« TL入替戦結果ほか | トップページ | 4度目のインビクタス »

日本選手権2回戦結果

IRBセブンズワールドシリーズUSA大会に参加している男子7人制日本代表は、大会1日目にアルゼンチンを破ったが、イングランド、ウエールズには敗れてボウルトーナメントに進んだ。

■試合結果
プールD
○7-0 アルゼンチン代表(前半0-0)
●5-24 イングランド代表(前半5-5)
●5-22 ウエールズ代表(前半5-5)

日曜日は秩父宮ラグビー場にいた。日本選手権2回戦2試合は、大方の予想通りトップリーグ所属チームが勝利したものの、NTTコミュニケーションズ、帝京大ともに見せ場は作り、スタンドを沸かせた。

1試合目のトヨタ自動車ヴェルブリッツ対NTTコミュニケーションズシャイニングアークスは、トヨタのFBアイイが何度もディフェンスをブレイクしてチャンスを作った。19分には、タックルされながら、CTB難波、NO8菊谷らが次々にオフロードパスをつないでFLホップグッドがトライ。前半で31-7とする。トヨタの石井監督はハーフタイムに「後半気を緩めないように」と話していたのだが、24点差になったことで、トヨタの動きに厳しさがなくなり、後半はNTTコミュニケーションズがSO君島のドロップゴール、CTBネルのトライで猛反撃。31-17まで迫ったが、最後は力尽きた。それでも来季のトップリーグ昇格に向けて、何をすべきか、収穫が多い試合だった気がする。トヨタも課題は多いし、新たな負傷者も出たが、SO馬場、FBアイイを試せたし、後半、怪我からようやく復調してきたWTB遠藤をプレーさせることもできた。準決勝に向けて、いい準備になったのではないか。

第2試合は、学生王者の帝京大がNECグリーンロケッツにチャレンジ。前半16分、NECがモールから先制トライをあげたが、帝京も接点ではよく健闘して粘り強く戦った。30分には、CTB南橋、FLツイの突破でチャンスを作り、SO森田のタイミングのいいパス、FB船津のラストパスでWTB富永がトライし、サポーターを熱狂させた。後半もFWのしつようなサイドアタックを繰り返したが、NECの鉄壁のディフェンスを崩せなかった。

NECは後半、箕内が登場。何度もブレイクダウンで帝京ボールを奪い、存在感を見せつけていた。岡村ヘッドコーチは、「帝京の大人びたゲームプランに苦しみました。やはり、基本プレーをしっかりし、ミスを少なくしなければいけない。それがトップリーグ後半節で結果を残せた要因なのですから。いい教訓にして、次の試合に臨みたい」と謙虚に振り返った。

帝京大の野口キャプテンは、「完敗でした。ここまで来て戦えたことは帝京にとって財産になると思います。これまで支えてくださった皆さんに感謝します。大学生の代表として戦えたことは幸せでした」と感謝の気持ちを述べた。

■試合結果
NTTコミュニケーションズ●17-50○トヨタ自動車(前半7-31)
NEC○38-5●帝京大学(前半19-5)

追記◎シックスネーションズのウエールズ対スコットランド、必見です。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL入替戦結果ほか | トップページ | 4度目のインビクタス »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    話は変わりますが昨日、映画インヴィクタスを見てきました。 う~ん、これは作品として素晴らしいです。ラグビーの知らない人にも是非勧めたいです。もう、最後は感動で泣けて泣けて仕方ありませんでした。
    ラグビーで国がひとつになる。今の日本には望むべくもないかもしれないけれど10年後を目指してできる事を小さなことから初めて行きたいです。
    やはり国の代表チームが強くなる事が一番、そのスポーツを理解してもらえて人々を惹きつける力なのですね。ピナールの苦心はいかばかりだったか。日本の政治家にも(会長にも)是非是非見てほしい!
    ところで村上さんボカとはどういう意味なんでしょうか?

    投稿: kuni | 2010年2月15日 23:58

    ぐれーがんさんの言うとおりですね。
    見ること、触れることから人は惹かれていきます。昨日2度目のラグビー観戦だった母(全然興味無かったようです)が、終わった後「迫力あるし、分かろうとして見てたらおもしろくなってきたよ。となりにラグビーに熱を持ってる人がいることも大きいけどね」
    と言っていて、嬉しくなりました!1人、ラグビー好きを増やせたかもしれません(笑)

    これから少しずつでも、特に2019までに少しずつ、ラグビー好きが日本に増えていきますように(^-^)
    増やしていきましょう!

    投稿: ソルト | 2010年2月15日 10:43

    今日のトヨタを見て(特に後半)来週の東芝戦に勝てると思う人は少ないでしょうね。
    しかし、勝負の綾って怖いですね、それを知っただけでも、収穫ありです。
    それと、最近、石井監督の隣に居る、外国人の方は、何方なんですか、臨時コーチかアドバイザーかですか?

    投稿: ライガー | 2010年2月14日 22:11

    NTTの川上選手のお姉さんが、芥川賞作家の川上未映子さんだと今朝の新聞で知りました。びっくり!

    投稿: ごめんやす | 2010年2月14日 20:41

    セブンズ、村田ジャパン、アルゼンチンに勝利ですね。ツイッター情報で朝7時ごろ知りました。その後のイングランド戦、ウェールズ戦は残念でしたが、2016に向けて期待が持てますね。
    日本国内でセブンズに対する認知度はかなり低い状態にあります。ラグビーファンといえども、今ジャパンがラスベガスでセブンズワールドシリーズを戦っていることを知っている人が少ないというのが現実ですよね。やはり、ここはもう少し盛り上げたいですね。
    実はウェールズ戦は、ネットでLIVEで観ることができました。この興奮はやはり盛り上がります。なんとかLIVEではないにしてもJSportsさんなどでジャパン戦を放送してくれるといいなと思います。わづか1試合20分ですから。(NHK-BS1ならもっといいですがオリンピックですから・・・次回のオーストラリア大会ではなんとか)
    やはり観ることから興味と関心は広がります。セブンズラグビーを観る機会、理解する機会を増やすことがまずは大切ではないかと思います。ラグビーを観たことがない人にはセブンズのほうがわかりやすいかもしれません。協会関係者もたいへんご苦労されていると思います。裾野を広げるためにもメディアでの露出度を高める努力をお願いしたいと思います。
    明日のラスベガスでも村田ジャパンの活躍を期待しています。
    余談ですが村上さんもツイッターやりませんか?

    投稿: ぐれーがん | 2010年2月14日 20:20

    思わず深夜に叫んでしまいました!
    ミレニアムはもの凄い試合でしたね☆あのフェアキャッチも凄かった。
    永久保存にします♪

    それにしても七人のサムライジャパンがプーマスに勝つとは!?
    ディフェンスがしっかりしてきたんでしょうか。香港も期待できますね♪

    投稿: タロ | 2010年2月14日 18:40

    シェーン・ウイリアムスのゴール前での
    キックキャッチには痺れました。
    スコットランドは怪我人の続出が
    最後の最後に響いた感じでしたね。

    投稿: KIYOHIKO | 2010年2月14日 18:25

    ウエールズファンですか?

    あまりの劇的な試合にスコットランドファンのわたくし実況解説のおふたかたがたの肩入れ実況が不愉快だと八つ当たりしながら寝ました。冗談ですが。

    マレーフィールドに毎年訪れてた頃とは全く違う素敵なチームにまた行きたく。

    いつも楽しく見ております。これからも。

    投稿: こばやし | 2010年2月14日 17:53

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/47565096

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権2回戦結果:

    « TL入替戦結果ほか | トップページ | 4度目のインビクタス »