« ラグマガ3月号&トークライブ告知3本 | トップページ | インビクタス・梅田試写会 »

インビクタス・汐留試写会

火曜日の夜は、東新橋のスペースFS汐留で映画「インビクタス」(ラグビーマガジン主催)の試写会だった。僕は先日マスコミ向けの試写会に行ったのだ、今回は試写後に元日本代表の名FL梶原宏之さんとのトークイベントの進行をするための参加。でも、二度目なのに、すごく良かった。一度目より感動したのは不思議だった。

梶原さんは、「3回泣きました」と言って、感想を述べた。感動ポイントは人によって違うので書かずにおこうと思うけど、一つだけ書くと、「スプリングボクスとオールブラックスがグラウンドに出て行くところですね」とのこと。暗い通路から明るいグラウンドへ。これは、ラグビー選手の感動ポイントである。いろんなことを思い出すのだ。「ラグビーの試合の場面はよく再現されている。専門家がそうとう綿密に指導していますね。西サモア(現サモア)戦の南アフリカのサインプレーもそのままでしたよ」と驚いていた。

そう、1995年ワールドカップの試合をよく見ていた人には分かるシーンが満載なのだ。それなのに僕は、決勝戦でマーテンズのキックオフが短いことに、突っ込みを入れてしまった。トーク終了後、当時取材していた記者仲間の美土路さんや深緑郎さん、ラグマガの田村編集長らに突っ込まれた。「あれも、正しいんだよ」。そうでした。わざと低く短めに蹴っていたんだった。そのことについて原稿を書いたことがあったのに、すっかり忘れていた。クリント・イーストウッド監督、ごめんなさい。試写会参加者のみなさん、ごめんなさい。あのキックは実際の試合を再現しています。

約20分のトーク後、梶原さんは、山梨への電車の時間があるため急いで帰って行った。ラグビーが持つ「チカラ」について、とてもいい話をしてくださった。そして、ご自身が監督する日川高校ラグビー部の部員に「必ず見せます」と言っていた。

指導者も選手も見るべき映画だと思う。リーダーとは何か、人を惹きつけるとはどういうことなのか、たくさんのヒントがある。この映画はラグビー人の多くが感動するだろう。そして、多くの日本人に受け入れられる気がしてならない。僕はネルソン・マンデラ大統領が、自分たちを差別してきた白人を赦し、ともに一つの国を作ろうと呼びかける言葉がすべて好きだ。だからきっと何度見ても感動するのだと思う。そして、これは実話なのだ。

さて、水曜日の夜は大阪で試写会&トークイベントである。ゲストは神戸製鋼の元木由記雄さんだ。どんな話をしてくれるのか楽しみ。それにしても、短期間に3度連続で同じ映画を見るのは、高校生のとき、めちゃくちゃ好きだった薬師丸ひろ子の「翔んだカップル」以来である。鶴見辰吾が羨ましくて仕方なかった。っていうのは、どうでもよくって、「インビクタス」である。3度目もきっとたくさんの発見があるだろう。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグマガ3月号&トークライブ告知3本 | トップページ | インビクタス・梅田試写会 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    「インビクタス」2/5初日に観に行きます。つい先ほどまでJsportsで1995年W杯決勝録画しつつ観てました。
    まだラグビーファンになってから2年、年齢68歳のおばぁちゃん・・・ラグビーの魅力って・・・語らせたら止まりません。大阪花園ラグビー場の近くに住んでます。大学、トップリーグ、高校ほとんど観に行ってます。村上さんの試合解説は解りやすいです。「インビクタス」楽しみ(^0^)

    投稿: takabimama | 2010年2月 3日 01:00

    インビクタス来週見に行きマース♪♪

    ムラカミsan薬師丸ひろ子FANだったとはっ!!!笑

    投稿: ガイジン顔 | 2010年1月27日 10:13

    村上さんの感想を読むだけで泣きそうになりますね。

    投稿: smowman | 2010年1月27日 08:54

    久しぶりに映画を観ましたが、あと2回は観たいと思いました。
    梶原先生のお話も興味深く聞かせていただきました。当時、選手として現地に行かれた方ならではの貴重なお話でしたね。2019年のW杯に向けて、活躍する選手たちを大事に育ててくれることを願っています。

    投稿: サファイヤ | 2010年1月27日 00:47

    試写会行きました♪
    ラグビーのラの字も知らないアメリカのハリウッド映画でどこまで…と危惧していたんですが、ここまで忠実にラグビーを描いていたことに驚きました。

    公開時にはエンドロールの最後に『ラグビーW杯は2019年に日本で開催されます』と一言いれてもらいたい。
    この映画で初めてラグビーW杯を見て感動した人には映画が終わった後にこれを知ればかなりのインパクトになるはず。
    いまだにW杯が日本で行われることを知らない日本人がほとんどのなか、まずは認知してもらうことがW杯を成功させる始めの一歩だと思います。

    協会はワーナーに頼んではくれないかなぁ。
    ぜひともやってほしい。

    投稿: タロ | 2010年1月27日 00:33

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/47399486

    この記事へのトラックバック一覧です: インビクタス・汐留試写会:

    » 『インビクタス/負けざる者たち』の試写会  [ココロミ]
    おととい、1月23日(火)18時30分からの試写会に行ってきました。映画を観ての感想は・・・書けません。この映画が「実話」だと思うと、とても軽々しくは書けないのです。そして、もう一度観たい、という衝動に駆られました。これが、私の感想です。これからご覧になる皆さんそれぞれの、目と耳と心でご覧になってください。ラグビーの事を知らない方にも、お薦めします。◆ INVICTAS (音がでます)   2010年2月5日(金) 全国ロードーショー 劇場情報◆ Jsports 放送 =1995年ラグビーW杯決勝=... [続きを読む]

    受信: 2010年1月28日 10:16

    « ラグマガ3月号&トークライブ告知3本 | トップページ | インビクタス・梅田試写会 »