« 2009年2月8日 - 2009年2月14日 | トップページ | 2009年2月22日 - 2009年2月28日 »

2009年2月15日 - 2009年2月21日

サントリーカップ開催

土曜日は、JSPORTSワイドに出演後、スーパー14の、ブランビーズ対クルセイダーズ戦の解説。地味な内容ではあったけど、好感のもてるいい試合だった。クルセイダーズの若い選手たちの頑張りに感動した。粘るなぁ。

東京・秩父宮ラグビー場にて行われる「サントリーカップ 第5回全国小学生タグラグビー選手権大会決勝大会」は、21日、第1日目を終了。22日にカップトーナメントに優勝したチームは、サントリーサンゴリアスチームと「エキシビジョンマッチ」をがある。そうするべきだなって思っていた。良かった。入場は無料。大会2日目の予定は以下の通り。

・2月22日(日)
10:00~11:30 トーナメント1回戦
11:40~12:40 プレート・ボウル・シールド決勝戦
12:50~13:10 カップ決勝戦
13:10~13:30 表彰式
13:30~14:00 エキシビションマッチ

◎お答えします。
スーパー14のブルーズで今節出場するジョシュ・ブラッキー選手についてのご質問ですが、二重登録はできないので、神戸製鋼コベルコスティーラーズとの契約を終えてのスーパー14復帰です。ただし、かつてのトニー・ブラウン選手やヤコ・ファンデルヴェストハイゼン選手もそうですが、来季の選手登録時期に間に合うように登録すれば、また日本ででプレーすることができます。そのあたりは未定のようです。

もう一つ、和製マーシャルさんからご質問のあった、スーパー14第一節「シャークス対ストーマーズ」のノット・リリース・ザ・ボールの反則の件ですが、再度見直したのですが、やはりあれは、ノット・リリース・ザ・ボールです。タックルされた選手が立ち上がっていますので。スーパー14が採用するルールでいけば、あれはFKになるべきです。レフリーの単純な間違いの可能性もあるし、明らかに故意である反則は、PKにすることもあるので、それが適用された可能性もあります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本選手権SFメンバー

金曜日、我慢できなくなって散髪に行った。最近はちょっとでも伸びてくると気になって切りたくなる。席についたら横から聞き慣れた声が。某映画監督だった。彼の作品について話しかけようかと思ったが、こういうのは弱気なタイプである。さっぱりして気分良く出て行った監督を鏡越しに見送った。

今朝の毎日新聞に、杉並区立の小学校で体育の授業にラグビーが採り入れられ、子供達に好評だという記事が掲載されていた。タックル有りのラグビーである。教えているのは、杉並少年ラグビースクールのボランティア。職場の休暇をとって指導にあたっているとのこと。嬉しいね。

22日の日本選手権準決勝の先発メンバーが発表になっている。以下の通り。三洋電機は、マイクロソフトカップの決勝では調子の出なかったブラウンが控えスタート。後半のインパクトプレーヤーかな。リコーは、2回戦でFLに入って活躍したウィルソンが本来のCTBで先発し、ラーカムと強力なBKラインを形成する。この試合、JSPORTSで僕が解説します。

リコーブラックラムズ=1高橋英明、2滝澤佳之、3長江有祐、4田沼広之、5遠藤哲、6相亮太、7相紘二、8後藤慶悟、C9池田渉、10河野好光、11小松大祐、12金澤良、13ジョエル・ウィルソン、14小吹祐介、15スティーブン・ラーカム/16森雄基、17佐藤友重、18井上隆行、19末永敬一朗、20湯淺直孝、21瓜生靖治、22池上真介

三洋電機ワイルドナイツ=1川俣直樹、2山本貢、3相馬朋和、4劉永男、5ダニエル・ヒーナン、6キーラン・ブラック、7若松大志、8ホラニ・龍コリニアシ、9田中史朗、10 入江順和、11三宅敬、C12榎本淳平、13霜村誠一、14北川智規、15山下祐史/16堀江翔太、17立川大介、18飯島陽一、19川口大、20トニー・ブラウン、21三木亮平、22吉田尚史

スーパー14は、本日より2節目に入る。クルセイダーズは、LOソーン、FLマコウ、FBマクドナルドのオールブラックス組が揃って怪我で欠場する大ピンチ。ブルスも、大黒柱のLOマットフィールドが欠場。ブルーズでは神戸製鋼コベルコスティーラーズでプレーしていたジョシュ・ブラッキーが先発出場する。日本選手権も含めたテレビの放送予定は以下の通り。

