ブレザーのほうはさすがに現役時代のものは着られないので(つまり、現役時のほうが細かった)、OBになってから作ったものだった。これも久しぶりに着たけど、気分が引き締まるものだ。

200910021723001

追記◎ちなみに、なぜ大学時代のネクタイをしめたかというと、12月中に発売予定のDVD大学ラグビー激闘史の収録のためだった。これまで1982~1986の5巻、1987~1991の5巻が発売されているが、今度は1992~1996年が発売されることに。基本的には、それぞれの年度の名勝負がフルに近い形で収録されるのだが、当時、出場していた選手へのインタビューがあり、元木由記雄選手、伊藤剛臣選手、増保輝則さんらが語っている。僕はその4本分の特典映像に出てくる予定。編集で切られちゃったりして(汗)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仙台トークイベント

立て続けにお知らせですみません。仙台でもトークイベントがあります。実はこれは一番近くて、10月13日の夜です! 参加者募集中

11月15日(日)にユアテックスタジアム仙台で開催される、日本代表対カナダ代表戦を記念してのスペシャルトークショー。トークショーの後は日本代表ユニフォームやグッズが当たるクイズ大会も実施! 仙台のラグビーファンのみなさん、お友達連れて来てください。参加費、かなりお得です。

実は僕はこの話をもらってから、ずっと自分が進行役だと思いこんでいた。内容をよく確認してみると、なんと僕は出演者ではないか。心してかからねば。日本代表のことだけではなく、岩渕さんと今後の日本ラグビーのこととかも話せればいいな。

◎応募要領は以下の通りです。
【日時】2019年10月13日(火)19時~21時
【場所】CLUB SHAFT(仙台市青葉区国分町2丁目10-11第3吉岡屋ビル4F)
TEL&FAX 022-722-5651 http://www.clubshaft.com/
【出演者】
村上晃一/ラグビージャーナリスト
岩渕健輔/日本代表ハイパフォーマンスマネージャー・7人制日本代表コーチ
司会/佐藤千晶 KHB東日本放送アナウンサー

【応募要項】
●参加費 男性1,000円 女性500円(ワンドリンク&軽食付)
●先着100名 入場券の発送をもって当選通知とさせていただきます。
●応募先 河北新報社東京支社営業部『ラグビートークショー係』
※係名は必ずご記入ください。
はがき:〒104-0061 東京都中央区銀座8-6-25
ファクス:03-3572-2135
E-メール:kahoku-tyo2@po.kahoku.co.jp
住所、氏名、年齢、電話番号、男性・女性それぞれ何名参加希望かを明記し、上記いずれかの方法でご応募ください。※未成年(20歳未満)の方は参加いただけません。
※ご記入いただいた個人情報は、トークショーの入場券発送以外には使用いたしません。
●応募締切 2009年10月5日(月)必着
●お問い合わせ先 TEL.03-3572-2131(受付時間平日10:00~17:00)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申し込みできます。

お待たせしました。「ラグビー愛好日記3」出版記念トークイベントの申し込みができるようになりました。何度もBBMのホームページを見ていただいたみなさん、誠に申し訳ありませんでした。11月14日=東京・渋谷、11月28日=福岡・博多の申し込みができます。11月22日夜の大阪のイベントについては、ただいま詳細を詰めております。ご案内できるのは、来週になると思いますが、また改めて本ブログでご紹介します。

10月といえば、運動会。僕は小学校の頃はあんまり走るのが速くなくて、ラグビーを本格的に始めてから運動会で活躍できるようになった。一番早かったのは高校の時かも。というか、他の友達が運動不足だったのかな。というわけで、以下はスポーツの秋に関連してのお知らせ。

