« ワイルドカード・セミ結果 | トップページ | 王国でもTL三昧 »

幸運のラグビー人形

以前、福岡市にある「フランス菓子16区」で、毎年のラッキーを占う当たり付きケーキが、今年はラグビー人形で売り出されると、この日記で触れた。中から出てきた人形の一つを博多の知人に送ってもらった。ラッキーのお裾分けである。単4電池と比べても、こんなに小さいけど、よくできている。ちなみに、早々に完売したのだとか。ラグビー人気、侮れず。

Lapasse

先日、コメントで、「日本選手権はトップリーグと違って外国人選手は2人までですよね?でもワイルドカードトーナメントは3人までなんですか? あと、リリースレターが出なくて今季トップリーグに出場できなかった選手は日本選手権には出られるのですか?」という質問がありました。ワイルドカードが始まってしまった今、遅すぎますがお答えします。すでに始まったワイルドカードは外国人選手が3名出ています。

外国人選手の出場枠「3名」はトップリーグ独自のルールです。ワイルドカードはトップリーグに含まれます。日本選手権は学生、クラブなども出ますので、日本協会の規定により、外国人選手は2人まで。ただし、トップリーグ同士の試合になれば3名でいいのでは?という意見もあり、上位陣対決では変更があるかもしれません。また、移籍規定も日本協会の規定なので、日本選手権には移籍一年目の選手は出場できません。

外国人選手の出場人数を整理すると、ワイルドカードトーナメントは外国人選手は3名までOK。日本選手権、トップチャレンジシリーズ、トップリーグ入替戦は、トップリーグ外のチームが加わるので外国人選手は原則2名になります(日本選手権は上位対決のときに例外の可能性もあり)。

トップリーグ入替戦の試合会場、日程は以下の通り。チケットは1月23日より発売。

【試合日程/会場】
2月13日(土)
秩父宮ラグビー場  
14:00 リコーブラックラムズ(トップリーグ12位)
対「トップチャレンジシリーズ1の3位チーム」

近鉄花園ラグビー場 
13:00 近鉄ライナーズ(トップリーグ11位)
対「トップチャレンジシリーズ2の1位チーム」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ワイルドカード・セミ結果 | トップページ | 王国でもTL三昧 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    つまりTLのチームは
    日本選手権において、「普段のベストメンバー」で
    試合ができない、ということですよね。
    おかしな大会ですね。やる意味、あるのかな。

    投稿: くうかい | 2010年1月20日 17:23

    外国人選手枠に加えて、
    ・タイムキーパー制の採用
    ・TMO(ビデオレフリー)の採用
    がどうなるかも気になります。

    昨季のトップリーグPlayoffは、TMO採用でしたが今季はどうか。
    日本選手権は、これらがどうなるのか。
    本来日本協会に問合せすべきですが、もしわかればお教えいただければと思います。

    大学選手権もFinalだけ何故かしらタイムキーパー制度を採用していましたね。

    投稿: アンテナ男 | 2010年1月19日 18:04

    サドラー似のような気がしますが...

    投稿: ナベゾ | 2010年1月19日 05:19

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/47329660

    この記事へのトラックバック一覧です: 幸運のラグビー人形:

    « ワイルドカード・セミ結果 | トップページ | 王国でもTL三昧 »