◎日本選手権準決勝
リコーブラックラムズ対三洋電機ワイルドナイツ
2月22日(日)14:05~15:55 
LIVE NHK総合

2月22日(日)14:00~16:00
LIVE J sports 1・2

◎スーパー14第2節
2月20日(金)15:30 J sports Plus
ハリケーンズ 対 ハイランダーズ
2月21日(土)17:35 J sports Plus
ブランビーズ 対 クルセイダーズ
2月22日(日)12:00 J sports Plus
ウエスタン・フォース 対 チーターズ
2月24日(火)19:00 J sports Plus
ブルズ 対 ブルーズ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明大新監督

スーパー14が始まると、1週間が経過するのがやたらと早くなる。明日、20日(金)には、第2節が始まる。まずは、ハリケーンズ対ハイランダーズのNZ対決。そして、21日(土)には、ブランビーズ対クルセイダーズという注目カードも。

19日の午前11時より、明治大学ラグビー部の新監督就任記者会見がお茶の水の明治大学で行われた。残念ながら僕は用事があって行けなかったのだが、出席した記者の方に聞いたところでは、吉田義人新監督の出身地である秋田のメディアも来るなど多数の報道陣が詰めかけたようだ。

吉田監督はきょう、新主将の金沢章太選手らと初対面する予定。勤務先の横河電機は3月いっぱいで退社し、明大の職員(立場は未定)としてラグビー部をフルタイム指導する。コーチングスタッフなどは未定だが、こちらもフルタイムになる予定だという。

吉田義人氏と言えば、明大4年時に厳しい練習を敢行してチームを大学選手権優勝に導いたカリスマキャプテン。19歳で日本代表入りしてトライゲッターとして活躍した。2007年にはヘッドコーチとして横河をトップリーグに昇格させている。

僕は昨年12月の早明戦を、JSPORTSで一緒に解説したのだが、「明治の伝統は自分たちが作ったものではないということに気づかなくては」という言葉が印象に残った。会見では、「関東大学対抗戦優勝、大学日本一を目指す」と力強く語ったという吉田監督。明大には能力の高い選手がたくさんいる。その選手達をどうまとめていくのか、あるいは成長させていくのか、その手腕に注目である。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひきつけてパス

南半球スーパークラブ選手権、SUPER14の開幕節が終了。まだ放送されていない試合もあるので結果は避けるが、南アフリカ2強対決、ストーマーズ対シャークスの試合を解説して、シャークスのとてもシンプルなプレースタイルに好感を持った。この試合は、南アフリカ代表選手がずらりと揃っているので見どころが多い。

たとえば、ジョン・スミット対スカルク・ブリッツのHO対決、フランソワ・ステイン対ジャン・デヴィリアスのCTB対決(前者がシャークス)。ストーマーズの控えのFBは海外、シャークスでのプレーからストーマーズに復帰したパーシー・モンゴメリー。出てくると大歓声が。ストーマーズのスカルク・バーガーは、この試合がスーパーラグビー50キャップ目だった。シャークスのNO8カンコウスキーのスピードはやっぱり凄い。(訂正=当初、ステインの名前を、モルネ、と書いてました。フランソワの間違いです。失礼しました)

で、何が良かったかといえば、シャークスの選手がまっすぐ走ってタックラーを引きつけて隣の選手にパス、という基本的な動きでボールをつなぐからだ。飛ばしパス全盛時代だけれど、スペースで守る最近のディフェンスでは、安易に飛ばしパスを使うと数的優位が作りにくい。一人一人がタックラーと勝負するシャークスは気持ちいい。それにしても、南アフリカの選手はまっすぐ当たるなぁ。その激しさはひとつの見どころ。

2月18日(水)23:00~  J sports Plus
ストーマーズ対シャークス

そういえば、今季の全国高校大会の名勝負の一つ、常翔啓光学園対東京の再放送が、2月18日 (水)の朝7:00からある。JsportsPLUSにて。

同日(18日) 13:00からは、先日の日本選手権 2回戦リコー対 NECの再放送も。こちらは、Jsports 1。 そして、18日、22:30~23:00は、2009年の「トータルラグビー」(JsportsESPN)がスタートである。海外情報満載の番組だ。

追記◎先日も告知しましたが、僕の友人のピアニスト、リクオの弾き語りライブ、予約受付中です。ピアノ好きの人、ぜひどうぞ。気持ちいいですよ。そして、愛好日記トークライブ最終回の受付開始は3月2日。詳細は、10日の日記にあります。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シックスネイションズも面白い

月曜日はひたすらデスクワークの日だったのだが、土曜、日曜は日本選手権、スーパー14、そしてシックスネイションズと一気に試合を見た感じ。シックスネイションズの注目カード、ウエールズ対イングランドは、夜中だったから、録画して日本選手権の朝に見たのだが、ウエールズが体格面でイングランドと変わらないのが、なんだか不思議な感じ。