10月4日、「第4回青山スポーツ祭り」が開催される。開催概要は以下の通り。

『第4回青山スポーツまつり』

【開催概要】
■日時:10月4日(日曜日)10:00~16:00
■場所:秩父宮ラグビー場
■主催:青山スポーツまつり実行委員会
(財団法人日本ラグビーフットボール協会、青山外苑前商店街振興組合)
■協力:国立競技場/伊藤忠商事株式会社/東京ヤクルトスワローズ/FC東京/東京アパッチ/キンダー善光サッカークラブ/(財)東京都サッカー協会キッズプロジェクト/日本スポーツごみ拾い連盟
■後援:赤坂警察署、赤坂消防署、港区役所
■運営サポート:東京都立青山高等学校
※入場無料
【実施内容】
●体験型スポーツイベント
・『タグラグビー教室』(日本ラグビーフットボール協会)
どなたでも安全に楽しめるタグラグビーができる『タグラグビー教室』を実施します。お気軽にご参加ください。
※参加希望の方は、運動のできる服装と運動靴でご来場ください。
実施場所: 秩父宮ラグビー場 東テニスコート
実施時間: 1.10:00~11:00
     2.13:00~14:00
・『ピッチングストラックアウト』(東京ヤクルトスワローズ)
・『バスケット体験ゾーン』(東京アパッチ)
・『キックターゲット』(FC東京)
・『サッカー教室』(キンダー善光サッカークラブ)
・『テニススクール』(青山ベルコモンズテニススクール)
●参加型、観覧型イベント
・『スポーツGOMI拾い大会』(日本スポーツGOMI拾い連盟)
・『フリーマーケット』(リサイクル市民の会)
・『ブラスバンド発表会』(青山小学校、青山中学校、国学院高校)
・『青少年の健全育成PR』『交通安全PR』(赤坂警察署)
・『防災予防PR』『応急救護体験』(赤坂消防署)
※イベントは変更、または中止になる場合があります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お詫び

何度も告知してきた、11月の出版トークイベント、本日が申し込み開始日なのですが、諸事情あってまだ申し込み画面が出ていません。本日夜には申し込み可能になる予定です。ご迷惑かけて申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デフラグビーのお知らせ

第2回デフラグビーフェスティバルが、10月11日に開催される(主催:日本聴覚障害者ラグビー連盟)。デフラグビーとは、ろう者、難聴者によるラグビーのことで、1996年に日本でもチームが結成され、2002年には世界大会の7人制ラグビーで準優勝、2005年には英国遠征と、国際交流も活発に行われている。今回のイベントでは、聴覚に障害をもつ子供たちへのラグビー教室と親善試合がある。

場所は、辰巳の森海浜公園ラグビー練習場。10:30からデフキッズラグビー教室の受付が始まり、食育セミナーなどののち、親善試合の観戦とデフキッズラグビー教室がある。終了は14:00の予定。参加料は無料。参加希望の方は、氏名、年齢(学年)、所属、お子さんにアレルギーはありますか? 車で来ますか? その他(注意して欲しいこと、知らせておきたいことなど)必要事項を明記の上、10月5日までに申し込みを。受付は以下のアドレスへ。taka-jie@za2.so-net.ne.jp 見学は誰でもできます。

追記◎11月中旬に「ラグビー愛好日記3トークライブ集」(ベースボール・マガジン社刊)が発売になることは何度かお知らせしていますが、10月1日は、出版記念トークイベントの申し込み開始日です。詳細はコチラより。また、11月28日の博多でのイベントも詳細が決まり、東福岡高校の谷崎監督にゲストとして参加していただくことになりました。大阪でのイベントは調整中ですが、11月22日夜、大阪・北浜のラグビー部マーラーで開催予定です。詳細は近くお知らせします。

11月21日夜、原宿で行われるファンイベントの申し込みも、ベースボール・マガジン社のHPで受付中です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16番目の…

きょうはひたすらパソコンに向かう日。でも、なんだか原稿が進まない。こういう日もあるかぁ。

オールブラックスとワラビーズの定期戦ブレディスローカップまであと1か月。取材申請の詳細が送られてきたりして、いよいよの感。ところで、いまニュージーランド航空が『16番目のAll Blacksを探せ!オーディション』 の参加者を募集中なのをご存じだろうか。

オールブラックスを鼓舞するパフォーマンスを披露して、優勝すれば来年のブレディスローカップにペアでご招待、という企画だ。第二次審査では、今回来日するオールブラックスの選手が審査員になるという。詳細は、本ブログの右下のバナーより。応募締め切りは10月5日。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7人制1DAY合宿

某駅近く、神田川沿いを歩いていたら、こんなの発見。ずっと気付かなかった。

Kanda

2016年の夏季オリンピックで7人制ラグビーが採用されるかどうか正式決定は10月9日。その前に2016年が東京で行われるかどうかは、10月2日に分かる。7人制日本代表は12月5日、6日、香港で行われる東アジア競技大会に向け、9月30日に都内(辰巳=雨天変更あり)で1day合宿を行う。

