« 王国でもTL三昧 | トップページ | 女子7人制セレクション »

クラブ日本一決定戦のこと

今週末は、トップリーグのワイルドカードトーナメントや、プレーオフ・セミファイナルなどが行われるのだが、1月24日(日)、秩父宮ラグビー場では、サントリー対東芝戦の前に、正午から第17回全国クラブ大会決勝戦も行われる。

そのファイナリストとなった六甲ファイティングブル(兵庫)から、プレスリリースが流れてきた。相手は、タマリバを破った駒場WMM(東京)である。リリースにはこうある。

《昨年3月13日にラグビー部休部を発表した株式会社ワールド(神戸市)は、「サポーター」として六甲を支援。この大会には新たに加入した12人の元「ワールド戦士」たちが選手登録しています。突然の休部発表から307日。旧ワールド選手と従来の六甲メンバーがうまく融合し、六甲は10年ぶりの「クラブ日本一」奪還に燃えています。
 六甲クラブは昨年10月に創部40周年を迎えました。全国クラブ大会は過去、優勝3回、準優勝6回。2000年の第7回大会を最後に優勝から遠ざかり、最近7年間は準優勝4回と「シルバー・コレクター」状態でした。
 2004年から日本選手権にクラブ出場枠が認められ、全国クラブ大会の優勝チームが大学チャンピオンと対戦しています。昨年まで5年連続日本選手権出場の常勝タマリバクラブ(神奈川)が全国クラブ大会準決勝(今年1月10日)で、まさかの敗退。2月7日開幕の日本選手権に初めてタマリバ以外のクラブチームが出場します。
 六甲は今季から、ワールドラグビー部の愛称だった「ファイティングブル」をチーム名に受け継ぎました。ワールドラグビー部最後の部長兼GM、現在は特定非営利活動法人「六甲クラブ」副理事長でヘッドコーチの東田哲也(元日本代表WTB、キャップ1)も、ベンチで決勝戦に臨みます。
 対戦相手は、創部わずか7季目で初優勝を目指す駒場WMM(2年連続決勝進出。昨年はタマリバに敗れ、準優勝)。六甲のWTB内山将文選手(33歳、日向高-中央大-ワールド)と、駒場のCTB内山浩文選手(29歳、日向高-中央大-NTTコミュニケーションズ)の兄弟対決も見どころです》

ちなみに、駒場WMMは、東大ラグビー部OBが主体となって発足した。WMMは、ウォーターメロンマンの略。東大のジャージの色からきているようだ。日本のクラブチームのあり方はさまざま。子供からお年寄りまでみんなが集えるクラブになっていくのが理想で、そういうあり方を模索しているクラブも増えてきた。これからの日本ラグビーの中でますます重要な存在になっていくと思う。24日、秩父宮ラグビー場に行くみなさんは、ぜひ正午から行ってクラブの決勝をご覧ください。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 王国でもTL三昧 | トップページ | 女子7人制セレクション »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    すごく素人な質問でお恥ずかしいので過去の記事にこっそり書かせていただきます。
    クラブチームも各地の協会(関東ラグビー協会など)に所属しているものなんですよね。それなら、各地のリーグ戦で勝ち上がって行けばトップイーストなどに上がり、最終的にトップリーグに上がる可能性もあると思って良いですか?ただトップリーグとクラブチームでは環境面(メンバーや練習時間の確保など)が違うから昇格が難しいんだと理解しているんですが…。各地のリーグだけでもAリーグとかBリーグとか何層もあるみたいで、少し調べてみたんですが仕組みが複雑でよく分からないままです。
    長々とすみません。もし気付かれたら認識が間違ってるのか合っているのか教えていただけたら嬉しいです。

    投稿: あいこ | 2010年1月27日 01:10

    クラブチームの日本選手権出場・・・クラブチームに在籍していたことがあれば何回聞いてても感慨深いです。健闘を祈ります。

    投稿: 親父ラガー | 2010年1月23日 00:24

    東大チームかぁ。

    投稿: リトルチャロ | 2010年1月21日 23:04

    昔は北海道バーバリアンズとか千里馬クラブとか強かったイメージがあるんですが。

    投稿: パチャンガ | 2010年1月21日 21:07

    僕たちの頂点の戦いなんですよね~感慨深いなぁ…どちらも全力を出し切って悔いのない試合を!僕たちは今年最初の練習試合ですけど…(^_^)/負けないぐらい熱い試合をしてきます!

    投稿: ラグビーファン | 2010年1月21日 15:35

    WMMって“スイカ男”だったんですね。東大OBが主体で発足したってのは知ってたんですが…。

    投稿: らぐじ~ | 2010年1月21日 12:28

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/47351775

    この記事へのトラックバック一覧です: クラブ日本一決定戦のこと:

    » クラブラグビー新時代の予感/六甲も決勝進出 [東日本トップクラブリーグ]
     第17回全国クラブラグビーフットボール大会の準決勝が1月10日、埼玉県営熊谷ラグビー場で行われ、六甲ファイティングブル(兵庫)が32-10で北海道バーバリアンズ(北海道)を破り、2年ぶりの決勝進出を決めた。1月24日正午から秩父宮ラグビー場で行われる決勝 ..... [続きを読む]

    受信: 2010年1月21日 13:51

    » いよいよ24日決勝戦/全国クラブ大会 [東日本トップクラブリーグ]
     ラグビージャーナリスト、村上晃一さんのブログに、「クラブ日本一決定戦のこと」という記事が掲載されました。 今週末1月24日に迫った第17回全国クラブラグビーフットボール大会の決勝戦の見どころを紹介。「日本のクラブチームのあり方はさまざま。子供からお年 ..... [続きを読む]

    受信: 2010年1月21日 14:04

    » 署名ありがとうございました。 [まる≠楕円・・・? ふたたび]
    *写真は12/21のものです。 ヤマハ発動機ジュビロの今シーズンのチーム活動が、 [続きを読む]

    受信: 2010年1月21日 22:53

    « 王国でもTL三昧 | トップページ | 女子7人制セレクション »