« 東京駅にて | トップページ | 幸運のラグビー人形 »

ワイルドカード・セミ結果

16日、東大阪市の花園ラグビー場では、ワイルドカードトーナメント・セミファイナルの2試合が行われた。

第1試合は、コカ・コーラウエストレッドスパークス対ヤマハ発動機ジュビロ。いきなりSOウェブのPGで先制すると、コカ・コーラは10分、ヤマハ陣22mライン中央のスクラムから右を攻め、SOウェブがタックルさらながらもそのままインゴールにボールを持ち込んでトライ。ヤマハも反撃に出るが、ゴール直前でノットリリースボールの反則をとられるなど、スコアできず、27分、ようやくFB五郎丸がPGを返し、3−8にしたのもつかの間、直後にウェブが45mのロングPGを決め、再び突き放す。11−3で前半終了。コカ・コーラのディフェンスの集中力が光った。

後半も先にスコアしたのはコカ・コーラだった。2分、ヤマハゴール前5m左のラインアウトから右へボールを動かし、ラックを2度作って右隅にFB原留がトライ。4分にも、ヤマハのミスでボールを獲得すると、大きく左右に揺さぶってCTB福田がトライ、25−3とリードを広げた。17分、コカ・コーラのWTB築城がレイトチャージでシンビンになり、流れが変わりそうな瞬間があったのだが、直後にヤマハFL小林がラックで相手ボールをスローダウンさせるプロフェッショナルファウルでシンビン。ウェブがPGを決めて28−10。流れは変わらなかった。34分、ヤマハがラインアウトモールから反則を誘い、交代出場のSH岡がPKからの速攻でトライ。28−17としたが及ばなかった。最後はウェブがドロップゴールを決めて、31−17でノーサイド。

ヤマハは、SO大田尾を怪我で欠き、ブレイクダウンでも圧力を受けていたこともあってかボールを上手く動かせず。先発SH矢富もコカ・コーラの執拗なプレッシャーに思うように動けなかった。
「ブレイクダウンで受けてしまって、いいボールが出せませんでした。ここでシーズンが終わってしまうのは残念。シーズンを通してグラウンドに駆けつけてくれたヤマハのファンのみなさんに、ありがとう、と言いたいです」(山村亮キャプテン)

コカ・コーラの向井監督は「リーグ戦ではヤマハに負けていたので、リベンジの機会だと思っていました。1点でも多くとろうという気持ちで先行することができました」とコメント。「神戸製鋼にはリーグ戦で70点取られていますからね」と23日のファイナルに向けて、気合いを込めた。

第2試合は、福岡サニックスブルース対NECグリーンロケッツ。前半は、風上に立ったNECがSO松尾のキックを軸にしっかり陣地を進め、17分、スクラムからFWのサインプレーで抜けだし、最後は、WTB窪田が右隅にトライ。難しい角度のゴールをSO松尾が決めて、7−0。サニックスも懸命にボールを動かして仕掛けようとするのだが、あと一本パスがつながればディフェンスを破れるところで、ことごとくミス。32分には、NECがラインアウトからの左オープン攻撃で、ライン参加のFB吉廣が抜けだし、WTB瀬崎がタックルを受けながらぎりぎりインゴールに手を伸ばして左隅にトライ。松尾がこのゴールも決めて14−0とした。

35分、サニックスもハーフウェイ付近のクイックスローから攻め、CTBラルフのハイパントでチャンスを作り、WTBフィフィタが右隅にトライ。前半を終えて、14−5とし、後半に望みをつなぐ。しかし、この日のサニックスは、いつもの連続攻撃が不発で、NECの激しいタックル、組織ディフェンスを打ち破ることができない。後半も先にとったのは、NECだった。15分、ゴール前のラインアウトからモールを押し込み、最後はNO8ラトゥがトライ。19分にも、ラトゥのショートパントを追ったLO浅野がキャッチしてそのままトライ。33−5として試合を決めた。

「1か月前の秩父宮と同じような試合をしてしまいました。この一年、死ぬほど走り込んできました。もっと先まで行きたかった」。サニックスの菅藤キャプテンは痛々しい表情で無念をにじませた。たしかに今日の出来は悪かったが、驚異的な運動量で観客を楽しませたサニックスのラグビーが否定されたわけではない。藤井監督は今季を振り返って言った。「選手の成長がはっきり分かるシーズンでした。どんなプレーがダメなのか選手が分かってきた。勝てるチームになってきたと思います」

一方、快勝のNEC岡村ヘッドコーチは、「前半の20分〜30分は相手のペースに合わせてしまったが、我々のストラクチャーを守ってよく戦ってくれました。とくにディフェンスは誉めたいです」と納得の表情で語った。ディフェンスでもよく前に出て、SO松尾の戦略的キックをからめつつ、縦横無尽にボールを動かした勝利に手応えをつかんだ様子。パワフルな突進を何度も見せたWTB瀬崎など、これまで出場機会に恵まれなかった選手の活躍にも目を細めていた。1勝9敗まで追い込まれてからの快進撃。ワイルドカードからのテーマは「リベンジ・ロード」。トップリーグで敗れたチームをどこまで倒せるか。23日は、秩父宮でクボタスピアーズと戦う。

◎ワイルドカードセミファイナル結果
コカ・コーラウエスト○28−10●ヤマハ発動機(前半18−3)
福岡サニックス●5−33○NEC(前半5−14)