参加メンバーは次の通り。ファラウ愛世、鈴木学、築城昌拓、友井川拓、宇薄岳史、桑水流裕策、末松勇喜、横山伸一、岩井陸雄、笹倉康誉、夏井大輔、荒牧佑輔

岩井は國學院大學3年、笹倉以下の3名が関東学院大学。先日、村田亙監督と話したのだが、愛世がすごく調子がいいそうで、リーダーシップもあるとのこと。

問題もある。12月5日、6日というのは大学各リーグは最終戦を迎えるところが多いし、トップリーグも開催される日とあって、「メンバー編成が難しい」と話していた。トップリーグのチームも選手45名前後で活動しているところが多く、10名程度の負傷者を抱えると22名の編成も苦しくなるというのが実情。しかし、7人制の強化も日本ラグビーの大切な課題であり、7人制ラグビー向きの選手をどう継続的に強化すべきかトップリーグのチームと協会が話し合って、選手確保のためのルールを作らなくてはいけないだろう。

先日、日本代表のジョン・カーワンヘッドコーチにインタビューした時、「オリンピックで勝つために代表チームを強化する場合は7人制専門の選手達を作っていったほうがいい」と話していた。そうしないと年間を通して世界の7人制大会に出場して経験を積むこともできない。

7人制日本代表の今後の予定だが、11月7、8日にシンガポールセブンズ、11月28、29日のスリランカセブンズに参加する。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TL第4節27日の結果

日曜日はJSPORTSの解説で熊谷ラグビー場にいた。午後1時からは関東大学リーグ戦1部の法政大対流通経済大戦が行われていた。序盤は強力FWの流経大がリードを奪う場面もあったが、法大がSH日和佐、SO文字らを軸にスピーディーにボールをつないで逆転し、終盤の流経大の猛追をかわして32-24で勝利した。他会場の試合は後で結果を知ったのだが、帝京大が筑波大に0-7で敗れたり、関東学大が17-14で大東大をかろうじて下すなど興味深いスコアが多かった。

熊谷でのトップリーグ第4節、三洋電機ワイルドナイツ対コカ・コーラウエストレッドスパークスとの試合は、前半からコカ・コーラが粘り強いディフェンスを見せ拮抗した展開になった。FBウェブ、SO福田が三洋のキックを簡単には蹴り返さず、相手の陣形をよく見てキックし、カウンター攻撃を仕掛け、ときには堅実にタッチに蹴り出す。三洋がようやくトライをあげたのは前半23分、HO堀江が足腰の強さでゴールラインにボールを運んだものだった。前半を終えて17-6と三洋がリード。昨季、70点以上を奪われたコカ・コーラにとって11点差は逆転可能な点差という意味でも許容範囲だった。

後半も粘り強く戦ったコカ・コーラだが、「クイックラックが出なかった」(向井監督)という言葉通り、大事なブレイクダウン(ボール争奪局面)でいいボールが出ずにチャンスを潰すことが多かった。逆に三洋は苦しい展開の中で着実にスコア。この日のプレースキック成功率が100%のFB田邊がPG、約47mの長距離ドロップゴールを入江が決めるなどして逃げ切った。特にドロップゴールは17点差に引き離す値千金のものだった。

三洋の霜村キャプテンは「セットプレーでプレッシャーをあびてペースがつかめなかったのですが、その中で3トライを奪えたことが収穫です」と語り、パニックにならずに我慢したチームメイトを称えた。

第4節を終えてトップリーグの全勝は三洋電機のみとなった。しかし、3トライに留まったので、ボーナス点がとれず、4試合で断トツの27トライをあげているサントリーが勝点「1」差に迫っている。東芝を破ったトヨタも3位につけ、三洋との差は3点だ。この日、三洋と堂々渡り合ったコカ・コーラ、前日、好調のクボタを破ったサニックスも侮れないチーム。順位争いはさらに混沌としそうだ。観る方にとっては面白い展開である。

サニックスがクボタを破った試合を録画で見せてもらったのだが、自陣からしつこく華麗につなぐサニックスのトライに感動をおぼえた。チーム広報から送っていただいたキャプテンコメントは次の通り。

菅藤友キャプテンコメント
「ミスが起きても自分たちの形を貫き通せました。これからも自分たちの形を維持していくことが、勝つ方法だと思います。開幕から3連勝している勢いのあるチームを相手にして勝てたことは大きな喜びです。これで2週間後のトヨタ戦にチャレンジできます」

トップリーグは、1週お休み。第5節は、10月9日のサントリー対ホンダ戦から始まる。


| | コメント (2) | トラックバック (2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2009年9月20日 - 2009年9月26日 | トップページ | 2009年10月4日 - 2009年10月10日 »