« 幸運のラグビー人形 | トップページ | クラブ日本一決定戦のこと »

王国でもTL三昧

ニュージーランドの友人からこんなメールが届いた。ラグビー専門チャンネルの話である。

「今月はキウイにとってもラグビーがぐぐーっと無くなる月というのもあってか、30日はなんと朝から晩までジャパントップリーグです。ずーっとずーっとです。皇子山とか小瀬、味の素、月寒とかユニバー…もうめちゃくちゃローカルな名前がローマ字で印字されてて読むのがややこしいけど嬉しかった!」

ラグビー王国でトップリーグ三昧かぁ。

コメントでトップリーグ・プレーオフ、日本選手権のルールについてご質問ありましので、お答えします。

プレーオフでは、タイムキーパー制、TMO(テレビマッチオフィシャル=ビデオレフリー)ともに採用されます。また、同点の場合、勝者の決定方法は次の順番になります。1=トライ数の多いチーム、2=トライ後のゴール数の多いチーム、3=10分ハーフの延長戦、4=延長戦でも勝敗がつかない場合は、リーグ戦順位の上位チームを勝者とする。

日本選手権については、決勝戦についてはタイムキーパー制、TMOを採用する予定のようです。

追記◎プレーオフのルールについて、上記に書いたのはセミファイナルで、ファイナルについては、延長戦を行うところまでは同じですが、延長戦終了後、同点の場合はトライ数、ゴール数は関係なく両者優勝となります。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 幸運のラグビー人形 | トップページ | クラブ日本一決定戦のこと »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    勝てば日本選手権というファンにとってもモチベーションのあがる
    ワイルドカードトーナメントのTV放送がないのはとても残念です。
    WCに向けてラグビー熱を上げていこうという協会の意思が感じ取れません。
    勝ってもホームでやれないというのも同じ問題だと思います。
    いろいろ事情があるのならその事情を聞き出したいです。
    村上先生、よろしくお願いします。

    投稿: nienyo | 2010年1月21日 05:57

    プレーオフにしろ日本選手権にしろ会場の問題がありますが、準決勝の秩父宮か花園かは、リーグ戦の1位通過に会場を決める選択権を与える、というかたちにしなければ。
    アドバンテージも与えないで4位までは一緒というのではプレーオフの意義がない。
    もちろん日本選手権の選択権はプレーオフ優勝チームに。

    TMOは海外ラグビーを見ていても間延びしてせっかくの興奮が冷めるので自分も好きじゃないです。
    レフリーもTMOがあるからなのかそれに頼って、見れるところもわざわざ走って見ないし…。
    七人制みたいにインゴールにジャッジを追加すればいいのに。

    投稿: タロ | 2010年1月21日 01:11

    タイムキーパー制とヴィデオマッチオフィシャル、確かに合理的な導入だとは思いますが、臨場感をなくしている気が。ラグビーのアナログ的性格とはちょっと合わないような。これからずっと定着していくのですかね?

    投稿: 伯爵 | 2010年1月20日 17:31

    この勝者決定は決勝戦では違いますよね?
    たしか両者優勝があったはず。

    でも延長戦はするんでしょうか?
    トライ数に差があっても延長戦に突入?

    延長戦で同点なら両者優勝なんでしょうか。

    投稿: タロ | 2010年1月20日 15:38

    日本選手権の準決勝の試合会場(秩父宮or花園と書いてありますが)の決定方法にルールは存在するのですか?

    つまり、トップリーグを1位通過した三洋電機が、もしプレーオフでも優勝したとしても、日本選手権の準決勝を花園で戦う可能性があるのでしょうか。

    参加チームが決定した後に、密室で競技場が決まる制度は、公正性の観点から問題があると思います。くじ引きで会場が決まる方がまだましです。

    投稿: Kaz | 2010年1月20日 14:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/47342327

    この記事へのトラックバック一覧です: 王国でもTL三昧:

    » クラブラグビー新時代の予感/六甲も決勝進出 [東日本トップクラブリーグ]
     第17回全国クラブラグビーフットボール大会の準決勝が1月10日、埼玉県営熊谷ラグビー場で行われ、六甲ファイティングブル(兵庫)が32-10で北海道バーバリアンズ(北海道)を破り、2年ぶりの決勝進出を決めた。1月24日正午から秩父宮ラグビー場で行われる決勝 ..... [続きを読む]

    受信: 2010年1月21日 13:46

    « 幸運のラグビー人形 | トップページ | クラブ日本一決定戦のこと »