◎トップチャレンジ第1節結果
トップチャレンジ1
中国電力●17−81○横河武蔵野(前半10−40)
トップチャレンジ2
マツダブルーズーマーズ●0−43○NTTコミュニケーションズ(前半0−7)

追記◎ヤマハ発動機の試合後、部長の山本純生さんを報道陣が囲んだ。今後の強化方針について聞くためだ。山本部長の話では、「来季もトップリーグで戦う方針は決定しています。体制は3月末に決まりますが、社員中心で行く方向に変わりはありません」とのこと。トップリーグで戦う決定は、それ相応の強化はするということであり、「社員中心」で、という言い方は外国人選手も含めて検討中ともとれる。新体制は3月末から4月上旬に決定するという。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 東京駅にて | トップページ | 幸運のラグビー人形 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ヤマハファンですが、トンガリキッズさんのコメントは大変不愉快ですね。
    戦力ダウンしたら参加するなって何様のつもりなんでしょうか?
    戦力ダウンは避けられないでしょうし、将来的にはIBMのようになるんでしょうけど、降格になるとしても、来季の戦いぶりに期待しています。

    投稿: ブルースカイ | 2010年1月24日 00:03

    ヤマハさんは来期もTLですか…。別に企業さんにもチームにも恨みがあるわけではないので、それでも結構ですが、ちゃんと戦力整えて欲しいですね。全敗で降格でも構わない、1チームは大抵そうなるものです、でも「それ以下の戦い」を見せないで欲しいので、ファンも関係者のみなさんも、注視が必要かなと思います。
    ほかに来期、再来期以降のTLには、こうした場合にもっと明確な審査降格を可能にする一文を整備してほしいと思わなくもありません。ただマイナスに考えてばかりいないで今はヤマハさんの見識を信じたいです。社員中心でやるといっても立派なチームをきっと編成するに違いないと。

    それと全く関係ないですが、春シーズンに関東、関西それと九州もしくは中部圏それぞれで、カップ戦でもして真剣なトーナメントがあったらいいなと少々思います。
    また、W杯イヤーで一ヶ月後ろにずれて3月いっぱい試合があっても全然マイナスは無くプラスがあると感じるので、試合を増やすか開幕を遅らせたほうがいいようにも思います。ただ秩父宮の芝はきついので、ニッパツ三ツ沢ほかへの振り替えも必要かな…などと、勝手に一人で思っています…。

    投稿: トンガリキッズ | 2010年1月18日 15:29

    NECの復調は相手にとって脅威でしょうね。クボタに勝ったらもしかして最後まで…。去年はトップイーストだったリコーを甘く見て負けましたが、今年は立場が逆転。こういうときのNECは強いから。

    投稿: エリス少年 | 2010年1月17日 15:06

    ワイルドカードの花園、2試合で観衆約1800ですか・・・・。こういう試合こそ、例えば地方会場で開催するのがいいのではないでしょうか?同じ関西でも滋賀の皇子山や京都の西京極、宝ヶ池等。四国なんてのもいいですよね。秩父宮や花園の芝の傷みがこの時期切ないです。

    投稿: ダイ | 2010年1月16日 23:42

    村上さん、NECとサニックスの勝ち負けが逆になってます。ヤマハは来期も活動、継続なんですね。一安心しました。それと、ワイルドカードトーナメント、Jスポーツで観たかです。

    投稿: ライガー | 2010年1月16日 20:16

    ヤマハの皆さんお疲れ様でした。来シーズンも今シーズンメンバーで優勝して欲しいです。熱意と工夫で。

    投稿: ラグビーファン6 | 2010年1月16日 19:02

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/47310188

    この記事へのトラックバック一覧です: ワイルドカード・セミ結果:

    » ラグビーワイルドカードセミファイナル、ちょっとさびしい!! [IXY-nob]
    今年からラグビートップリーグでは、リーグ戦順位の5位から10位までの6チームによって、日本選手権出場権を争う「ワイルドカード」が導入されました。 今日はそのセミファイナル。 7位(福岡サニックス)対10位(NEC)と8位(コカコーラ)対9位(ヤマハ)の2試合が花園ラグビー場で開催されました。 第一試合では、今期リーグ戦の途中で「来年度のプロ契約廃止」を表明したヤマハが「今年のメンバーでの最後の試合」として挑んだものの、何かちぐはぐで、決していい出来ではなかったコカコーラに翻弄されてしまいました。 後... [続きを読む]

    受信: 2010年1月16日 21:47

    » 今年は今年のチーム [イチロー的こころ]
    写真は前節秩父宮にてジャパンラグビートップリーグを戦ったヤマハが昨日シーズンを終えた。9位で終えたリーグ戦後、ワイルドカードとして日本選手権を目指す試合もコカコーラに及ばず、今年のチームが終了した。かつてヤマハを取材をする場所にいてシーズン終了間近の大久保... [続きを読む]

    受信: 2010年1月17日 16:03

    » 沖縄サミットが終わったけど [愛と苦悩の日記]
    ■沖縄サミットが終わったけど、首脳に安室奈美恵の歌なんか聴かせてもよかったのだろうか。前首相の商業主義に迎合した「サミット・ソング」がそれほど意味のあるものだとは思えない。安室奈美恵が日本または沖縄を代表するアーティストとは思えないし、彼女が何かを代表しているかどうか以前の問題として、1タレントが1作曲家の一時的な流行歌をサミットのような場で歌うということに、ひどいアンチ・クライマックス(「ガク〜...... [続きを読む]

    受信: 2010年1月21日 18:44

    « 東京駅にて | トップページ | 幸運のラグビー人形 »