でも、ウエールズは面白い。CTBロバーツとシャンクリンの力強さは魅力的。大きなCTBと小さなWTBのバランスが良い。イングランド戦はシェーン・ウィリアムズが怪我で欠場していたが、もう一人のハーフペニーが活躍。僕はNO8パウエルの突進に好感を持っている。イングランドのCTBでNZ出身のリキ・フルーティの活躍も、ずっとスーパー14を見ている身には嬉しい。フランス対スコットランド、イタリア対アイルランド、それも見どころはあるが、なんだかミスが多いと感じる。スーパー14の開幕節もミスが多かった。序盤戦だからかな。このあたりはもう少し試合を見ていかないと。だから波乱も起こる可能性があって面白いのだが。

今年はブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズの南アフリカ遠征もあるし、日本ではU20の世界大会も行われる。春から夏にかけてもレベルの高い試合が楽しめるなぁ。なんて考えていると、もう来季のトップリーグに気持ちがいってしまう。こうして、どんどん年を取るわけやね。

◎7人制日本代表
セブンズワールドシリーズ・サンディエゴ大会2日目結果

ボウルトーナメント 準々決勝
7人制日本代表 12-28 7人制ウェールズ代表
シールドトーナメント 準決勝
7人制日本代表 10-26 7人制ウルグアイ代表

勝利がなかったのは残念だけど、大事なのは3月5日~7日のワールドカップだ。

◆放送予定
ラグビー IRBワールドカップ セブンズ2009 ドバイ 総集編
2009/3/29 J sports 1 17:00-18:00 初回放送

| | コメント (5) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本選手権2回戦結果

Tsubaki2009

日曜日は秩父宮ラグビーにいた。朝、道ばたでこんな椿を発見。JSPORTSの解説だったのだが、僕が担当したのはNECグリーンロケッツ対リコーブラックラムズの一戦である。トップリーグ5位のNECに対して、トップイースト1位のリコー。当然、地力はNECが上である。加えて、リコーはキャプテンのFL伊藤、NO8フェレラらが負傷欠場し、苦しい布陣だった。おまけに前半16分には、長身のLOヒューマンも負傷退場する緊急事態。ところが、リコーの集中力は途切れなかった。FWのリザーブには外国人選手がいないため、CTBウィルソンをFLにあげてFBラーカムを投入すると、この布陣が機能。ウィルソン、ラーカムともにしぶといディフェンスの中心となってNECの攻撃を封じ込めた。

後半開始早々にSO河野のトライで14-16と追い上げたリコーは、10分に河野のPGで逆転し、35分には、NECのパスミスを拾ったWTB小松が60mの独走トライで勝負を決めた。

「先週の帝京大に感謝したい。選手が目を覚ましてくれた」とトッド・ローデンヘッドコーチ。ゲームキャプテンの滝澤は、報道陣からこの1週間の変化を問われ、「誰かに頼らず、一人一人がリーダーになって、いい練習ができた」と気持ちの変化をあげた。力を出し切ってヘトヘトの様子が印象的だった。

第2試合は、サントリーサンゴリアス対早稲田大学の対戦。キックオフ直後にワイドな展開でWTB小野澤が先制トライし、サントリーの大勝を予感させたが、早稲田もブレイクダウンで健闘してサントリーのミスを誘い、後半にはパスのインターセプトからSH榎本、NO8豊田がトライラインを駆け抜けた。最終的には、WTB小野澤らの大幅ゲインで実力差を見せつけたサントリーが8トライをあげたが、早稲田も見どころを作り、1万4000人の大観衆を沸かせた。自分が育てたチームとあって、「できればやりたくない」と言っていたサントリー清宮監督は、「監督になってから一番プレッシャーがあった試合でした。今はほっとしています」とトップリーグの実力を見せることができて安堵した表情だった。

一方、早稲田の中竹監督は、「勝つつもりで準備しました。ディフェンスで上回りたかったのですが、力の差だと思います。きょうは完敗です」と潔かった。

◎第46回日本選手権大会2回戦結果
リコーブラックラムズ○24-23●NECグリーンロケッツ(7-16)
サントリーサンゴリアス○59-20●早稲田大学(24-6)

◎7人制日本代表結果
「IRBセブンズワールドシリーズ2008・09USA・サンディエゴ大会」第1日目の結果
・1試合目
7-33 7人制サモア代表
・2試合目
12-35 7人制イングランド代表
・3試合目
12-29 7人制スコットランド代表

初日は残念な結果になってしまったが、明日を期待しよう。
なお、当初は予定がなかったのだが、JSPORTSで、
W杯セブンズ・ドバイの放送が総集編という
形ながら決定した。

◆放送予定
ラグビー IRBワールドカップ セブンズ2009 ドバイ 総集編
2009/3/29 J sports 1 17:00-18:00 初回放送

| | コメント (5) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2009年2月8日 - 2009年2月14日 | トップページ | 2009年2月22日 - 2009年2月28日 »